最新マンガアプリランキング2019

頭空っぽにして読みたいおすすめの日常漫画。女子高生から男子高校生、聖人の日常を堪能せよ

ド派手な戦闘描写があるわけでもなく、ハラハラドキドキなスリリングな展開があるわけでもなく、日々の出来事を淡々と描く日常系の漫画を読んで癒されたくないですか?

 

私は基本的に少年漫画脳なので展開が早い漫画を好んで読んできたんですが、歳を重ねるごとに悪い奴が一人もいない、ストーリーに極端な山もない、淡々と進むゆるくてほのぼのするノンストレスの漫画を求めるようになりました。

 

ということで、私が実際に読んでみて「はー、なんも考えずに読めるわー」となった日常漫画を紹介していきます。

 

「日常漫画」とは?ジャンルの詳細、歴史を解説

その前に「日常漫画」について説明しますね。

日常系とはどんな漫画のこと?

日常系とは明確に定義できるものではありませんが、「劇的なストーリー展開を極力排除した、登場人物達が送る日常を淡々と描写するもの」といわれることが多いです。

淡々と登場人物たちの日々を描き、そのやり取りや空気感を楽しむというものです。「空気系」と呼ばれることもあります。

物語性を排除した作品が多いため、漫然と読み進めることができます。

日常系の元祖は「あずまんが大王」と言われている

日常系漫画の元祖はあずまきよひこ氏による「あずまんが大王」といわれることが多いです(アニメ化もされています)。これは最初に作ったという意味ではなく「あずまんが大王」前後にちらほらとみられた萌え系4コマ漫画を世に知らしめるきっかけになった作品だからです。(それこそ「サザエさん」だって日常系漫画ですからね)。

「日常系」という言葉を派生させた非常に重要な作品なんですね。

「日常系」「空気系」「セカイ系」…あまり気にせず読むが◎!

「日常系」作品の議論になると「いやこれは空気系だ」「セカイ系」でしょ?など議論になることが多々あります。実際に「これが日常系だ!」とか定義するのあ結構難しいのであんまり考えない方がよいです。

頭空っぽにして登場人物たちの日々を愛でるというのが大事。気にしない。

 

1. あずまんが大王 / あずまきよひこ(完結 / 全4巻)

あらすじ

1999年2月、恐怖の大王の到来に先駆け連載の始まった「あずまんが大王」。登場以降、多くの4コマ漫画に影響を与え、その勢いは一大ジャンルを形成するまでに至りました。
あれから10年。いまだに他の追随を許さず、奇跡の再読性を誇るコミックスを、次の10年に向けて再構成しました。21世紀のスタンダードとして、とりあえず、どうぞ。

日常系4コマ漫画に大きなインパクトを与えた作品

女子高生達の生態を入学から進級、卒業までをただただ描いた本作。週刊誌の隙間で連載されてるような「萌え4コマ」「空気系」などと呼ばれてたジャンルを世に知らしめた作品でもあり、多くのフォロワーを生み出した。

今はよつばとが大人気のあずまきよひこさんの4コマ漫画。僕はあまり日常系は見ないんですけどすごく面白かった。女の子たちもやらしくない感じでかわいいのでほのぼの読めます。

 

2. よつばと! / あずまきよひこ(連載中)

あらすじ

夏休みの前日、とある町に強烈に元気な女の子「よつば」と、「とーちゃん」親子が引っ越してきた。遠い海の向こうの島から来た不思議な女の子。 「よつば」(6歳)に振り回される周りの人達の日常を描いたハートフル? コメディー。

道徳の教科書にしたいレベルの日常漫画

日常系コミックスの最高峰と言えば10人中10人が「よつばと」をあげるんではないでしょうか?そのぐらいの傑作です。主人公で元気いっぱいの幼女「よつば」と家族やお隣さん、そのお友達などとの日常を描いた作品で頭空っぽにして読める作品です。

よつばと

© よつばと

見ていて幸せな気持ちになれる作品で老若男女とわず誰にでもオススメできます。出てくる大人もみんないい人でね。こういう世界に住みたいなーってなります。ただほのぼのするだけでなくてギャグもキレキレです。

注意
よつばとは電子書籍化していません

 

3. ARIA / 天野こずえ(完結 / 完全版全7巻)

あらすじ

物語は、惑星マンホーム(地球)から来た少女、水無灯里の視点で語られる。灯里はウンディーネとなるために、人間一人、猫一匹の小さなゴンドラ観光会社「ARIAカンパニー」に入社する。この都市の観光会社には航海の安全を祈願するために青い瞳の猫を象徴にするという風習があり、ARIAカンパニーでは火星猫のアリアを社長にしている。アリアは作品のマスコット的存在ともなっている。経営者で先輩のアリシアは業界一の成績を持つウンディーネであり、灯里はその優しい指導の下で成長していく。

水先案内人が半人前から一人前へ成長していく「清らかな」青春漫画!

惑星改造により火星を水の惑星「アクア」として生まれ変わらせた未来。その観光都市ネオ・ヴェネツィアでゴンドラを操りウンディーネと呼ばれる水先案内人を目指す少女の話。

ウェンディーネを目指す灯(あかり)は何にもで幸せを見出す女の子。そんな灯がアクアでいろんな人と出会い成長していく作品です。

日常&青春漫画っぽいんですけど火星をテラフォーミングした作品なのでSFといえばSFでしょう。注目して欲しいのは絵の美しさと物語に不純物が一切混じっていな清らかさ。心の汚れたおじさんが見てもぐっとくる美しい作品です。アニメも素晴らしい。

面白いおすすめSF漫画33選!近未来や宇宙に思いを馳せる名作を厳選
注意

もともとは「AQUA」「ARIA」という順番で刊行されていますが、完全版ではすべて「ARIA」に統一されています。

 

4. 聖☆おにいさん / 中村光(連載中)

あらすじ

目覚めた人・ブッダ、神の子・イエス。世紀末を無事に越えた二人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばちゃんのように細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。そんな“最聖”コンビの立川デイズ。“笑い”でも世界を救う! 聖人in立川。ブッダとイエスのぬくぬくコメディ。

まさに禁断。ブッダとイエスが人間界(立川)でバカンスをする宗教日常ギャグ漫画

ブッダとイエス・キリストが立川のアパートで日々を過ごすという掟破りのギャグ漫画。仏教とキリスト教の奇跡のコラボ。天使や悪魔、マーラなどを巻き込む奇跡だらけのコメディ。

聖☆おにいさん

© 聖☆おにいさん

海外では「こんな漫画作れるのは日本しかねーよ」「不敬だ」と賛否両論のギャグ漫画。よく出版社はGOしたなと。ブッダが金に細かいわ、イエスはだらしないわとやりたい放題。

またキリスト教と仏教を作者がかなり勉強しており、数々の伝承を使って全力でボケるというのがほんとニヤニヤします。正月とかに実家のこたつでダラダラ読みたいマンガNo.1。

 

5. 日常 / あらゐ けいいち(完結 / 全10巻)

あらすじ

妄想がふくらみがちな夢見る女子高生・ゆっこの回りにはロボやらヤギやら謎なものがいっぱい。今日も微妙にシュールな日常が始まります。

みずから「日常」を名のる「日常と非日常」が混在するギャグ漫画

時定高校を中心に繰り広げられる不条理な日常を描いたシュールなギャグ漫画。多くの登場人物が個性的で非常識であり、突飛な出来事や言動に翻弄される話が多い。

ロボっぽい女の子がいたり、「そんな日常ねえだろ」というような奇想天外な出来事も多々あるが読んでみると「日常漫画だわ・・・」となる不思議。サイレントな描写もおおく全体として非常にシュール。

 

6. パステル家族 / セイ(連載中)

あらすじ

「ご飯を家族で食べる」「友達とお出かけする」「みんなでゲームをする」――そんな当たり前な毎日が楽しく幸せです。
5人家族の明河原家と、個性豊かなキャラクターが送る日常コメディ!

全編カラーで描かれる日常コメディ!笑いもありつつ時々ジーンとくる日常漫画の最高峰

マンガアプリ「comico」の看板作品のひとつ。5人家族の明河原家を中心に、友人やご近所さん、親戚との日常を描いた作品。

パステル家族

© パステル家族

とにかく「心が温まる」のがパステル家族です。メインのキャラだけでなくサブキャラも掘り下げて一人一人に感情移入できます。日常漫画として読者である私たちが想像しているような作品なんだけどちゃんとおもしろい。変に奇をてらうこともなく、読者が「こうあってほしい」というストーリー展開をするので読んでいて非常に安心。

こういう悪人のいない世界というのはいいですね。子供が読んでも全然問題ないです。

オリジナル漫画を読むなら全話フルカラー読み放題のcomico!おすすめ作品や仕組みを徹底解説

 

7. ばらかもん / ヨシノサツキ(完結 / 全18巻)

あらすじ

とある島に移住生活をすることになった若きイケメン書道家・半田清舟。都会暮らししかしたことのないそのぼっちゃん先生が、(1)トラクターで公道をドライブ (2)自分のうちが中学生のたまり場になる (3)知人が玄関から入ってくれない…などの困難に立ち向かう、ほのぼのアイランドコメディ!!

伸び悩んだ書道家が離島での生活を通して成長していく日常漫画

とある島に移住生活をすることになった若きイケメン書道家・半田清舟。都会暮らししかしたことのないそのぼっちゃん先生が、離島ならではの人の温かさや理不尽、厚かましさ…などの困難に立ち向かうほのぼの作品。

ばらかもん

©ばらかもん

基本的にはギャグマンガです。よつばとやクレヨンしんちゃんなどのように老若男女のんびり読める作品ですがふいに泣かせる描写が出てきます。人の温かさにほっこり泣ける作品。

泣ける・感動するおすすめ漫画!さわやかに泣けるものから悲哀、男泣きなどいろんな泣ける漫画を厳選

 

8. セトウツミ / 此元和津也(完結 / 全8巻)

あらすじ

「この川で暇をつぶすだけのそんな青春があってもええんちゃうか」。 まったりゆったりしゃべるだけ。関西の男子高校生、瀬戸と内海のクールでナナメでシニカルな放課後トーク7編。

なにか夢中になるのだけが青春じゃない。川原でだべるだけの放課後がなんでこんなにおもしろいのか?

川辺で毎日1時間半の暇つぶしをする瀬戸と内海。少しあほで能天気な瀬戸と頭の回転が異常に早い内海の放課後トーク。

舞台でいうところの密室劇に近い(密室じゃないけど)。基本的に瀬戸と内海の会話だけで物語が進みます。とにかく軽快にトークが進むのでできのよい漫談を見てるようです。少しずつこの二人のトークにゲストのようにクラスメートや家族が加わりつつも場所は河原で固定。トークだけです。

セトウツミ

© セトウツミ

7巻までならよくできたギャグ漫画なんだけど、最終巻でガラガラっと印象が変わります。一つ一つのギャグも伏線になっておりグワーッって心を持っていかれます。1話1話の完成度の高さが異常。軽快なトークで物語が進む新感覚青春漫画です。

おすすめの青春漫画をまぶしいぐらいの熱血から日常のダラダラ系まで紹介

 

9. クレヨンしんちゃん / 臼井儀人(完結 / 全50巻)

あらすじ

“嵐を呼ぶ幼稚園児”、野原しんのすけ! あのおバカは永遠に止まらない!? お買い物好きの母ちゃん、ハイレグ&女子大生に弱い父ちゃん、幼稚園には風間くんやネネちゃん、激バトルが続く吉永&松坂先生もいて、毎日が大騒動! 嵐を呼びっぱなしの幼稚園児、しんちゃんの活躍ぶりをご覧ください!

日本一パワフルな5歳児!平静を代表する日常系ギャグ漫画はクレヨンしんちゃん

下品なアニメとして一時期はPTAからも嫌われていたクレヨンしんちゃん。今では国民的な作品として日本中から愛されていますよね。それだけに作者がお亡くなりになったときはショックでしたが…。

このクレヨンしんちゃん、アニメより原作は過激(特に前半と終盤)なので注意が必要。と言っても中盤は普通にアニメまんまだけど。我が家は漫画版のほうが好きで実家には全巻あります。(アニメは映画は好き)

注意

クレヨンしんちゃんは作家・臼井義人さんがお亡くなりになり50巻で完結しています。現在はお弟子さんが「新・クレヨンしんちゃん」として執筆中。絵に関しては文句なしです。

またクレヨンしんちゃんは青年コミックなので序盤は”性描写”などあるので子供に見せるときは要注意です!

 

10. 純情戦隊ヴァージニアス / 福岡太郎(連載中)

あらすじ

世界の平和を守るため、今日も戦う者たちがいる! 彼らの名は純情戦隊ヴァージニアス!! 彼らの力の源は「純潔である」こと。そんなヴァージニアスのレッドは33歳を迎えるおじさん! そして彼に恋するピンクは28歳、年齢詐称中!! 隊員の純潔を奪おうとする悪の軍団との戦いの行方は!? そして2人の恋はどこへ向かうのか―!? 拗れ、すれ違い、暴走する戦隊ラブコメ!!

ジャンプ+でコアファンが続出中の癖になるショートギャグ漫画

処女と童貞しかなれない純情戦隊ヴァージニアス。その中で無類の強さを誇るレッドは気が付けば33歳、ヒロインのピンクが自称16歳の実は28歳。強すぎるレッドを無力化(童貞を奪う)するために悪の軍団の戦いがはじまる。

純情戦隊ヴァージニアス

© 純情戦隊ヴァージニアス

とにかく33歳童貞のレッドの鉄壁&自虐がすごく笑えるし、ピンクが年齢詐称からどんどんドツボにはまっていくし、悪の軍団とはどんどん仲良くなるし日本一平和な戦隊漫画です。作者のナレーションがどんどんネタバレしていくのも最高。

「少年ジャンプ+」の使い方は?読むべきおすすめ漫画やコインの貯め方を徹底解説

 

11. それでも町は廻っている / 石黒正数(完結 / 全16巻)

あらすじ

人情あふれる丸子商店に存在するメイド喫茶(カフェではない)「シーサイド」。ありふれた町のちょっとおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられるドタバタ活劇!

ギャグ、日常、人情、美少女、SF…が奇跡的なバランスで成り立ってる作品です

普通の町のおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられる日常ドラマが「それでも町は廻っている」。日常漫画の中でも最高峰の作品だし、達観したようなメッセージ性があるように見えることも…。主人公の歩鳥は推理小説大好きな女の子でムードメーカー。歩鳥を中心に個性豊かな登場人物がバンバン出てきます。

それでも町は廻っている / 石黒正数

© それでも町は廻っている

日常、SF、萌え、ミステリー、ギャグすべてをぶち込んでさっぱり似こんだような作品でずっと読んでいられる。時系列がバラバラなので途中混乱することもありますが、それもあえて狙ってるとわかるので感動します。良い日常漫画はその日常が終わりに近づくときに強烈なノスタルジー感を出してくると僕は思ってるんですが、それ町のノスタルジー感は強烈。

 

12. 男子高校生の日常 / 山内泰延(完結 / 全7巻)

あらすじ

タダクニ、ヨシタケ、ヒデノリの3人組を中心に彼ら男子高校生たちのおバカな日々を描いた日常系ギャグ漫画。

世界一不毛な男子高校生のくだらない日常を描いたギャグマンガを読もう

実は珍しい「男子高校生」の日常を描いたギャグ漫画。日常系は女子高生が多い中で男子ならではのくだらなさと勢いを堪能できる本作。

男子高校生の日常

© 男子高校生の日常

誰とも戦わないし、スポーツも恋愛もしない。力を抜いて読めるし、なんなら吹き出しそうになるようなおもしろさもある。高校時代のくだらなさを思いだすもよし、男子ってほんとアホよねーをもう一回言うもよし。読んでも得るものはないが損もしないはずです。

男子高校生の日常を無料で読めるマンガアプリ

「男子高校生の日常」はガンガンONLINEで無料で読めます。この作品がマンガアプリでダラダラ読むのが良いかも。

ガンガンONLINE スクエニのオリジナル漫画を毎日複数配信

ガンガンONLINE スクエニのオリジナル漫画を毎日複数配信
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ

詳細はこちら

 

13. からかい上手の高木さん / 山本崇一朗(連載中)

MEMO

いっつもオレをからかってくる隣の席の高木さん。 だけど見ていろ、今日こそは必ず高木さんをからかって恥ずかしがらせてやる!!

この「からかい」はクセになる。万人受けするラブコメディー

隣の席でからかってくる美少女・高木さん。主人公の西村はなんとか高木さんをからかって恥ずかしい思いをさせようと試みるもいつも高木さんに一歩上をいかれてしまう…

からかい上手の高木さん

© からかい上手の高木さん

主人公が美女にからかわれてキュンキュンする漫画なんですけどキュンキュンぐあいが半端ない。私恋愛漫画とか苦手なんですけどこれはイケる。ニヤニヤしながら漫画を読みた人におすすめ。

白ハシ
並行してふたりの結婚後の生活を描く「からかい上手の元・高木さん」もやってます。なんというかニヤニヤが止まらないです

 

14. 惰性67% / 紙魚丸(連載中)

あらすじ

美術系の大学に通う、女子大学生・吉澤みなみ。彼女の住む部屋には、毎日友達が入り浸って…!?

リア充ってほどではないけれど、ソコソコ楽しい日常が、惰性でダラダラ続いていく。ちょっとエッチで小難しい、女子大学生お部屋コメディ、始まるよ。

これぞまさに惰性…なにもせずに1日が終わっていた大学時代を懐かしむだらけた青春

女子大生と男子大学生のダラダラした日常を描く「惰性67%」。ぬるい日常とほんのりエロい。4畳半で繰り広げられるダラダラしてちょっと下ネタな青春漫画。

惰性67%

© 惰性67%

おもしろい、おもしろくないでこの作品を評価すると「めちゃくちゃおもしろいわけじゃないんだけど、ダラダラ読んでいたい」というような漫画です。大学時代のあのダラけた日常。なんも充実していないあの日々がめちゃくちゃ貴重な時間だったなと懐かしくなる変なマンガです。

本当に一般漫画?1周回ってちょうど良いちょいエロいおすすめ漫画10選

 

15. ぐらんぶる / 井上堅二、吉岡公威(連載中)

あらすじ

海沿いの街で一人暮らしを始めた北原伊織は衝撃の大学デビューを果たす。出会ったのは美女とダイビング、そして愛すべき野郎ども! バカを描かせたら天下一品の井上堅二と、裸の若者を描く達人・吉岡公威が繰り出す、酒とノリがあふれる最高のキャンパスライフ!!

なんも考えずにただ笑えるギャグマンガ。こういうキャンパスライフに憧れ…ない!

海沿いの街の大学に進学した北原伊織(男)はスキューバダイビングのインストラクターを営む親戚の家に居候を開始。しかし、そこで出会ったのはとびっきりの美女とスキューバダイビングとお酒を愛し、ほぼ全裸の男たちだった…。

ぐらんぶる

© ぐらんぶる

この作品は感想を書くのがあほらしくなるのですが…コンプライアンス的なことを言うと未成年なのに酒飲んでるし、全裸だし、セクハラだし、アルハラだし…なスキューバダイビングを生業とするサークルの活動を描いた青春キャンパスライフ漫画です。大学時代に激しめの飲みサークルに入っていた人はなつかしくなるでしょう。あの飲み会の全力でくだらなくてその場にいる奴らしか面白くない感じをここまで漫画にできるのかと感動します。

もちろんスキューバの魅力も十分感じれる期待のギャグ漫画です。

 

まとめ

特別に大きな山もなく、淡々と日々のことをつづるおすすめの「日常漫画」を紹介しました。このジャンルは非常に裾野が広く、目立たないけどおもしろい作品も多く存在します。

ちょっと疲れてるときなどに日常漫画を手に取ってもよいのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus