最新マンガアプリランキング2018

漫画「銀魂」を全話無料で読むなら「銀魂公式アプリ」で読めばいいじゃない

週刊少年ジャンプの人気かつ長期連載作品でもある「銀魂」。実写化もされますます勢いに乗っておりますが、この「銀魂」の原作漫画を無料で読めるマンガアプリで「銀魂 公式連載アプリ」というものがありました。

この「銀魂 公式連載アプリ」一度運営をストップしていたのですが2018年8月17日に完全に生まれ変わって再リリースされました。「銀魂」好きだけど巻数多すぎですからね。なかなか買えませんよね。そんな読者に非常におすすめなアプリです。

>> 裏ワザもCHECK!! 「銀魂」を40巻以上無料でイッキ読みする方法

 

漫画アプリはこちらの記事にまとめてます。かなりお得に使えるので是非確認してみてください。

おすすめマンガアプリランキング2018!新作、名作、オリジナル漫画を無料で読破

 

全話無料で読める「銀魂公式アプリ」がフルリニューアルして再登場!

銀魂公式アプリ
銀魂公式アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

銀魂の公式アプリがより使いやすくなって帰ってきました。まんが村使わなくても全話無料で読めますよ。

「銀魂」はこういう作品

あらすじ

江戸では、突如宙から舞い降りた異人「天人」の台頭と廃刀令により侍が衰退の一途をたどっていた。しかし一人、侍の魂を堅持する男が…。その名は坂田銀時。甘党&無鉄砲なこの男が、腐った江戸を一刀両断…するかも!?

めちゃくちゃごちゃっとした作品なので説明しづらいんですが、サムライの世界観とSF要素を組み合わせたドタバタコメディのようなものです。時代設定は現代のようでサムライがいるし、コメディだけでなくかなりシリアスな展開もあります。2018年8月現在74巻まで刊行中。超長期連載。

 

「銀魂公式アプリ」はどんなアプリ?アップデートしてどう変わったの?特徴を解説

では「銀魂公式アプリ」のシステムの特徴をマンガアプリソムリエでもあるわたくしが解説します。もちろん無料で全巻読めるとはいえ「無制限」ではないですよ。そこは集英社もビジネスなので。

また以前の「銀魂 公式連載アプリ」を使ってた人にもわかりやすくどこが変わったかも補足していきます。

特徴①コミックだけじゃない。カラーコミック、ノベル、アニメも見れるように進化

「銀魂公式アプリ」の取り扱いコンテンツ

コンテンツがパワーアップ

「銀魂公式アプリ」は原作漫画を「モノクロ or カラー」で読むことができるだけでなく「ノベル」「アニメ」も一つのアプリで楽しめるように進化しました。マンガアプリというより銀魂の世界観を楽しめるファンアプリと言ってもいいかもしれません。

ちなみに集英社はどうようのマンガアプリをジョジョでも出しています。ジョジョ好きはこちらもチェック。

「ジョジョの奇妙な冒険 公式アプリ」でジョジョを1部から8部まで全話無料で読破しよう

カラー版が読めるのはかなり良いですね。

「銀魂公式アプリ」のカラーとモノクロの比較

カラーはやっぱりわかりやすい

ちなみにカラーもモノクロも1話当たりに使う料金は同じです。

「銀魂公式アプリ」カラーとモノクロの料金比較

カラーもモノクロも1話読むのに銀貨40枚

ここがパワーアップ
  • これまで:原作漫画のみ
  • これから:原作漫画+カラー版、ノベル、アニメ

特徴② 最新刊まで全話無料で読むことができる

最大の特徴が最新刊まで全話無料開放されているということです。74巻まで出ているので約3万円分タダで読めます。

アプリで全話無料で読める超有名マンガ15選。総額40万円分のマンガを紹介

しかも1話目から読まないといけないというわけではなく好きなところから読めます。これが滅茶苦茶よい。「銀魂」は後半はかなり長編のストーリーが続きます。かなり盛り上がった部分でもありますがここだけ読むとかもできるわけです。素晴らしいです。

注意

モノクロ版は74巻まで無料開放されていますがカラー版は現在17巻までです。

特徴③ ポイントシステムがわかりやすくなった。1日2話分のポイントがもらえる

「銀魂公式アプリ」の前身でもあった「銀魂 公式連載アプリ」はかなり複雑なポイントシステムを採用していてました。ジャンプ+との連動だったり、1週間で1巻読めるだったり。最初はいい仕組みだと思っていましたが他のマンガアプリと仕組みが微妙に異なるのでなかなか慣れずに次第に使わなくなっていきました。マンガアプリのポイントシステムはわかりやすさが超重要なんです。

銀魂が採用したポイントシステムはこんな感じ。

種類 特徴 用途
銀貨 毎日8時と20時に40枚回復するフリーポイント。
金貨の購入でボーナスとして手に入れることも可能
漫画、ノベル
金貨 購入でのみ手に入れることが可能 漫画、ノベル、アニメ

銀貨のシステムがかなりわかりやすくなっています。銀貨はいわゆるサービス利用(サイト登録など)でも手に入れることが可能です。

ちなみに金貨1枚=1円という感じです。多く買えば買うほど銀貨のおまけつき。

金貨120枚 120円
金貨480枚 480円
金貨960枚
銀貨40枚おまけ
960円
金貨2200枚
銀貨120枚おまけ
2200円
金貨3800枚
銀貨120枚おまけ
3800円
金貨5000枚
銀貨440枚おまけ
5000円
金貨9800枚
銀貨880枚
9800円

 

(裏ワザ) 銀魂をイッキ読みしたいなら一緒に「マンガBANG!」を使うべし

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料読み放題-
マンガBANG!-人気漫画が全巻無料読み放題-
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted with アプリーチ

銀魂最終回に合わせてマンガBANG!でも銀魂が期間限定で読めるようになりました。9/24までの期間限定です。

マンガBANG!でも銀魂が読める

新着作品に銀魂が!

銀魂公式アプリは1日2話アプリがなくなるまでずっと利用できます。マンガBANG!は期間限定ですが9/24まで1日8話読めます(動画など使えば10話以上読めます)。期間限定期間は銀魂公式アプリとマンガBANG!をつかうことでおそらく40巻以上は無料で読めます。急げ

「マンガBANG!」は暇つぶしに最適なマンガアプリ!特徴と全巻無料で読める作品を徹底解説

 

「銀魂公式アプリ」は何で無料なの?危なくないの?

こういう「無料」って聞くと危ないとか思うかもしれませんがちゃんと集英社も狙いがあってやっているので下種の勘繰りをしていきます。

① 長期連載は新規読者を獲得しづらい

無料アプリをだしている作品は「ワンピース」 「NARUTO」そして「銀魂」。他社では「コナン」も出ていますが、人気作の宿命ゆえ連載が10年以上続いています。こうなってくると昔の読者はジャンプと一緒に卒業していくし、新規の読者は巻数が多すぎて揃えられない。

そういう読者の救済措置が「無料アプリ」なのではないでしょうか? しかも毎週1巻無料で提供しても1年は引っ張れますからね。毎週見てればもはやファンでしょ。

② 顧客管理をしたい

雑誌という紙媒体にできなくてアプリといった電子でできることが「顧客管理」です。今までは誰が何冊買ったとか集英社側は把握できていませんでしたからね。

顧客管理を無料アプリをベースにユーザー登録させることで、「このIDはジャンプを毎週購読している」「電子で課金している」「電子で単行本を買ってくれている」というようにマーケティングに使えるということです。素晴らしいですね。

③ 「課金」ビジネスへのチャレンジ

出版業界冬の時代なんて言われてますけど、書籍売れなくなっていますよね。ゲームはいち早くソーシャルゲームに移行していますけど、書籍もあたらしいビジネスに挑戦したい。なんといっても良いコンテンツが有るんだから。

アプリユーザーにスポンサー企業のサイト登録やアプリDLによるリワード広告やユーザー課金を促す仕組みを提供しながら新しいビジネスモデルを模索ということでしょう。これは出版業界が今までできなかったビジネスモデル。そして普段単行本を買わない人がこういうお金を落としてくれるなら今まで無い収益源ですからね。  

 

「実写映画&ドラマ」「アニメ」銀魂を堪能するならdTVは必須

dtv / ドラマ銀魂2ギャグ祭り

ドラマ銀魂2ギャグ祭り開催中

dTVでは映画と同じキャストでオリジナルの実写ドラマを放送したり、アニメ版銀魂が見放題だったりします。アプリのアニメは課金しないといけないですがdTVは初回31日間無料なのでこっちのほうがお得です。

おすすめポイント

・TVアニメ「銀魂」シリーズ(第1話~第316話)
・2017年公開映画 『銀魂』 8/20~6か月間見放題
・dTVオリジナルドラマ 銀魂屈指の泣けるエピソード「銀魂-ミツバ篇-」
・dTVオリジナル 人気エピソードを厳選!「ムービーコミック銀魂」

初回31日間無料で利用可能

 

まとめ

集英社はこういう動きが早くていいですね。既存の単行本とのビジネスバランスを取りながらユーザー還元できる仕組みをどんどん考えて欲しいですね。 あ、銀魂自体のチョイスも素晴らしいです。長期連載なので過去の内容いい感じに忘れてるし、今のクライマックス面白いので思い出す意味でもナイスです。

銀魂公式アプリ
銀魂公式アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

▼ この記事もチェック

少年ジャンプ歴25年の僕が選ぶおすすめジャンプ漫画!!連載中の作品から黄金期の名作まで厳選紹介 「少年ジャンプ+」の使い方は?読むべきおすすめ漫画やコインの貯め方を徹底解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus