読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

おすすめ野球漫画をランキング形式で紹介してみる

COMIC COMIC-おすすめマンガ

いつまでたっても甲子園球児が歳上に見える僕です。

 

僕はスポーツは見るのもするのも好きなのですが、唯一野球だけは見る専門です。特に漫画(←おい)。こういう記事を書くとなんJ民に怒られそうですが僕の好きな野球漫画でランキングトップ10とかやってみようかなと思います。

 

ちなみに

www.kokoro-fire.com

こんな記事書いてるぐらいなのであだち充たくさんエントリーしてます。しょうがないです、好きなんだもの。また、野球漫画ってめちゃくちゃ多いので読めていないものもありますし、名作でもランキングに入れていないのもたくさんあるけどそれは個人の趣味ということで。

 

 

第10位 MAJOR / 満田拓哉

 5歳から物語が始まり、最終話の時点で34歳になる設定のため、実質的に主人公・茂野吾郎の 半生記を描いた作品となっている。なお成長に応じて吾郎の所属チームは変遷するが、吾郎がその情熱でチームメイトの心を動かし、チームが一丸となって前進 していくのが本作の基本的なスタイルと言える。

僕が知るかぎり最も怪我が多い主人公です。てか長い。78巻。5歳から34歳まで描いてるしね。半生ですよ。けど野球の展開は燃えます。熱い。特に高校野球編が面白いですが長すぎるのでMangaoneでコツコツ見ることをオススメします。あ、ちなみに息子のMAJOR 2が始まりました、、、どんだけ続くんやw

 

 

第9位 おおきく振りかぶって / ひぐちアサ

 

監督は女性、選手は全員1年生。県立西浦高校の新設野球部に集まった10人の選手たちは、弱気で卑屈な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す!!

女性が書いているという珍しい野球漫画。描写が細かく、だからこそそこに感情移入できる作品でもあります。女性もとっつきやすいかも。

 

第8位 クロスゲーム / あだち充

 

主人公はスポーツ用品店・キタムラスポーツの一人息子である樹多村 光(以下「コウ」と記述)。近所のバッティングセンターを営む月島家とは、家族ぐるみの付き合いで、次女で同い年の若葉とは特に親しかったが、その反面三女の青葉とは犬猿の仲だった。

初めは野球に興味がなかったコウだが、青葉の投球フォームを見て憧れ、人知れずトレーニングしていた。

あだち充漫画最強の怪物コウ。また珍しく最強のバッターがチームメイトっていう作品でもあります。ただこの漫画はあだち充漫画最強のツンデレ青葉とコウの関係を見守るということに尽きるでしょう。

 

第7位 ROOKIES / 森田まさのり

 

二子玉川学園高校にやってきた新任教師・川藤幸一! その熱血漢ぶりは、担任クラスでも好感を持って受け入れられる。やがて不良の巣窟となっていた野球部再建に着手するが、猛反発する部員から、川藤が前の学校で“暴力教師”として学校を辞めた事を暴露されてしまった…!!  

ちょうどGTOが始まった頃に連載されたので教師物かと思ったら野球漫画でした。川籐の熱血もいいけど、野球部が少しずつ更生して強くなっていく過程が面白い。

 

第6位 わたるがぴゅん! / なかいま強

 

沖縄から東和台中学に転校してきた与那覇わたる。イタズラ好きで勝手気まま、喧嘩っ早いが運動神経は抜群!そんなわたるが野球部に入ることになった。型破りな野球少年わたるの活躍が始まる! 

断言できるのは最も「面白い」野球漫画であるということ。笑えるという意味です。わうたるもむちゃくちゃだけど、超パワフルで馬鹿なガッパイ(頭の後ろが異常にでかい。フリーザの第2形態みたいな)を以下にノセて戦うかみたいな展開も最高に笑えます。ガッパイvsタッチュー(頭が尖っている)の戦いは腹筋崩壊レベル。

 

第5位 最強!都立あおい坂高校野球部

 

「鈴ねえを甲子園に連れてってやる!」という6年前の誓いを胸に、都立あおい坂高校に入学した北大路輝太郎。かつて誓いを立てた仲間たちと共に、超弱小チームが高校野球史に伝説を刻む!!  

最近マンガワンのアプリで一気読みした野球漫画。

 

www.kokoro-fire.com

 

あまり野球漫画のスレとかでも出てこないけど過小評価されてると思う。僕みたいに涙腺がゆるゆるのオッサンはうるうるしながら読みました。

 

第4位 ストッパー毒島

 

抜きんでた才能を持ちながら、ある事件がきっかけでで退学になってしまった男毒島大広。そんな毒島を中学校の頃から見ていたパ・リーグの弱小球団、「景品アスレチックス」のスカウトの働きかけによ8位指名を受ける。

自慢の剛速球で入団を渋る周囲の人間を黙らせた毒島は、プロ野球として生活を始める事となる…。

実在するプロ野球選手&チームと戦うので当時の野球ファンは堪らなかったんじゃないかな。世界一可愛くないマスコット「チック君」やキャッチャー佐世保、メイクミラクルのペナントレースなど盛り上げに盛り上げます。巻数もそんなに多くないので漫画喫茶とかで読むには最適。

 

第3位 タッチ

 

上杉達也と和也は双子(一卵性)だが、周囲の評価は真逆である。馬鹿兄貴と評されるグータラでいい加減な兄・達也。勉強運動共に出来、真面目で格好良くモテる弟・和也。隣に住む二人の幼馴染・浅倉南も、和也同様、才色兼備なことから、達也の駄目さ加減が際立っている。

南を一途に想う和也は、南との「甲子園に連れて行って」という約束を叶えるために野球に打ち込む。

もう軽くネタバレというか皆知ってる前提で書くけど、和也が死んで達也が野球部に入ってからの成長が見所。ぐうたらだったのに努力する達也がぐうカッコイイ。また途中から鬼監督来るんだけど後半の見所は完全に鬼監督と達也の師弟関係。ラストの須美高戦は野球漫画で一番好き。

続編のMIXもあだち充ワールド全開

 

第2位 ONE OUTS / 甲斐谷忍

 

プロ野球チーム「埼京彩珠リカオンズ」の児島弘道は、実力はありながらも一度も優勝をしたことがないという不運の天才打者。優勝するために必要な何かを探すためシーズンオフに沖縄で自主トレーニングに励んでいた。そこで児島は賭野球「ワンナウト」で無敗を誇るピッチャー、天才勝負師渡久地東亜と出会う。

二度のワンナウト勝負の末、捨て身で勝利をもぎ取った児島は、東亜にリカオンズ優勝への光明を見出しチームにスカウト。そしてこの東亜の入団が、万年Bクラスの弱小球団「埼京彩珠リカオンズ」の運命を大きく変えていくことになる。

ライアーゲームでお馴染み甲斐谷忍の野球漫画。数年前に読んで衝撃を受けた。1アウト500万、1点取られると-5000万という究極の歩合で契約した渡久地が悪魔の頭脳で敵球団をカモる。野球のルールを逆手に取った頭脳戦とかマジで痺れるので是非。

 

第1位 H2 / あだち充

 

ライバルであり、親友でもある国見比呂と橘英雄。甲子園をめざす2人の“ヒーロー”に、ひかりと春華の想いが交錯する…。正統派スポーツ&ラブストーリー。  

あだち充の「野球漫画」としては1番好きなのはH2。H2の面白いところは野球部がない千川高校でのチーム作りに始まり、ライバルと最初から最後までたたかいつづけるところ。1巻から最終巻までライバル(比呂と英雄)を軸に話が進む。しかも3年間。テンポもいいし間延びせず読める最高の野球漫画。

 

漫画を安く楽しむ方法

Kindleの普及で電子書籍で漫画を楽しむ方も増えたと思います。Amazonプライム会員になってますか?最近は音楽や映画も充実していますが実はKindle書籍が毎月1冊無料です。Amazonヘビーユーザーはプライム会員になっておくことをおすすめします。

LINK毎月Kindle本を無料で1冊よむならこちら

 

もしくはレンタルがおすすめ。最近は電子書籍もレンタルはじまっております。1回しか読まない人とかはこちらがおすすめ。

LINKマンガはオンラインコミックで【100円】レンタル、電子貸本Renta!

 

おすすめ記事

LINKおすすめ漫画をジャンル別で紹介!当ブログで書いてきた記事をまとめました

LINKバスケ歴20年の僕がおすすめする厳選バスケマンガ

LINKおすすめ西森博之作品!!「今日から俺は!!」「天使な小生意気」など

LINK小学館の「MangaONE」はチェックすべき神アプリ

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.