最新マンガアプリランキング

週末にまとめて読みたい20巻以内のおすすめ完結漫画

何も予定の入っていない週末にゆっくり漫画でも読んで過ごしたい。

そういう人におすすめなのが20巻以内で完結している「中編」漫画です。個人的には10巻以内の作品は短編だと思っていて名作も多いのですが週末にゆっくり読みたい場合は巻数的に少し物足りないかもしれません。

この11巻~20巻の中編漫画は読みごたえもあり、どっぷり世界観に浸れるため週末にまとめて読むにはかなりおすすめです。短編漫画ほど「無駄」がないわけではないですが、複数の大きなエピソードやキャラの掘り下げなどが充実していて作者自身の描きたいことがほぼすべて描けてるような気がします。

作品数が多くなったので「11~15巻」と「16~20巻」に分類して紹介しています。

目次 ひらく

目次へ

11巻~20巻で完結する中編漫画の特徴

11~20巻以内で完結する中編漫画の一般的な特徴を解説します。

連載期間はどれぐらい?

ざっくりですが週刊で連載している漫画はだいたい3か月に1冊コミックスが発売されます。月刊だと4か月程度になります。もちろん休載の影響やギャグなど1話あたりのページ数が少ないものなどもあるのであくまで目安ですが。

年間だと週刊は4冊、月刊だと3冊が一つの目安でしょう。

巻数週刊月刊
11~15巻3~4年程度4~6年程度
16~20巻4~5年程度5~7年程度

あくまで目安ではありますが、中編漫画は3年~7年程度の連載期間の作品ということになります。


購入するならどれぐらい必要?

これらの作品を実際に購入したらどのぐらいかかるか調べました。少年コミックは1さる460円(税込み)で算出、青年誌は660円(税込み)で算出。こちらも作品によって費用変わるのであくまで目安です。

巻数少年誌青年誌
全11巻5,060円7,260円
全12巻5,520円7,920円
全13巻5,980円8,580円
全14巻6,440円9,240円
全15巻6,900円9,900円
全16巻7,360円10,560円
全17巻7,820円11,220円
全18巻8,280円11,880円
全19巻8,740円12,540円
全20巻9,200円13,200円

少年系の小さいコミックスであれば5000~1万円、青年系の分厚いコミックスでは7000円から1.3万円というところでしょうか。お手頃価格とはいいませんがくだらない飲み会と比べたらはるかに有意義なお金の使い方に見えませんか?

もちろん安いわけではないのでマンガアプリで読むというのも一つの手です。完結漫画は連載中の作品に比べてマンガアプリで読める作品が多いですよ。

面白い漫画を無料で読めるおすすめマンガアプリランキング2022!新作漫画や名作も公式アプリで今すぐ読める

漫画としてのおもしろさ、作者にとっての位置づけは?

11~20巻の完結漫画は3年以上の連載期間ということもあって、掲載誌で打ち切りされずに生き残った作品だということがわかります。つまり、人気が一定以上あったと断言してもよいでしょう。

そして、作者にとっても代表作、もしくはそれに準ずる作品ばかりです。つまり、おもしろい話題作が多い巻数がこの11~20巻の中編漫画ということです。読んで絶対に損はないでしょう。


11巻~15巻で完結するおすすめ漫画

まずは11~15巻の作品を紹介。

1. スプリガン / 皆川亮二(完結 / 全11巻)

あらすじ

“我々の遺産を悪しき者から守れ”…超古代文明の何者かが現代に残したメッセージ。それを受けて、超古代文明を封印するために活動するスプリガン・御神苗優の戦いが始まったのです。

超古代文明のオーバーテクノロジーを封印する「スプリカン」の活躍を描く

kindle版では8巻に再編されているの注意!2022年NETFLIXで再アニメ化し注目されているこの作品を紹介。

この世を滅ぼしてしまうほどの超古代文明の遺跡を巡って大国同士が鎬を削るなか、悪しき者から遺跡を守り封印することを目的にしてる特殊工作員「スプリガン」。

スプリガンの御神苗優は、その中でも最強の呼び声が高い高校生。オリハルコンでできたAMスーツを着て世界中の遺跡を封印していく。

ハードボイルド厨二設定なら右に出るものはいない皆川亮二さんの代表作であるスプリガン。古代文明とか謎の組織とか好きな人はハマるはず。

殺人機械だった過去をもつ御神苗が自分に向きあい成長し古代文明の謎に立ち向かいます。カッコイイ。

皆川亮二作品が好きすぎるのでおすすめ作品の魅力や特徴を全力で紹介する!【皆川フェード】などの技巧まで

2. お茶にごす。 / 西森博之(完結 / 全11巻)

あらすじ

「平和な心と生活を手に入れたい」と願い、茶道部に入部した最強の不良・デビルまークン! 彼は暴力の連鎖から逃れ、優しさの道を極めることが出来るのか…?

最強の不良が抜群の優しさを持つ先輩に惚れ茶道部に!

「デビルまーくん」と呼ばれ界隈から恐れられる最強の不良が「優しくなるため」に茶道部。優しさの塊のような部長、そんな部長に女性として憧れつつもまーくんと敵対する狂犬のような少女かほちゃんも入部。茶道部に優しさと権化と最強不良と狂犬が集まった…。

作者の代表作「今日から俺は!」のテンションを一番受け継いでいるのはこの作品でギャグ部分の要素が非常に強いです。西森作品で唯一「部活」を描いております。

主人公のまーくんも最高だけど、親友で軽薄な山田、まーくんが惚れた大和撫子のような部長と同級生で狂犬のかほちゃんがすごくよいヒロインなので注目です。

最終回に向けてギャグと切なさがまじりあっていくのがとても良い青春漫画の最高峰でしょう。

生産性ゼロで笑えるおすすめギャグ漫画!虚無で怠惰な時間にピッタリな作品を集めました

3. 四月は君の嘘 / 新川直司(完結 / 全11巻+番外編)

あらすじ

桜の花びら、音楽、そして嘘。君と出逢った日から世界は変わる――母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年ピアニスト有馬公生(ありま・こうせい)。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い……だが、友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト……少女・宮園(みやぞの)かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!!

タイトルに隠された意味を知ってあなたは二度泣く

もともと評判は聴いていたし(尾田栄一郎氏が絶賛したことで話題にもなりました…)、悲しい話だという先入観からなかなか読む気がしなかった作品。読んでみて思うのは「ああ…いい作品やんけ…ぐひん」ということ。

母親のスパルタによりコンクールを総ナメする天才ピアニスト有馬公生は母の死をきっかけにピアノの音が聞こえなくなる。そんな彼を無理やり演奏の舞台に引き上げた異色のヴァイオリニストかをり。かをりに惹かれながら公生は少しずつ音楽に向き合っていく再生の物語。

この作品は音楽漫画で恋愛漫画で青春漫画で熱血漫画でそして悲しい作品。演奏シーンも素晴らしいし、公生とかをりの話も涙腺をガシガシ揺さぶってくる。そして最後にわかるタイトルの意味…まちがいなく名作です。

「音」が聞こえる気がする?おすすめの音楽漫画をバンド、ジャズ、クラシック、和楽器などジャンル別に紹介

4. サンクチュアリ / 池上遼一、史村翔(完結 / 全12巻)

あらすじ

北条彰は六本木周辺を縄張りとする暴力団・北彰会の総長。ある日、北条は組員の田代を伴い、佐倉代議士のスキャンダラスな写真をネタに強請(ゆすり)を計画。その事務所を訪れるが、そこで政治家秘書には珍しい強面(こわもて)の男に追い返されてしまう。田代が事務所に帰った頃、北条は驚いたことにその秘書・浅見千秋と会っていた。そして、北条は浅見と共に国会議事堂を見ながらつぶやく。「オレは、必ずおまえをあの赤絨毯の上に立たせてみせる!」と………

こういう政治家に未来を託したい…真っすぐな男たちの政!

腐った日本を立て直すべく二人の男が表(政治)と裏(極道)の世界をのし上がっていく。日本を変えるために熱く生きる男たちの姿を見ることができます。

選挙の時期になるたびに読みたくなるマンガNo.1。このマンガ読んで選挙行かないやつっているの?「さっさと早く選挙に行かんかー」 と絶叫するシーンはあまりにも有名。

激動の時代がよく分かるおすすめ政治漫画!世界と日本の「いま」を勉強しよう

5. ハーン‐草と鉄と羊‐ / 瀬下猛(完結 / 全12巻)

あらすじ

蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝から追われていた。船に乗り込んで逃げようとしたが、その船は難破、着いた先はだだっ広い大陸。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意した。裸一貫! 土地、人種、しがらみ。義経はすべてを飛び越え、曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る! そして人類史最大の支配者になることができるのか!?

源義経=チンギス・ハーン説を漫画化した作品

鎌倉時代の日本を襲うモンゴル帝国の襲来「元寇」。このモンゴル帝国の初代帝王チンギス・ハーンが実は源義経ではないか…という説があるのはご存知でしょうか?

もちろん荒唐無稽ともいえる説でもあるんですが、その「もしかして…」を生き生きと描いたのが本作「ハーン ‐草と鉄と羊‐」です。

一度はすべてを手に入れた九郎義経が大陸に渡り一から成りあがる。随所に義経が平家と戦った経験が生きていたり、草薙の剣が出てきたり「おおっ」と思う描写が多いです。

モンゴルの人が聞いたら怒りそうな説ですけど、なかなかリアリティもあって面白い。孫が元寇で復習に来るのか…と思うとよりワクワクしますよね。

心が熱くなる超おすすめの歴史漫画を国別に紹介する|日本史・中国史・世界史の勉強にもなる

6. ストッパー毒島 / 作者名 (完結 / 全12巻)

あらすじ

“登板機会なし”――それが、のちに大記録を作る毒島大広(ぶすじま・たいこう)の高校時代の記録! 中学時代に起こした乱闘事件を理由に高校の野球部にも入れずくすぶり続けた毒島。しかし、その日本最速と言われる剛速球を武器に、プロ野球界に殴りこみだ!!!

なんJ民にも高評価!実名の選手が登場するペナントレース巨編

日本最速の速球を持ちながらも試合経験のない毒島。「黒い霧事件」と呼ばれる八百長事件以来低迷し続けているアスレチックスのストッパーとして入団。

60セーブとペナントレース優勝目指してイチロー達様々なパリーグの選手たちとの名勝負を繰り広げていく。

実在するプロ野球選手&チームと戦うので当時の野球ファンに好評だった作品です。世界一可愛くないマスコット「チック君」やキャッチャー佐世保、メイクミラクルのペナントレースなど終盤が異様に盛り上がりました。佐世保の一打はプロ野球漫画史に残る名シーンです。

巻数もそんなに多くないので漫画喫茶とかで読むには最適。

おすすめのおもしろい野球漫画をなんJに好評なものから一般的な名作まで紹介

7. DEATH NOTE / 大場つぐみ、小畑健(完結 / 全12巻+短編1巻)

あらすじ

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!!

まさに天才vs天才!死神のノートをめぐる頭脳戦

ノートに名前を書かれた人間は死ぬ…という荒唐無稽な設定からの、その設定に縛られない二人の天才の「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる。

ジャンプ史上最高の頭脳戦が楽しめる作品がこの「DEATH NOTE」。社会現象にもなった作品。月とLの戦いの決着は衝撃が走った。

終わり方は賛否両論あるが、バクマンで描いたようにこれ以上引っ張らずに終わらせたかったんだろう。間違いなく問題作で傑作。

少年ジャンプ歴30年の僕が選ぶおすすめジャンプ漫画!!2022年に連載中の作品から黄金期の名作まで厳選紹介

8. もやしもん / 石川雅之(完結 / 全13巻)

あらすじ

菌が見える特殊能力を持つ、もやし(種麹)屋の次男坊、沢木惣右衛門直保。彼は東京の某農大に入学する。農大を舞台に、沢木と研究室その他の仲間達、そして菌が活躍したりしなかったりのキャンパスライフ。大学生活のモラトリアム感と、菌が満載の「もやしもん」。あなたもぜひ、かもされてみてください。

かもすぞ!農大を中心に繰り広げる青春「菌」グラフィティ

「菌」が見える主人公・沢木惣右衛門直保が東京の農大に入学。この「菌」と農大に巣くう奇人変人との生活を描いた新感覚の学習漫画がこの「もやしもん」。

「菌」についてわかりやすく学べるだけでなく、農大の醸し出す独特の雰囲気が読んでいて心地よい。日常漫画としても学習漫画としても青春漫画としても楽しめる。個人的には農大で「オクトーバーフェスト」を開催するとこすげえ好き。


9. アド・アストラ ースキピオとハンニバルー / カガノミハチ(完結 / 全13巻)

あらすじ

紀元前3世紀、台頭著しい共和政ローマを恐怖の底に突き落とした男がいた。ハンニバル・バルカ── ローマ史上最大の敵となった怪物と、彼からローマを守った英雄プブリウス・コルネリウス・スキピオ。同時代を生きた二人の戦いが、今幕を開ける!!

ローマを恐怖のどん底に突き落とした怪物・ハンニバルと救国の天才・スキピオの対決を描いた作品

紀元前3世紀に恐るべき軍略でローマを壊滅寸前にまで追い込んだ怪物ハンニバル・バルカ。絶望的な戦局からローマを救った若き英雄スキピオ。二人の半生を史実に沿って(登場人物には独自の解釈あり)描いたのがアド・アストラです。

「アド・アストア」とはローマの格言で「困難を克服して栄光を掴む」という意味。

序盤は主にハンニバルの一方的な快進撃が描かれます。ローマの追い詰められっぷりからハンニバルに対する恐怖が痛いほどわかります。その中で天才スキピオがハンニバルの手から学び逆襲していくのは中々痛快でもあり、無敵を誇ったハンニバルが追い詰められていく様が寂しくもあります。

エピローグとして描かれた二人の死を見るとこの戦争に勝者はいなかったのではないか…とも思えてきます。しかし、この壮大な歴史作品を13巻でまとめたのは見事でしょう。


10. おくさまは女子高生 / こばやしひよこ(完結 / 全13巻)

あらすじ

平凡な女子高生・麻美ちゃんには、クラスメイトにも言えない秘密があった。それは、市丸先生とじつは夫婦という事。おくさまは、女子高生だったのです…。ドキドキ度満点の、ちょっとエッチなホームコメディが開幕!

週刊漫画なのに袋とじ!?ムチムチ×女子高生×人妻×NTRという性癖の数え役満

主人公・麻美は実は担任である市丸先生と夫婦関係。もちろんバレると大問題。そんな麻美と市丸に次々と巻き起こるエッチなトラブル…ふたりは周囲に気づかれることなく乗り切ることはできるのか?

この作品の素晴らしいのは麻美が隙だらけで色んな危ない男たちに狙われるというNTR属性漫画だということです。

また、連載当時は番外編が袋とじで掲載されるという画期的な取り組みも。袋とじの中身は当然…エロスです。

ちょいエロいおすすめ漫画10選!1周回ってちょうど良い一般漫画を厳選

11. ノ・ゾ・キ・ア・ナ / 本名ワコウ(完結 / 全13巻)

あらすじ

春から専門学校へ通うために、地方から上京してきた城戸龍彦。何の問題もなく新生活が始まったかと思いきや、部屋の壁に小さな穴を見つけ、しかもその穴から時々視線を感じるような気がして落ち着かない。同級生の米山と飲み明かした夜、その穴から光が漏れていることに気付き覗いてみると、向こう側からも女性が覗き返してきて…?

美女との覗き合いからはじまる新’性’活。モバMANの人気を独走した作品

上京してきた主人公・城戸龍彦は部屋に小さいな穴が開いてることに気づく。つい覗いてしまったことで隣の美女・えみるに脅迫され「1日ごとにお互いの私生活を覗き合う」という契約を結ばされることに…

上京して隣の家に美女がいてしかも覗ける…というどこのエロ漫画だよというような展開を膨らませて膨らませてきれいにたたんだ傑作。

絵が美味くてめちゃくちゃエロいんだけどエロいよねでは終わらせてはいけない。最終巻はスッキリ終わる感動作品でもあります。エロいけど。

2013年に有害図書認定されています


12. とめはねっ!鈴里高校書道部 / 河合克敏(完結 / 全14巻)

あらすじ

脅されて書道部に入部した大江縁と、だまされて書道部に入部した望月結希。一風変わった先輩たちに翻弄されて、これでいいのかと思う日々。それでも、ダイナミックでデリケートな書の世界は、かなり魅力的で… 文化系青春コメディー、It’s 書(SHOW) TIME!!

書道から始まるボーイミーツガール!全巻読んだらきっと「文字」で泣く

難しい伏線とか無く非常に楽な気持ちで読める作品です。主人公たちもそもそも素人なので少しずつ書に触れステップアップしていくように読者である我々も書についてどんどん詳しくなっていきます。

読み終わるころにはなんとなく「良い書」がわかるようになってきます。不思議。特にラストの持っていきかたがすばらしくてのゆるゆるの涙腺に耐えられるような甘い出来じゃなかったです。

「文字」を見て泣いたことありますか?私はあります。

書道漫画「とめはねっ!」全14巻を一気読みした感想→最高じゃねーか

13. 新世紀エヴァンゲリオン / 貞本 義行(完結 / 全14巻)

あらすじ

西暦2000年、南極に隕石が落下。かくして有史以来の大カタストロフィー「セカンド・インパクト」が起こった。それから15年、新たな危機が人類を襲う。「使徒」襲来である。使徒に対抗すべく、人類は汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を開発。そして、パイロットに選ばれた「3人の少年少女」たちの戦いが、今、始まる――。

今なお人々を虜にする「エヴァ」の公式コミック版

人類の新たなる驚異である謎の巨大生物「使徒」と使徒に対抗するために作られたロボット「エヴァンゲリオン」+パイロットでもある少年少女との人類存亡をかけた戦いを描いた作品です。

現在、新劇場版として再構築されているものではなくTV版と旧劇場版を基本的には踏襲してもの。ラストは少し違いますが。

もともと難しい設定なのとTV版ラストが意味不明だったりとアニメ版では消化しきれなかった人はじっくり読み込めるコミックはおすすめです。

面白いおすすめSF漫画40選!近未来や宇宙に思いを馳せる名作を厳選

14. 銀の匙 Silver Spoon / 荒川弘(完結 / 全15巻)

あらすじ

大自然に囲まれた大蝦夷農業高校に入学した八軒勇吾。授業が始まるなり子牛を追いかけて迷子、実習ではニワトリが肛門から生まれると知って驚愕…などなど、都会育ちには想定外の事態が多すぎて戸惑いの青春真っ最中。仲間や家畜たちに支えられたりコケにされたりしながらも日々奮闘する、酪農青春グラフィティ!!

青春農業漫画から起業漫画へ!酪農にバッグボーンがある荒川弘の真骨頂

都会育ちながら大蝦夷農業高校に入学した八軒勇吾が初めて経験することに戸惑いながら成長していく酪農青春グラフィティ。登場人物が基本的にいいやつなので安心して読めます。

物語は農業高校を舞台に学校行事を通しながら進んでいきます。農業高校という未知の分野で多くの経験をして成長した主人公。学園生活の中で何を選択していくのかに注目してください。

また、それぞれの登場人物が進路、家庭について悩んで葛藤しています。主人公同様にクラスメートたちにも個別にドラマがあって試練をポジティブ乗り越えていく様はすがすがしいもんです。

また子供たちを見守る大人たちがいい味だしてるんですよ、ほんと。時に厳しいことを言うこともあるんですが根底にはかならず優しさがあります。

おすすめの青春漫画35選!思春期、部活、学園の青春を描く作品を紹介

15. D-LIVE!! / 皆川亮二(完結 / 全15巻)

あらすじ

銀行で連続強盗事件が発生。警察の懸命な捜査にもかかわらず、犯人の足取りはつかめない。そこで斑鳩悟に捜査の依頼が来た。普段の悟は平凡な高校生。だが彼は同時に、国際的人材派遣会社・ASEのメンバーでもあるのだ。

「お前に生命があるなら応えろ!」天才ドライバーがあらゆるマシーンを使って任務をこなすドライビングアクション漫画

超巨大人材派遣会社ASEのマルチドライバー斑鳩悟はどんなマシーンでも乗りこなす運転の天才。色んなマシーンを駆使して超難易度の高いミッションをクリアしていく話。

1シリーズ毎の完成度が滅茶苦茶たかく、映画を見てるような感じになります。読み応えがすごい。運転技術の天才が車、バイク、飛行機、ヘリというようなメジャーなマシーンからジェットスキー、スノーモービル、クレーンなど特殊なマシーンまで使って様々な災害や事故、テロなどと戦う新種のアクション漫画です。


16. エリア51 / 久正人(完結 / 全15巻)

あらすじ

ドラゴン、ゴブリン、イエティ、ネッシー、ガネーシャ、宇宙人……そんな世界中の「人ならざる者」をかき集め隔離した場所がある。そこはアメリカ51番目の州、「エリア51」と呼ばれている。表にいられなくなったワケありの人間、真鯉徳子、通称マッコイは、河童のキシローを助手としてリトルトーキョーの放棄された地下鉄駅にて探偵業を営んでいる。彼女はどうやら何者かを探しているようだが……!?

神話のモンスターや宇宙人などが跋扈するエリア51で暴れまくる人間「マッコイ」も痛快な冒険譚

妖怪、モンスター、ドラゴン、神話の神々などこの世の超常現象のすべてが集められてる街がエリア51。主人公のマッコイは表の世界にいられなくなりエリア51で探偵をしている日本人女性。破天荒な彼女が超常現象に様々な事件を解決するっていう話。

ありとあらゆる神話やモンスターや妖怪が次々出てくるし、銃を使ったアクションも主人公の性格もハードボイルドですげえ面白い。トーンをほぼ使わない白と黒のコントラストが美しい。

ゼウス、ハーデス、オーディーン、孫悟空、アマテラス、ドッペルゲンガー、鵺…このあたりのワードが気になったらおすすめ。

面白いけどちょっとマイナーなおすすめ漫画17選!知らないなんて損?コアな漫画好きが愛でる名作を紹介

16巻~20巻で完結するおすすめ漫画

16~20巻の完結漫画を紹介。5年以上の連載作品が多く、作者の代表作ばかりです。

1. トライガン / 内藤泰弘(完結 / 2巻+続編14巻)

あらすじ

7都市のひとつを灰に変え、600億$の賞金首として手配された伝説のガンマン、ヴァッシュ・ザ・スタンピード。そんな力を持つとは思えない程温厚な男。無関係な人達を守る為に今日も戦う!ハートフルガンアクション。

600億の賞金首が巻き起こす超絶ガンアクション

災害認定され600億$の賞金首として手配された伝説のガンマン、ヴァッシュ・ザ・スタンピードとそれを追う賞金稼ぎや悪党諸々を巻き込んだSF大作。

序盤はハートフルな感じもするけど後半は全然ちがう。不殺を貫く主人公は多々いますがヴァッシュは意地のような、新年のようなものがにじみ出ておりかなり納得できます。不殺系主人公の中で一番好きかもしれない。

最初は絵がよくわからなくて「過大評価されてるかも?」って思ってたけど中盤から後半にかけての盛り上がりはとにかくヤバイ。相棒のウルフウッドがかっこ良すぎる。

トライガンは主に二部構成。無印の「トライガン」は序章のようなもので「トライガン・マキシマム」が本編のようなイメージです。


2. 火の鳥 / 手塚治虫(完結 / 全16巻)

あらすじ

火の山にすむという不死鳥–火の鳥!! その生き血を飲んだ者は、永遠の命を得られるという……!! 不死身の鳥をめぐって壮大な宇宙ロマンが展開する手塚漫画の代表傑作!!大波乱続出の黎明編第1弾、堂々大登場!!

手塚治虫のライフワーク。哲学的な歴史的名作

物語の一つの芯は「火の鳥の血を飲むと永遠の命を得られる」ということ。この不死鳥を巡り様々な時代、はたまた宇宙規模で繰り広げられる人々のドラマを描いたのが火の鳥です。

時代を超え、距離を超え「火の鳥」を追い続ける人の本質が垣間見えて震える。手塚治虫がなぜ「神様」と言われるかがわかる作品。歴史漫画としての要素もあります。

火の鳥:エピソード紹介

手塚治虫の描いた通りの順番で発売されている単行本は存在しない。また、未完のエピソードもあり。

  • 黎明編(漫画少年版):イザナギ・イザナミの話。未完。
  • エジプト編
  • ギリシャ編:エジプト編の続き
  • ローマ編:ギリシャ編の続き
  • 黎明編(COM版):世の中に出回っている黎明編はこの話を指すことが多い。未完に終わった「漫画少年」版の黎明編を基に大幅に内容を変え連載したもの
  • 未来編:西暦3404年。時間軸で考えた場合の火の鳥の結末にあたる作品。
  • ヤマト編:ヤマトタケルを軸にしたもの。
  • 宇宙編:西暦2577年の宇宙船。
  • 鳳凰編:奈良時代。仏師・我王と茜丸を描く。傑作。
  • 復活編:未来編の前日譚
  • 羽衣編:天の羽衣の伝説のオマージュ
  • 望郷編:手塚本人により何度も描き直されているSF。
  • 乱世編:平安時代末期
  • 生命編:クローンのいる世界を描く
  • 異形編:八百比丘尼伝説をオマージュした作品。室町時代。
  • 太陽編:7世紀と21世紀(2009年)の2つの時代を交互に描いた物語
手塚治虫の代表作がマンガワンで無料連載開始!「火の鳥」も「アトム」も無料で読める

3. それでも町は廻っている / 石黒正数(完結 / 全16巻)

あらすじ

人情あふれる丸子商店に存在するメイド喫茶(カフェではない)「シーサイド」。ありふれた町のちょっとおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられるドタバタ活劇!

ギャグ、日常、人情、美少女、SF…が奇跡的なバランスで成り立ってる作品です

普通の町のおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられる日常ドラマが「それでも町は廻っている」。日常漫画の中でも最高峰の作品だし、達観したようなメッセージ性があるように見えることも…。主人公の歩鳥は推理小説大好きな女の子でムードメーカー。歩鳥を中心に個性豊かな登場人物がバンバン出てきます。

日常、SF、萌え、ミステリー、ギャグすべてをぶち込んでさっぱり似こんだような作品でずっと読んでいられる。時系列がバラバラなので途中混乱することもありますが、それもあえて狙ってるとわかるので感動します。

良い日常漫画はその日常が終わりに近づくときに強烈なノスタルジー感を出してくると僕は思ってるんですが、それ町のノスタルジー感は強烈。

頭空っぽにして読みたいおすすめの日常漫画。女子高生から男子高校生、聖人の日常を堪能せよ

4. PSYREN / 岩代俊明(完結 / 全16巻)

あらすじ

『助けて』そう言葉を残し、雨宮桜子は姿を消した。夜科アゲハは彼女を捜すため、連続“神隠し”失踪事件に関わる都市伝説「秘密結社サイレン」へとアクセスする。そして、アゲハの命を懸けたゲームが始まった!!

ジャンプ史上もっとも容赦のない主人公と最も人を殺したラスボスの対決

「PSYREN」と呼ばれる謎のデスゲームに巻き込まれた主人公・夜科アゲハと雨宮桜子。デスゲームをクリアしていくなかでアゲハ達はサイキックに目覚め、世界を滅ぼした謎の組織の存在に気づいていく。

看板になれそうでなれなかった滅茶苦茶勿体ない作品。読み始めると序盤からどんどん引き込まれるはず(私は全巻購入してしまいました)。ストーリーも良い、設定もよい、仲間も魅力的、主人公もジャンプ漫画では考えられないほど容赦がなく魅力的、必殺技もジャンプ的で最高。

もう少し仲間たちの見せ場を作って、敵キャラを掘り下げられていたらとんでもないヒット作になったのではないかと妄想せずにはいられない。

『PSYREN』とかいう看板になりそこねた打ち切り漫画を一気読みした『PSYREN』とかいう看板になりそこねた打ち切り漫画を一気読みした

5. GOLD / 山本隆一郎(完結 / 全16巻)

あらすじ

最強のゴンタクレ(悪ガキ)トリオ!!人生の目的を見出しきれず苛立つ日々を過ごす彼等が、複雑に絡み合いながら三者三様に異なる道で『頂点』を目指すのだった。男として、人間として、夢に向かって突き進む!南大阪を舞台に織りなすゴンタクレたちの「黄金色(ゴールド))」に輝くピッカピカ青春グラフィティ!!v

3人の悪ガキとリアが別々の道を行きながらも複雑に絡み合っていく

喧嘩最強で施設育ちのスバル、親と喧嘩しながら音楽の道を目指す男前のスー、父の死をきっかけに極道の道に進むコータの3人。

親友だった彼らが高校に入り、それぞれの道へ進み、悩み、もがく青春を描く。バラバラになった彼等の道が少しずつ絡み合っていくのがとても良いのです。

1巻の3人の友情を見せつけられるとなかなかつらい展開が待っているのが本作である。3人が道を分かち、ただ離れることもできない。シリアスな展開とピッカピカの友情に少し泣ける作品。

県下一のヤンキー高出身者がおすすめする面白い不良漫画!世代を超えて読みたい名作や話題の新作を紹介

6. 新暗行御史 / 梁慶一、尹仁完(完結 / 全17巻)

あらすじ

遠い昔。東方に聚慎(ジュシン)という国があり、そこには「暗行御史(アメンオサ=あんぎょうおんし)」と呼ばれる隠密要員がいた。暗行御史とは、王の特使として秘密裡に地方を巡り、悪政を糾弾し庶民を救う特殊官吏だ。聚慎が滅んだあと、この暗行御史も消滅したと思われていた。だが実際には、一人の暗行御史が、いまだ浮世をさすらっていたのである。

韓国人作家コンビによる圧倒的な画力のファンタジー漫画

聚慎という国の「暗行御史」と呼ばれる隠密要員の話。王の特使として秘密裡に地方を巡り悪政を糾弾し庶民を救う暗行御史が悪党どもをだまし討つ。

水戸黄門的な「勧善懲悪」な序盤からベルセルクを彷彿とさせるダークファンタジーへと移行していく。ストーリーも読みやすいがとにかく絵のレベルが高い。ラストの主人公の迫力は恐ろしいまでです。一読の価値あり。

おすすめファンタジー漫画!王道、ダークファンタジー作品や異世界転生、和&中華風など厳選紹介

7. 亜人 / 桜井 画門(完結 / 全17巻)

あらすじ

「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変した。彼は人間たちから逃げ惑うことになる。友人のカイは、怯える圭を助けるために駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に逃げ込んだ。そんな彼に人間と敵対する亜人たちが接触してきた。――彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?

絶対に死なない「亜人」対「日本」…恐るべきテロリズム

「亜人」と呼ばれる死なないヒトが発見された世界。自分が亜人であるかどうかは死ぬまでわからない…主人公・永井圭はある日交通事故に会い自身が亜人だと気づいていまう。

「亜人」を使って数々の人体実験を繰り広げる国家。そんな国家にある亜人のグループは「死なない」を武器にテロを仕掛けていく…

亜人である佐藤という最強兵士が「死なない」「見えない分身を作れる」という設定で国家を転覆させようとするテロリズムは圧巻です。主人公より亜人・佐藤の破壊の様が目立っています。

おすすめ青年漫画50選!大人が読んでもおもしろい読み応え抜群の名作を紹介

8. ばらかもん / ヨシノサツキ(完結 / 全18巻)

あらすじ

とある島に移住生活をすることになった若きイケメン書道家・半田清舟。都会暮らししかしたことのないそのぼっちゃん先生が、(1)トラクターで公道をドライブ (2)自分のうちが中学生のたまり場になる (3)知人が玄関から入ってくれない…などの困難に立ち向かう、ほのぼのアイランドコメディ!!

伸び悩んだ書道家が離島での生活を通して成長していく日常漫画

とある島に移住生活をすることになった若きイケメン書道家・半田清舟。都会暮らししかしたことのないそのぼっちゃん先生が、離島ならではの人の温かさや理不尽、厚かましさ…などの困難に立ち向かうほのぼの作品。

基本的にはギャグマンガです。よつばとやクレヨンしんちゃんなどのように老若男女のんびり読める作品ですがふいに泣かせる描写が出てきます。人の温かさにほっこり泣ける作品。

一度は読みたい泣けるおすすめ漫画2022|感動する名作漫画を厳選

9. To LOVEる―とらぶる―ダークネス / 矢吹健太朗、長谷見沙貴(完結 / 全18巻)

あらすじ

リトのトラブルな日常が帰ってきた。ララの双子の妹・モモとナナが彩南高校に転入。モモは、「ハーレムを創る」という怪しい計画を練り、リトを肉食男子に変身させようとするが……!? 更には、謎の敵がリトを襲撃して!?

矢吹先生どうしたんすか…?ジャンプSQ行ってやりすぎじゃないですか?

ジャンプで大ヒットした「To LOVEる」の続編。ヒロイン・ララの妹・モモを主人公に添えハーレムをつくるためにあの手この手の計画を練るラブコメディ。

ジャンプ時代は学園お色気ラブコメでしたがジャンプSQに移籍してからはどんどん過激になっていった本作。連載当時は規制を潜り抜けるために様々な技法を駆使してを描く矢吹先生は「神」としてあがめられていました。

「同人不要」と言われるぐらいエロくて笑えるエロラブコメのスタンダードともいえる作品。

追記

前作の「To LOVEる―とらぶる―」は少年ジャンプで連載していたため、ダークネスほどはエロくはないです。


10. MONSTER / 浦沢 直樹(完結 / 全18巻)

あらすじ

デュッセルドルフ・アイスラー病院の日本人医師・天馬賢三は、人道的見地から少年ヨハンの命を救う。それがすべての始まりだった…。ヨハンの真の姿は? 天馬の運命は? ヨハンをめぐる天馬の旅は続く。

モンスターを殺せるのはモンスターだけ?大量殺人を繰り広げるヨハンを日本人医師はとめることができるのか?

ドイツで働く日本人の天才外科医・天馬はある日ヨハンという美しい少年の命を救う。しかし、ヨハンは多くのシリアス・キラーに崇拝される絶対悪だった。

自身の手で救ってしまったヨハンを止めるためにヨハンの過去を探る天馬は多くの悲劇を辿りながらヨハン出生の秘密に近づいていく…

浦沢直樹のサスペンスの才能が開花しまくった作品。序盤から中盤にかけての伏線のばら撒き方は神ががっています。人の怖さ、不気味さを徹底して描いたサスペンス漫画の傑作。


11. LIAR GAME / 甲斐谷忍(完結 / 全19巻)

あらすじ

ある日突然送られてきた小包。その中には「おめでとうございます。あなたは10万分の1の確率をくぐりぬけ、ライアーゲームにエントリーされました」という手紙と、現金1億円が同封されていた。それがライアーゲームのスタートだった。30日後のゲーム終了日に、自分の所持金1億円を返還する。ルールはそれだけ。首尾よく対戦相手の所持金を奪うことのできた勝者は1億円を手にし、敗者は1億円の負債を背負う…。誰を信用すべきなのか、誰を信用してはいけないのか…。大金を前に揺れ動く、人間心理を描破した問題作!

「騙される方が悪い…これはライアーゲームなのだから」

とつぜん届けられた1億円とライアーゲームへエントリーの手紙。相手から1億円を騙し取ることでしかこのゲームからは抜けられない…人一倍馬鹿正直なナオはこの窮地を乗り切るために伝説の詐欺師・秋山を頼る…

実写化でも話題になった本作。読者の想像を超える騙し合い、嘘つきだけが勝利する心理ゲームが最高です。

主人公ふたりの真逆の性格、個性抜群のライアーゲームの参加者たちとの白熱する嘘つきバトルに目が離せません。


12. 青空エール / 河原和音(完結 / 全19巻)

あらすじ

学生の頃テレビで観た光景に、つばさは心を奪われた。それは甲子園のアルプススタンドで、熱い声援を送るブラスバンドの姿だった。いつか私もあの場所に――。憧れと希望を胸に入学したブラバンの名門・白翔高校。だが、つばさはブラバン初心者!同級生の野球部員・山田くんの励ましを支えに、いま小さな一歩を踏み出す――。

単純な恋愛漫画ではない!部活の残酷さも描き切った青春漫画だ!

昔見た甲子園のブラスバンドに憧れて吹奏楽の強豪校に入った初心者の主人公とそこで甲子園を目指す男の子の恋愛とそれぞれの部活動を描いてる作品。主人公2人ともまあ一生懸命でそれが非常にさわやか。女子中心の部活さながらのドロドロしたものもちょろっと垣間見えますけど全体を通してまっすぐな青春漫画です。

当方オスですので少女漫画はあまり読んでいないのですが本作は大変楽しめました。主人公ふたりがとにかく真っすぐでほんと応援したくなるんですよ! 山田くんいい奴すぎるよー 。


13. 幽★遊★白書 / 冨樫義博(完結 / 全19巻)

あらすじ

教師も手をやく不良の浦飯幽助。ある日子供を助けて事故にあい、幽霊になってしまう。予定外の死に閻魔大王は、生き返るための試練として、人の心を映す霊界獣の卵をかえすことを命じるが…!

「伊達にあの世は見てねえぜ」霊界探偵・浦飯幽助が妖怪たちと戦うバトル漫画

超不良の浦飯幽助が予定外の事故死をしてしまい生き返るための閻魔大王から試練を与えられる。生き返った後も霊界探偵として人間界に害を与える妖怪をとらえるように次々と指令がくだされる…という話。

vs妖怪のバトル漫画…というシンプルに聞こえますが意外とそうじゃない。初期は1話完結のオムニバスでお化けがらみのトラブルを解決しつつ、中期はどっぷりとしたバトル漫画へ路線変更。そのままいくかと思いきや能力バトルに突入し、最後はまたトラブル解決漫画へと変遷していく。

鬼才・冨樫義博がストーリーをこじらせまくる前の初期衝動のような作品から徐々にLEVEL Eやハンターハンターの片鱗が見えてくるのが面白い。主人公チームの幽助、桑原、飛影、蔵馬の4人は最高のパーティーだと思う。

おすすめ少年漫画46選!ジャンプ、サンデー、マガジン、チャンピオン等の名作少年漫画を掲載誌別に紹介

14. 王様達のヴァイキング / さだやす、深見真(完結 / 全19巻)

あらすじ

金融機関にサイバー攻撃を仕掛けた彼の前に「お前の腕で世界征服する」と宣言する大金持ちの男が現れる。ハッカー少年と仕事中毒のエンジェル投資家、彼ら2人はどんな仕事を創り出すのか…?
全く新しい新世代タッグ誕生!!!

エンジェル投資家とハッカーのおりなす新世代お仕事漫画

学歴もなく、社交性も著しく欠けているがハッキングの腕だけは超一流の是枝一希が仕事中毒のエンジェル投資家と出会い起業していくという話。

ハッキングとIT、それに政治まで絡んでくるし、主人公は超絶コミュ障でもどかしいんですが熱量がすごい。

ハッキングの描写は(文系の僕には理解不能なものも多いけど)生々しく描かれており作者がかなり勉強したんだろうなっていうのがわかる。

天才ハッカーだが社会不適合者の主人公と欲望が尽きることのない投資家のコンビの凸凹具合が良いです。

おすすめお仕事漫画!月曜日が怖くなくなる?ビジネスに役立ちやる気も出る名作を紹介

15. ONE OUTS / 甲斐谷忍(完結 / 全20巻)

あらすじ

“優勝に必要な何かが足りない” その“何か”を捜して、沖縄で自主トレに励む“不運の天才打者”児島弘道。そこで彼は一人の男と出会う。120km/hそこそこの直球だけで、賭野球“ワンナウト”で無敗を誇る男。彼は名乗る。渡久地東亜と…

賭野球で無敗の男がペナントレースをかき回す!

アウト500万1失点-5000万という究極の歩合契約(ONE OUTS契約)でプロ野球選手になった渡久地東亜。弱小球団であるリカオンズを優勝させるために悪魔の頭脳でペナントに挑む。

ライアーゲームの作者だけあって野球漫画なのに頭脳戦にしびれます。悪魔の頭脳、強靭なメンタリティで相手球団も球団オーナーもカモる渡久地東亜。

野球のルールを逆手に取った戦略には衝撃を受けること必至。


16. 昴 / 曽田正人(完結 / シリーズ全20巻)

あらすじ

すばると和馬は双子の小学3年生。すばるの誕生日、クラスメイトの真奈たち3人が、すばるにプレゼントを持ってきた。だが、彼女たちの本当の目当てはすばるではなく双子の弟・和馬。けれども和馬は入院していて状態が良くないため、すばるは会わせるのを渋る。それでも強引に病室へ行った真奈たちが見たのは、脳腫瘍が原因で記憶障害を起こし、言葉すらほとんど解さなくなってしまった和馬の姿だった。そんな和馬の意識をなんとか取り戻させたいすばるは、その日の出来事を躍りで伝えようと、毎日病室で懸命に舞い踊っていた

天才の狂気と苦悩を描いた傑作。圧巻の「ボレロ」は一見の価値あり

脳腫瘍が原因で記憶障害を起こしている双子の弟に気持ちを伝えるために毎日必死で病室で踊るすばる。毎日必死に伝えることをしてきたすばるが弟の死をきっかけにバレエの世界に足を踏み入れていく…というバレエ漫画。第2部は「MOON -昴 Solitude standing-」と題名変わってるので注意。

とにかく第1部の「昴」は機会があれば是非手に取ってほしい快作。バレエにのめり込む天才少女・昴を圧巻の表現力で描いておりその世界に引きずり込まれます。

特に「ボレロ」はゾッとするような迫力です。

涙腺をぶっ壊しに来るおすすめスポーツ漫画を競技別に紹介してみる

17. 約束のネバーランド / 白井カイウ、出水ぽすか(完結 / 全20巻)

あらすじ

母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

”鬼”に管理された世界から逃げ出せ!ジャンプ版プリズンブレイク

孤児院で幸せに暮らしていたエマ・ノーマン・レイはある日自分たちが「鬼」の食用として育てられていたことに気づいてしまう。

信じていた母も鬼側の人間。孤児院の子供たちを救うためにエマとノーマンは脱獄の計画を立てる。

ジャンプらしからぬダークファンタジーであり、毎話ドキドキの展開をするのが約束のネバーランド。先の読めない展開は海外ドラマを彷彿とさせる。

こういう作品は初期に設定が評価され人気が出るも連載が続くうちに失速する―ケースが多いが、約束のネバーランドはあまり失速せず安定しておもしろい。


18. 加治隆介の議 / 弘兼憲史(完結 / 全20巻)

あらすじ

政治不信の今、若き政治家・加治隆介登場!加治隆介、39歳。一流商社のエリートサラリーマンである彼には、政治家である父・元春と父の下で働く兄・春彦がいた。しかし、代議士の父の急死で衆議院戦出馬要請をうける。総理直々の要請も蹴った加治だったが、政治理念を実行する決断を下した。加治は、落選しても大義を貫きたいと、地元の利益誘導はしない公約を打ち出した。そのため、民政党の公認もはずされ、地元農民の反感をも買い、大苦戦となる。加治隆介の熱き闘いが、今始まる!

弘兼憲史が描く政治漫画!加治隆介の熱い政治が見れる

地元の大物政治家の息子でありエリートサラリーマンの加治隆介。政治に興味なく父と兄と距離を置いていた加治だったが、父と兄が謎の交通事故で死に地盤を継いで政治家を目指す。

地元よりも大義を貫き、反感を買いながらも政治の世界でのし上がる加治隆介の青臭い政治は見逃せないはず。

「島耕作シリーズ」でおなじみの弘兼憲史さんの描く綿密な政治漫画ですね。弘兼さんが脂の乗り切った時期に描いておりめちゃくちゃ下調べをしたことがわかる本作。政治、内閣、派閥がどういうものかもわかり面白いだけでなくとても勉強になります。

時期的には少し前になりますが、当時の時事をふまえた物語の展開とその中で通すべき信念を曲げない加治隆介に憧れます。また、加治は不倫をしてはいますが、島耕作ほど節操ないわけではありません。


19. 天使な小生意気 / 西森博之(完結 / 全20巻)

あらすじ

皆が恐れる最強の不良・蘇我源造は、登校中に出会った同級生の美少女・天使恵に惚れてしまう。恵はケンカがメチャクチャ強くて言葉遣いも乱暴、それにはとても深い理由が…? でも、そんなのお構いナシの源造は、あの手この手で恵に猛アタックを開始! 更に、同じく恵にゾッコンの平凡な同級生・藤木と安田も加わり、争奪戦は早くもデッドヒート!!

男の中の男を目指してたのに何故か女の中の女になってしまった…!?

男の中の男を目指したら絶世の美女になる呪いをかけられたヒロイン恵と、あまりにも美しい恵に惚れた男達の話。西森版ボーイ・ミーツ・ガールを堪能せよ。

この作品から西森さんはモブっぽいキャラに焦点を当て始めた気がしますね。恵の魅力と恵のために頑張る男達の魅力がぎゅっと詰まっている。恵は少年漫画最高峰のヒロインです。異論は認めない。

おすすめ西森博之作品!!「今日から俺は!!」「天使な小生意気」や新作「柊様は自分を探している。」もおもしろい

20. バクマン / 大場つぐみ、小畑健(完結 / 全20巻)

あらすじ

一握りの者にしか得られない栄光を手にするため、険しい“マンガ道”を歩む決意をした二人。高い画力を持つ真城最高と、文才に長ける高木秋人がコンビを組み、新たなマンガ伝説を創る! 新時代成功物語開始!!

夢はアニメ化!ジャンプで連載を目指す二人の少年の熱血漫画道

クラス一の秀才でもある高木秋人から一緒に漫画家を目指すことを提案された真城最高。ジャンプで連載、アニメ化を目指す二人は中学生ながらにして作品を作り上げジャンプの編集部へ持ち込みをする…

デスノートの名コンビが手掛けた青春マンガ家漫画。そもそもデスノートも絵は下手だが話を作る才能はあった大場つぐみ(実はラッキーマンの作者)と画力は高いが自身のヒット作は少なかった小畑健がコンビを組んだ作品なので(自分たちのことを描いているのかな?)と当初錯覚するほど。

作中に出てくる漫画家のそれぞれの作品がちゃんとアイディアや作画が出来上がっており劇中劇のようにもなっているということもおもしろい。


21. YAWARA / 浦沢直樹(完結 / 全20巻)

あらすじ

スポーツ新聞記者・松田耕作とカメラマン・鴨田は、ある日ひったくりの逃走現場に出くわし、華奢で可憐な女子高生が見事な巴投げでひったくりを投げ飛ばす様を目撃する。ひったくりを投げ飛ばした少女の名は猪熊柔。

世界的に著名な柔道家・猪熊滋悟郎の孫娘で、祖父から英才教育を受けた天才柔道家だったが、彼女を「センセーショナルにデビューさせたい」滋悟郎の意向で公式試合はおろか、柔道をしていることすら隠していた。

しかし、当の柔はオシャレをしたり、恋をしたりする「普通の女の子」になりたいので、柔道をやめたがっていた。

日本女子柔道にとてつもなく大きな影響を与えた作品

浦沢直樹の大ヒット柔道漫画YAWARA。アニメでも大きく盛り上がった作品です。天才柔道少女・柔は超柔道強いけど柔道をすることにはそこまで積極的ではないんですが、周りがほっとかずあれよあれよといろんな大会に出てしまうというような作品。

柔の優柔不断さや父親の理不尽さなど「さっさ柔道やれや」ってツッコみたくなる要素満載なんですけどそれでも引き込まれるように全巻読んでしまう魅力があります。最終戦はほんとに盛り上がる演出でかなり熱くなります。

途中から出てくる富士子さんもいいキャラしててこの親友がいたからこそ柔という作品がここまで名作になれたんだなと思えます。

【閲覧注意】おすすめ格闘技漫画!テンション上がる闘いが見れる名作を厳選

22. BLACK CAT / 矢吹健太朗(完結 / 全20巻)

あらすじ

かつて数多の要人を暗殺し「不吉」の象徴として闇の世界に君臨した伝説の抹殺者・黒猫こと、トレイン=ハートネット。彼は二年前所属する組織に処刑されたはずだった。だが世の中を掃除する掃除人としてここに復活!!

ジャンプでは珍しいガンアクション・バトル漫画

「不吉」の象徴として闇の世界で恐れられた伝説の抹殺者・黒猫・トレイン=ハートネット。組織を抜け自由気ままな掃除人としての生活をおくるトレインだったが、かつての相棒であり大切な人を殺したクリードとの戦いに身を投じることになる。

人を殺さなくなった元・暗殺者というと「るろうに剣心」とある意味設定は似ている。物語後半の主人公が元いた組織、因縁の仇の新興勢力、主人公と三つ巴は結構見どころあり。

なお、この作品を読んでいてもどうしてこの作者が「とらぶる」を描くことになったのかとても想像できません。

おすすめバトル漫画!王道、能力バトル漫画を完結作品から新作まで紹介

まとめ:20巻以内の中編漫画は作者の代表作ばかり

20巻以内の作品を並べてわかったのは話題作や作者の代表作ばかりだということですね。かなりおもしろい作品ばかりなのでなにかおもしろい作品を探している人はこのあたりの巻数で探してもよいと思います。

以上、20巻以内の中編漫画は代表作ばかりなので最高…という記事でした。

「漫画」記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus