読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

『PSYREN』とかいう看板になりそこねた打ち切り漫画を一気読みした

COMIC COMIC-おすすめマンガ

普段アプリでちょろちょろ漫画を読んでいるんですけど、ジャンプのコミックアプリで時々「3巻まで無料」みたいなキャンペーンをやっております。

 

www.kokoro-fire.com

 

そこで今回『PSYREN』という漫画を3巻まで試し読みしたんですけど、辛抱たまらんってなってKindleで全巻まとめ買いして土日に読みふけっていました。

 

これが中々面白いんですけど、手放しでべた褒めするようなものでもなくてなんというか勿体無い感じがすごいんですよ。看板になりそこねた漫画ってこういうのかなーって。

 

今回一気読みする前の『PSYREN』の印象

一度はジャンプで読んでるのでストーリーとかはなんとなく覚えてたし、序盤の展開も覚えてました。連載開始した当時は「劣化GANTZ」という巷の評判と同じような感想を持っていました。まあ、その『GANTZ』が劣化したのでなんとも言えないんですけど……

 

で、ラストの1コマもなんか覚えてたんですけど、中間がぽっかり抜けてる。最初と最後(の1コマ)は覚えてるけどどんな展開だったか全然覚えてなくて。みして思い出したとこも少しはあるけど「あ、こんな話だったんだ-」ってなるぐらい印象になかった。

 

www.kokoro-fire.com

 

こういう記事書いてるんですけど入れてないしね。

 

『PSYREN』とは

PSYREN -サイレン-』は、岩代俊明による作品。荒廃した未来の日本と、現代の日本とを行き来する謎のゲーム「PSYREN(サイレン)」に巻き込まれた主人公の少年・夜科アゲハが、幼馴染の雨宮桜子らと共にゲームを進めながら、ゲームの謎や未来の世界が荒廃した理由を突き止め、世界を崩壊に導いた組織と戦う姿を描く。 

全16巻あるので打ち切りとは言わないかもしれませんが、終盤駆け足で終わるところから打ち切り感出てますし、当時のアシスタントがTwitterで「予定より早く終わった」みたいにリークしたらしい打ち切りだったんでしょう。

 

あらすじ

作中における西暦2008年の6月某日、主人公・夜科(よしな)アゲハは、「PSYЯEN」と書かれた赤いテレホンカードを手に入れる。その後、赤 いテレホンカードで謎の世界・サイレンに行けるという都市伝説に幼馴染の雨宮桜子が関わり、失踪したことを知る。雨宮を探すため、アゲハは赤いテレホンカードを使用してサイレン世界へ行く。サイレン世界でアゲハは、同じく赤 いテレホンカードでサイレン世界に来た人々と出会うが、突如現れた禁人種(タヴー)とよばれる怪物に襲われ、人々は次々と殺害されていった。そのような状 況でアゲハは雨宮と再会し、禁人種を倒して命からがらサイレン世界から脱出した。

脱出後、サイレン世界に行ったことでアゲハは超能力・PSIが使えるようになり、また、雨宮からサイレン世界が「文明が崩壊した未来の地球」であることを知らされる。世界崩壊の原因を突き止めるため、アゲハ達は現代と未来で調査を開始する。そして、世界滅亡の原因が、謎の隕石・ウロボロスと超能力集団・W.I.S.Eであることを突き止めたアゲハ達は、歴史を変えるためにW.I.S.Eに戦いを挑む。

初期は異世界に飛ばされるサバイバルアクションかつ終末ものって感じでしたが、徐々にサイキックアクションになりジャンプっぽいバトル漫画に着地したという感じです。

 

『PSYREN』の魅力は主人公の容赦の無さ

f:id:defender_21:20151102230758p:plain

PSYREN―サイレン― 16 (ジャンプコミックスDIGITAL) より引用

 

主人公(夜科アゲハ)が破滅的に暴力的な能力を持っているだけでなく、ジャンプ漫画にありがちな「不殺」系の主人公ではなく「殺ると決めたら殺る」という容赦のない主人公です。なんか近いやつないかなーって思ってたんですけど寄生獣のシンイチがミギーと混じった感じが近いかも。なんとなくだけど。

 

主人公の能力名も「暴王の月(メルゼズ・ドア)」とかいう厨ニっぽさが炸裂してます。

 

打ち切られたからこそ話をまとめきった作品

話も壮大だし敵も序盤では途方も無く強いです。こういう漫画って広げた風呂敷たためずにダラダラ続くことが多い、もしくは途中で放り投げることが多いんですよね。ベルセルクとかシャーマンキングとか……

 

ただ『PSYREN』はなんとかまとめきったなあって感じです。ただ、後半の駆け足感は否めないんだけど……けど、丁寧に書いたら広がってまとめきれないかもしれないなあ。難しいところ。

 

『PSYREN』勝手に大反省会

こうすれば看板になった、打ち切られずにすんだ、もっと名作になったんじゃないかなっていうのを勝手に妄想します。ネタバレとかもバンバンあります。

 

主人公パーティーの見せ場の少なさ

例えば主人公が最初のタイムスリップで出会う「ヒリュー」というキャラがいるんですよね。最初から一緒。いわばライバル、もしくは相棒的なポジションです。ダイの大冒険ならポップ、NARUTOならサスケ、幽遊白書なら桑原というか。

 

このヒリュー君、途中で別行動するんですけどそこから最後までほぼ見せ場0!天津飯ぐらい影薄い。どうしてこうなった……

 

また、ヒリュー君意外にヒロイン含めてあと3人いるんですよ、主人公パーティーが。だけどちょっとしかパーティーで戦わない。これが勿体無い。このチームを育成すれば幽遊白書の4人みたくなったんじゃないかなってね。むしろエルモアウッド(主人公達が現代で仲良くなった子供達)が未来で現れて主人公達より強くなってそっちと一緒に行動することが多くなってどっちがパーティーかわかんなくなった感ある。キャラ多すぎ問題。

 

マンガ史上トップクラスの虐殺をした適チームのあっさりとした幕切れ

隕石とサイキックに使って文明崩壊をさせた組織と主人公たちは戦うんですけど、まあ少なく見積もっても40億は殺してるんですよこいつら。なのにボスは一発でアゲハにやられるし、なんなら最後は和解した感すらある。もっと黒幕がいたんだからしょうがない的な。いやいやいやいや。もちろん同情の余地はあるけど40億殺してるから。ダメでしょ。まあ、無理矢理まとめに入ったからこうなったんだろうなって気がする。敵キャラも結構魅力的だったし丁寧にラストバトルは書いて欲しかったけど…もったいない。

 

パ◯チラがない

パ◯チラを求めてるわけじゃなくて(ほんとだよ)、ヒロインとかミニスカ制服でアクションバンバンやってるんですけどノーパ◯チラ。それって逆に不自然じゃね?って思うわけです。いやパ◯チラがみたいわけじゃないですよ、ほんとですよ。

 

まとめ

打ち切りがうんだ名作とも言えなくもないし、もうちょっとなんとかなったんじゃないかって気もするおしい漫画です。実際に週刊連載ではなくコミックスで一気読みして良さが分かる作品で、一気読みしてる時は超面白かったです。 ただ読み終えた瞬間に「あれ?なんかもったいない」ってなったのも事実で。

 

せめて赤丸ジャンプとかで最終話+補足みたいにしてあげてもよかったんじゃないかなって思う。武装錬金方式で。

 

ただ、いい作品なんですよ。ラストも大団円でね。だけど、もうちょっとなんとか(以下ループ

 

ジャンプ作品の電子書籍ならBookLiveがおすすめ

電子書籍のサイトでジャンプ作品を置いてるところは案外少ないのでBookLiveは貴重。入会月は半額クーポンもらえるし対象作品も多い。無料キャンペーンもしょっちゅうやってるので入っておくだけでもいいかも?

LINK入会月半額クーポン配布中!ジャンプ作品を電子書籍で読むならBookLive

 

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.