読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

近未来や宇宙に思いを馳せるおすすめSF漫画

COMIC COMIC-おすすめマンガ

シルバーウィーク雨ばっかりですね。かくいう私も週末に国内旅行を控えており何かの間違いで晴れないかなと祈っているんですけど現状厳しそうです。ちょっとした外出も雨で控えるという人も多いと思うんですよね。

 

そんな時はマンガだ。どうせ外に行けないならマンガの中くらい宇宙に行ってしまえということでSFマンガのおすすめを紹介します。

 

そもそもSFとは「科学が進んだ未来の社会とか宇宙とかを舞台とする、空想的な小説など」を指すようでして「サイエンス・フィクション」の略のようです。まあ、科学的なバックボーンがしっかりしていない作品の場合は「サイエンス・ファンタジー」ともいうようですけど。あまり厳密に定義すると自分の首を絞めることになるので、ざっくり「宇宙」「近未来」「ミュータント」「サイキック(超能力)」などを設定に盛り込んだものを中心に定番の作品多めで紹介していきます。

 

連載中のおすすめSF漫画

現在連載中のSF漫画です。めちゃくちゃ面白いんですが、続きが気になるけどまたないといけないという弱点あり。

 

① 『イムリ』 / 三宅 乱丈 

イムリ 1<イムリ> (ビームコミックス)

去年一番夢中になって読んだSF漫画はこの『イムリ』です。『イムリ』は支配民族「カーマ」、不思議な能力を持つ「イムリ」、カーマの奴隷であるがかつては星を支配していた「イコル」の3つの民族を中心に物語は進みます。

 

f:id:defender_21:20161009220203p:plain

とにかく設定命の作品で、2巻ぐらいまではこの世界の設定をゆっくり理解していく感じで6巻ぐらいから爆発的に面白くなります。私は続きが気になりすぎて徹夜で読んで翌日体調崩しました。のめり込み注意のTHE SF漫画。

 

LINKSFファンタジー漫画『イムリ』は一度読んだらやめられない止まらない極上のエンターテイメント

 

② 『預言者ピッピ』 / 地下沢中也

預言者ピッピ1 (CUE COMICS)

地震を予知するために作られた超頭脳のロボット「ピッピ」が親友の死をきっかけに覚醒し、人類の未来をすべて計算しつくしすっていう話。

f:id:defender_21:20161009220312j:plain

ただこのままこのピッピを軸に社会の混乱を描くのかなと思いつつ…正体不明の悪魔?みたいなのも出てきて今後どうなるか全然先が読めない。

 

③ 『宇宙兄弟』 / 小山宙哉

 

宇宙兄弟 オールカラー版(1) (モーニングコミックス)

先に宇宙飛行士になった弟をおいかけ兄も宇宙飛行士を目指す。兄のストーリーはまずは宇宙飛行士を目指すテスト→トレーニング中心で、弟は先に月に行くまでを並行して進める。日々人と宇宙事故のシーンが手に汗を握る展開でマンガ史上でも屈指の出来だと思う。あそこで一気にファンを増やしたんじゃないかなと。

 

人間関係のドラマや、要所要所に挟むギャグが面白い。

 

④ 『彼方のアストラ』 / 篠原健太

彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

宇宙への往来が当たり前になった近未来で高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つも事故みたいなものに巻き込まれ、一つの宇宙船と9人の学生で生き抜くことを決意するサバイバルSF。

ジャンプ+で連載している『スケットダンス』作者の新作。『スケットダンス』のギャグ回とシリアス回のノリはそのままって感じです。 

LINKジャンプ作品を無料で読むなら「ジャンプ+」がおすすめ 

 

⑤ 『ワールドトリガー』 / 葦原大介

ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

リリエンタール作者の葦原大介がついにブレイクした作品『ワールドトリガー』。異世界からの侵略に「トリガー」という兵器(能力?)を使って戦うというストーリー。ありがちな能力バトルに「チーム戦」という要素を加えているので戦略性を楽しむ作品でもあります。

とにかく登場人物が多いのも特徴。なので異世界から侵略が来るときには場面展開もめちゃくちゃ多いし、日ごろはチーム戦で争ってる隊員同士が即席タッグを組んだりとワクワク展開あり。

 

⑥  『MOONLIGHT MILE』 / 太田垣康男

MOONLIGHT MILE(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

世界最高峰の山を次々に制圧してきた日本人・吾郎とアメリカ人・ロストマンがヘリウム3を求める世界の動きに呼応し月を目指す。この冒険心をくすぐる展開にのめり込むこと間違いない。吾郎とロスと漫画それぞれの立場から月を目指して突き進む。

 

第2部から一気にSF要素が強くなるので若干戸惑うかも。現在は休止しており再開が待たれるところ。 

  

完結済みのおすすめSF漫画 

一気読みするならやっぱり完結作品が一番。ということで完結済みのSF漫画の名作を紹介します。 

 

① 『レベルE』 / 冨樫義博

レベルE 上 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼才・冨樫が終始悪ふざけをしたらこうなるというような見本。山形を舞台にオカルト的な要素の強い、宇宙人を題材としたSF作品。地球にやって来たドグラ星のバカ王子が暇つぶしに起こす悪ふざけを軸とした物語がオムニバス形式で展開され1話1話の完成度が高い。

幽遊白書の後半の雰囲気を引き継ぎつつ、ハンターハンターへ繋がるネタもあり。上下巻(当時は全3巻)と短いがネタを変えれば永遠に続けられそうな作品だけどその前にハンターハンターをなんとかしてくれ。 

 

② 『新世紀エヴァンゲリオン』 / 貞本 義行

新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース)

昨年の超激安SALEの時に購入したエヴァ。人類の新たな危機である「使徒」と使徒に対抗するロボット「エバンゲリオン」+そのパイロットの戦いを描いた誰もが知ってる作品ですね。

アニメも結構ハマったんですけど、漫画版も面白かったです。漫画版はじっくり読めるのがいいですね。アニメと少し違うオチも悪くない。  

 

③ 『ARMS』 / 皆川亮二,七月鏡一

ARMS(1) (少年サンデーコミックス)

体の一部分に金属生命体を移植された少年少女が国家より力を持つエグリゴリという謎の組織に追われながらも反撃するというハートフル厨二ハードボイルド作品。中高時代一番ハマった作品だわ笑。 

f:id:defender_21:20161009221726j:plain

序盤から伏線はりまくりで謎が少しずつとけていく感じが半端無く面白いです。終盤のARMS覚醒シーンは鳥肌モノ。

LINK皆川亮二作品を好きすぎるので魅力を全力で紹介する

 

④ 『トライガン』 / 内藤泰弘

トライガン(1) (ヤングキングコミックス)

7都市のひとつを灰に変え、600億$の賞金首として手配された伝説のガンマン、ヴァッシュ・ザ・スタンピードとそれを追う賞金稼ぎや悪党諸々を巻き込んだSF大作。序盤はハートフルな感じもするけど後半は全然ちがう。ちなみに、不殺主人公の中で一番好きかもしれないヴァッシュ。ござるの人にも見習ってほしい笑。

最初は絵がよくわからなくて「過大評価されてるかも?」って思ってたけど中盤から後半にかけての盛り上がりはとにかくヤバイ。相棒のウルフウッドがかっこ良すぎて……これ以上言えない。序盤は我慢して読みましょう。

 

上の「トライガン」が序章って感じで↓の「トライガン・マキシマム」が本編って感じです。 

 

⑤ 『AKIRA』 / 大友 克洋

AKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

第3次世界大戦から38年後のネオ東京を舞台に不良・金田が超能力に目覚めた鉄男ととんでもない力を持つアキラを巡って戦うSFアクション。

f:id:defender_21:20160408151053j:plain

映画もすばらしいですけどAKIRAはやっぱり漫画が最強だと思う。映画の尺に収まらないぐらい世界観が広がっていくのでかなりハマルと思います。鉄男の帝王ぶり、アキラという絶対的な力、それに立ち向かうカリスマ・金田。日本SF最高峰の作品を未読なら是非。金田かっこよすぎる。

 

⑥ 『攻殻機動隊 -THE GHOST IN THE SHELL- 』/ 士郎正宗

攻殻機動隊(1) (ヤングマガジンコミックス)

西暦2029年。通信ネットワークに覆われ、膨大な情報が世界を駆け巡っている超高度情報化社会のより複雑化していく犯罪に対抗すべく結成された特殊部隊「攻殻機動隊」の活躍を描く。

かなりの情報量を詰め込んだ作品で欄外にまでびっしり設定の補足がありかなり難解です。 最近Kindle化したので未読の方は一読の価値あり。

 

⑦ 『銃夢』 / 木城ゆきと

銃夢(1)

空中都市ザレムが全てを支配する世界でスクラップの中から再生された少女ガリィが自身のルーツを求め戦いに日々を送る。

かなり練られた設定と高い画力で表現されるこのサイバーパンクな世界はかなりのめりこむことができると思います。続編というかパラレル?として『銃夢LastOrder』とおそらく最終章(ガリィの幼少期を描いてる)でもある『銃夢 火星戦記』があり。

 

 

火星戦記は絵柄に若干戸惑っています。 

 

⑧ 『新世界より』 / 貴志祐介,及川徹

新世界より(1) (週刊少年マガジンコミックス)

小説「新世界より」のコミカライズ版。全8巻。

1000年後の日本、神の力「呪力」の鍛錬に励む子供達とそれを見守る優しい大人達。それは、完璧なまでに美しき人類の理想郷だった…ように思えたが。

 

f:id:defender_21:20160928000839j:plain

とりあえず少しエロいです。小説もエロイんだけど、絵にすると「ほう…」となります。ただ小説版の内容を少しダイジェストにしてるので好みがわかれるところではありますが、絵の持つ情報量はすごいのでかなりスピーディーに読めるのはあり。 

 

⑨ 『寄生獣』 / 岩明均

寄生獣 フルカラー版(1) (アフタヌーンコミックス)

ある日突然、空から人知れず多数の正体不明の生物が飛来し、人間に寄生。寄生された人間は擬態し同種を捕食するという性質を持つ。主人公は運よく頭部の寄生を避け、パラサイトとの奇妙共同生活を始めるという作品です。

f:id:defender_21:20161009220952g:plain

名作マンガをあげるスレで推薦されすぎて超有名になってしまった寄生獣。人と寄生獣の間で揺れ動く主人公、主人公への寄生に失敗し右手を乗っ取ったパラサイト。種族の違う主人公とパラサイトの奇妙な共同生活からパラサイトとの戦い、人とパラサイトの間での葛藤など見所たくさんです。グロ描写あるのでそこだけは注意。  

 

⑩ 『All You Need Is Kill』/ 桜坂洋,竹内良輔,安倍吉俊,小畑健

All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

異星人が送りこんだ「ギタイ」と呼ばれる敵に襲撃を受ける地球。主人公キリヤ・ケイジは、ギタイと戦う初年兵として入隊するが絶望的な戦場へと送り込まれ、そこで圧倒的な戦闘力を持っている若き少女兵士リタ・ヴラタスキと出会うって話。

 

f:id:defender_21:20161009221218p:plain

いわゆるループ物で毎回戦で死ぬと同じ日に戻るという特徴を活かしどんどん強くなる主人公と同じように強いリタがどうなるのか?というのが気になります。全2巻と短いながらもしっかり作りこまれており、何より小畑さん作画なので絵がヤバイ。 

 

⑪ 『大長編ドラえもん のび太の宇宙開拓史』 / 藤子・F・不二雄

大長編ドラえもん2 のび太の宇宙開拓史 (てんとう虫コミックス)

ドラえもんの大長編ほど1巻にきっちり詰め込めている作品って無いんじゃないかな。心が疲れている時に読みたくなります。大長編ドラえもんは見てる方が完全に安心して見れる数少ない作品だと思います。

友情、冒険、そして出会いと別れを盛り込み1巻とは思えない読みごたえを備えた完璧な作品。最近少しずつKindle化しているようです。とくにこの『宇宙開拓史』はSFとしても名作。のび太かっこいいぜ。

 

⑫ 『PLUTO』 / 浦沢 直樹

PLUTO (1) (ビッグコミックス)

手塚治虫の鉄腕アトム「地上最大のロボット」をもとに浦沢直樹がリメイクした傑作。人間とロボットが共生するようになった時代でスイス最強のロボット、モンブランが殺され事件をドイツの高性能刑事ロボット、ゲジヒトが捜査を進める。

f:id:defender_21:20161009221422j:plain

鉄腕アトムも浦沢直樹の手にかかればサスペンスになる。浦沢作品数あれど一番好きかもしれない。

 

⑬ 『AQUA』『ARIA』 / 天野こずえ

ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 1 (BLADE COMICS)

日常&青春漫画っぽいんですけど火星をテラフォーミングした作品なのでSFといえばSFでしょう。惑星改造により生まれた水の惑星「アクア」。その観光都市ネオ・ヴェネツィアでゴンドラを操りウンディーネと呼ばれる水先案内人を目指す少女の話。

注目して欲しいのは絵の美しさと物語に不純物が一切混じっていな清らかさ。心の汚れたおじさんが見てもぐっとくる美しい作品です。アニメも素晴らしい。

 

f:id:defender_21:20161009221543j:plain

『ARIA』というタイトルが有名ですが『AQUA』→『ARIA』ですので間違えなく。

 

⑭ 『EDEN』 / 遠藤浩輝

EDEN(1) (アフタヌーンコミックス)

正体不明の硬質化ウイルスにより世界人口の15%を失った人類の20年後を描く。

結構ぐろい描写も多く、主人公も失敗に失敗を重ね苦悩し続けるので賛否分かれる作品。まー、人もいっぱい死ぬし、ちょっときついとこもありつつ続きが気になるので読んでしまうのは作品の力なのかな…

 

⑮ 『プラネテス』 /  幸村誠

プラネテス(1) (モーニングコミックス)

宇宙開発を進め資源開発が商業規模で行われている2070年代が舞台。しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリが社会問題となっており、主人公のハチマキの仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業をしながら、いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みているっていう話。

f:id:defender_21:20160611212024j:plain

狂おしいほど好きな漫画。個人的に宇宙漫画の中で一番好き。誰もが持っている「遠くに行きたい」という願望や愛する人と一緒にいたいという気持ちとか痛いほどわかる。そしてラストが素晴らしすぎて読み終わった後ぼーっとした。

ちなみにこの作品はアニメも素晴らしい出来。漫画の設定をうまく使いストーリーは大きく変えている。またアニメのラストも漫画の中でも屈指の名シーンを使っており悶絶モノです。 漫画もアニメも是非見て欲しい! 

 

まとめ 

SF面白いけど、読んだ後のあのどっとした疲れはなんなんだろう笑。 随時作品は追加していきます。

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.