読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

30年ぶりのTVシリーズ「ルパン三世」が面白い!全話感想書いていく

アニメ

30年ぶりのTVシリーズということでファン待望のルパン3世が始まりましたね。昔からのファンはもちろんあらたに見始める人もたくさんいると思います。

 

僕は我が家に何故かあった「カリオストロの城」と「TVスペシャル」を中心に楽しんでいました。TVシリーズは少し見たぐらいかな。なので今回の放送はめちゃくちゃ楽しみにしていました。今期見るのはこのルパン三世とうしおととらのみ。毎週見ることになると思うので雑な感想を残していこうと思います。

 

 

「ルパン三世」とは

サザエさん、ドラえもんと同じでルパン三世って当たり前に存在しすぎていて意外と詳細を知らないですよね。そもそもルパン三世ってなんぞやっていうのをwikipedia先生に聞いてみましょう。先生、せんせー。

ルパン三世』は、モンキー・パンチ(原作)の漫画(1967- )および、その主人公の名前。怪盗ルパンの孫、ルパン三世を主人公に置いた、ナンセンス、コメディア、スラップスティックの要素を多分に含んだアクション作品である。1971年からTVアニメ化され、映画やOVA、ゲーム化などの各種メディア展開がされ現在に至るまで幅広い人気を持つ。

おなじみの設定ですがこれってやっぱり秀逸だと思います。原作は少ししか読んだこと無いんですけど、セクシーな描写が多めでアニメをイメージしていると別物!?って感じになりますね。

 

アニメは第1シリーズは大人向けとして放映されたんだけど人気でず打ち切り。しかし、放映料が安く再放送されまくって人気出て第2シリーズが作られることになったんだって。で、この第2シリーズが今のテレビシリーズやTVスペシャルの人気につながったらしい。

 

登場人物とかの詳細はルパン三世公式サイトに譲りますね。

www.lupin-3rd.net

 

「ルパン三世」 30年ぶり新TVシリーズとは

f:id:defender_21:20151008082150j:plain

今回のTVシリーズの舞台はイタリアです。日本より先にイタリアで放映されるってちょっと前に話題になったよね。

lupin-new-season.jp

HPが充実しているので気になる人は見てみることをオススメします。概要のみ抜粋すると

イタリアサンマリノを舞台にルパン三世が数々のターゲットを狙う。ルパン、次元、五エ門、不二子、銭形の同じ目のメンバーに加え、自由奔放なセレブのレベッカがもう一人のヒロインとしてシリーズに大きく関わってくる。そしてイギリスの諜報機関であるM16もルパンの動きをさぐることになる。

こんな感じです。ちなみに今回のルパンは青いジャケットです。HPを見ると全24話かな。楽しみですね。

 

www.youtube.com

ちなみにこれが放映前に話題になったOP。いちいちかっこ良い。しかし、ルパンはこのテーマ曲が超かっこいいのも人気の秘密だとも思っている。ちなみに歌詞ありのルパン三世のテーマも素敵です。テンション上げたい時に聞いている。

 

ちなにのこのテーマ曲片目で見ると立体的に見えるって話題になってたので実際に見てみたらマジでした。すげえ。

参考新「ルパン三世」オープニングが「片目で見ると立体的に見える」と話題に → ホントだああああ! - ねとらぼ

 

 ▼ 歌詞付きはこちらから。お気に入りです。

ルパン三世のテーマ (2005ニュー・ミックス)

ルパン三世のテーマ (2005ニュー・ミックス)

  • ピートマック・ジュニア
  • サウンドトラック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

公式のTwitterアカウントも情報盛り沢山なので気になる人はフォローしましょう。

twitter.com

 

ルパン三世を見るならHuluがおすすめ!今のTVシリーズも過去作品も見放題

f:id:defender_21:20151229200838p:plain

 

HULUでは『ルパン三世 TVシリーズ』も見放題。見逃しやもう一度見たい人にはうってつけです。また「トワイライトジェミニ」や「アルカトラズ」など過去の名作も見放題なのでこのアニメでハマった人はとりあえず2週間無料をためしてみるのはどうでしょうか?

 

LINK『ルパン三世』TVシリーズも『カリオストロの城』も見れるHULU!! 2週間無料トライアル

 

新TVシリーズ「ルパン三世」全話あらすじ+感想

ここから毎週ぼちぼち感想を書いていきます。私事ですが録画してから週末に見ているので更新のスピードは遅いです。すいません。

 

第1話 ルパン三世の結婚

f:id:defender_21:20151008083529p:plain

サンマリノ共和国。ルパン三世から銭形警部宛に、盗みの予告状ではなく結婚式の招待状が届く。ルパンは、ロッセリーニ財閥の若き会長 レベッカ・ロッセリーニと結婚するという。結婚の裏にはルパンのある目的があった。それはサンマリノ共和国の国宝・リベルタスの王冠を盗み出す事。だが、 何故かルパンが出した覚えのない偽の予告状が銭形に届いており、ルパンの行動は読まれていた。一体、誰が何のために予告状を送ったのか?

ー イタリアが愛の国であるならば全ての愛は俺の手中にある ルパン三世

このナレーションで始まった新シリーズ。カッコイイぜ。第1話はほんとにお約束が散りばめられた内容で安心してみることが出来ました。新ヒロインのレベッカは第一声から「軽っ」てなりましたけど、、、クラリスみたいなヒロインを勝手に想像していたので戸惑いました。けど良いキャラでしたね。今後の絡みが楽しみです。しかし、色々書きたいことあるので箇条書きで書きます。第1話だけ感想長くなりそう。

  • 青ルパンかっこいいけど銭形の赤コートはちょいびっくり
  • 不二子乳首見えず(オープニング)
  • ルパンダイブの伝統芸(トランクスの青縞々含め)
  • 五エ門の内緒にされてる感
  • 不二子がバイクに乗っているとバイク王のCMにしか見えない
  • 立体機動装置っぽいワイヤーアクション
  • レベッカとルパンの対峙しているシーンの美しさ

などなど。1話は取り敢えず大満足でした。

 

第2話 偽りのファンタジスタ

f:id:defender_21:20151012152657p:plain

「サンマリノの至宝」と呼ばれるサッカー選手・ブロッツィ。彼が率いるACサンマリノが、コパイタリア(イタリア国内サッカークラブチームNo.1を決め るカップ戦)で快進撃を見せている。そんなブロッツィがルパン三世のもとを訪れる。マフィアにドーピングの証拠を握られ、それを取り返してほしいという。 だが、ブロッツィはある秘密を隠していた。

1話と打って変わってヒューマンドラマ回。まあすごいアクションとかはないけどルパンっぽい粋な話でしたね。あとはシリーズを通しての敵になるであろうMI6の紹介も兼ねてるんでしょうけどね。

 

第3話 生存率 0.2%

f:id:defender_21:20151017210330p:plain

カリオストロ伯爵に深い関わりのあるマリーアントワネットの首飾りの欠片。それを盗んだルパン達だが、次元が何者かに捕まってしまう。次元を捕まえたのは イギリス諜報機関MI6の二クスという凄腕スパイ。ルパンが盗んだ宝の奪還指令を受けた二クスは、逃亡したルパンを追いつめる。うまく逃げ切れたと思った ルパンだったが、何故か二クスにことごとく追いつかれてしまう。そして、二人は銃を向けあい…。

007顔負けの敵ニクスとの初対決。このシリーズはMI6との戦いになるんだろうなあ。特殊技能もあり、個でルパンたちを凌駕するこのニクスとの戦いは面白くなりそう。前回がヒューマンドラマっぽくて今回はハードボイルド。これから面白くなりそうです。

 

第4話 我が手に銃を

f:id:defender_21:20151024151850p:plain

寂れた町。虫歯が疼く次元はたまらず病院にかけこむ。医師リービアは診察するかわりに、次元が持っている銃を預けてほしいと頼み、次元は仕方なく銃を渡 す。リービアの診察を待つ次元は、病院の一室で死んだように横たわっている無数の患者達を目撃する。彼らは「生きた屍」と呼ばれて、すべてエリクという ギャングのボスの仕業だという。この町ではエリクの許可なしに銃も持つことはできない。そんなとき病院にエリクが現れる。

今回は次元回。途中のストーリーともかく、敵に囲まれてからの次元の立ち回りのカッカ良さよ。 渋すぎる。 そして戦闘の痕を見て次元の仕業と気づく銭形。 ルパンシリーズの良さはこういう敵・味方でお互いをリスペクトしてることだよなあ。 次元のカッコよさを堪能できました。 ごちそうさま。

 

第5話 魔法使いの左手

f:id:defender_21:20151031145224p:plain

落ち目のサーカス団の中に峰不二子の姿があった。そのサーカス団は10年前、魔法使いと称されたトニー・ベルカストロという男が事故死した。亡きトニーの マジックの種が書かれた「トリックレシピ」。誰もがそのレシピを欲しがったが、それを受け継いだのはルカという若い団員だった。そのルカに近づく不二子の 影。峰不二子の狙いは果たして何なのか?ルパンがその真相を追っていく。

今週は不二子回でしたね。 安心安定というか笑。 回想のひまわり畑での不二子は本当に美しいです。トリックレシピをもつルカを鼓舞する不二子は本当にいい女だなあって思いますね。ルパンと次元は今回はオマケでしたが、最後の方にいぶし銀なことやるし相変わらずカッコイイ。最後まで峰不二子って女の魅力が詰まった回でした。

 

第6話 満月が過ぎるまで

f:id:defender_21:20151108142025p:plain

亡き夫の隠し財産の在処を知る未亡人エレナ。隠し財産を狙うルパンからエレナを守るために銭形が現れる。エレナと銭形は、ルパンの手から逃れるためにエレ ナの山荘へと身を隠す。しばらく二人だけで過ごしているうちに、疑心暗鬼だったエレナは徐々に銭形に心を開いていった。だが、エレナはどうしても銭形を信 じきる事ができず、山荘をひとり抜け出す。エレナを追っていく銭形が、その先に見たモノとは…?!

 銭形回。とっつあん最高に渋いわ。不二子を見抜くとっつあんの観察眼よりも今回は「泣いてる女を助けるのに理由がいるのかい」というセリフの使い回しが最高でした。ルパンたちも潔く身を引くしね。このカッコよさがルパンシリーズの要だよなあ。

 

第7話 ザッピング・オペレーション

f:id:defender_21:20151115070202p:plain

イギリス諜報機関MI6の二クスは、家族で食卓を囲んでいた。二クスは妻や娘達を何よりも大切にしており、自分がMI6である事を内緒にしている。そんな 二クスの娘の一人ブリジットが謎の男達に誘拐される。男達は二クスが追っていた犯罪組織の連中であり、それを知った二クスは怒りの中、娘を誘拐した連中を 追跡する。一方ルパンはいつものように銭形に追われ、逃走用に車を拝借する。その車には何故かブリジットが乗っていた!

久しぶりのレベッカ登場、そしてニックの謎に少し迫る内容。今回はドタバタコメディだったけど物語の大きなテーマになりそうな「イタリアの夢」への存在が明らかになりつつある。これから大きく物語が動くか?

 

第8話 ホーンテッドホテルへようこそ

f:id:defender_21:20151119223231p:plain

フィレンツェの郊外にたたずむ不気味な古城。現在はホテルとして使われているが、「呪われた花嫁の館」とも云われ、花嫁の幽霊が出るという噂がある。その ホテルに貴重なお宝が眠っているという情報を得たルパン達。次元はそのホテルで幽霊らしきものを目撃する。ルパンは次元の言う事を信じようとせず、黙々とお宝の在処を探していると、カーラという少女と出会う。

へべれけの次元と幼女を堪能する回。いきなり出てきたへっぽこ泥棒軍団は今後も絡んでくるんだろうか?カーラのエピソードは予想通りだったけどやっぱり悲しい物がありました。それをルパンが受け止めるっていうのが「らしい」って感じでもあるけど。

 

第9話 殺し屋たちの鎮魂歌

f:id:defender_21:20151129225706p:plain

昔起こった西アフリカ小国の独裁者暗殺事件。その事件に関与した殺し屋達が次々に殺されていく。独裁者暗殺事件には殺し屋の一人として五ェ門も関わってい た。暗殺した独裁者の用心棒だった伝説のスナイパー・ゾラが、復讐しているのかもしれない…。五ェ門は、同じく暗殺に関わった殺し屋ベラドンナと共に、ゾ ラの行方を追っていく。

待ちに待った五エ門回。今回ハッキリわかったことは作中最強の男は五エ門しかいない。化物過ぎるわ。五エ門の不器用なとこと超人的な強さと優しさが見れたいいストーリーでした。ラストの敵地に乗り込む五エ門の桃太郎侍?風な出で立ちがかっこ良すぎるわ。

 

第10話 恋煩いのブタ

f:id:defender_21:20151129225944p:plain

カップル限定のワインのオークションパーティ。ルパンは不二子とレベッカに同時にそのパーティに誘われる。不二子とレベッカには共通するある目的があっ た。そのオークションに出品される幻のワイン「恋煩いのブタ」が狙いである。そのワインを飲んだカップルは愛し合い必ず幸せになるという。ワインをめぐる 不二子とレベッカの敵対心むき出しの女同士の争奪戦が始まり、さすがのルパンもお手上げ状態!?

レベッカと不二子の色気全開のハーレム回。今回はちょっとした推理モノって感じなんですかね。オチがきもかったですが。あとは二人のヒロインであるレベッカと不二子を競わせることで違いを明確に視聴者に印象づけたかったのかなと。この二人の絡みはまたありそう。

 

第11話 イタリアの夢 前編

f:id:defender_21:20151213232958p:plain

レベッカがイギリス諜報機関MI6によって誘拐された。レベッカ救出にルパンが動き出す!誘拐される前レベッカは、ある天才科学者が遺した書物の解読を試 みており、MI6の口からは「イタリアの夢」という謎の言葉が…。レベッカが監禁されているMI6の隠れアジトに向かうルパン。だが、そこには厳重な警備 体制とMI6のエイジェントの精鋭達が待ち構えていた。

シリーズ通しての核心である「イタリアの夢」がいよいよ話に出てきました。今回は宿敵ニクスのアクション回でしたね。完全にマトリックス笑。ニクスの暴走という形で物語は続きましたがどういう展開になるか気になるところ。何よりニクスが悪人じゃないので強さはともかく敵としての魅力にかける(キャラとしてはいいんだけど)。悪人はとことんまで悪であってほしいのでもっと黒幕が早く出てきて欲しい。

 

第12話 イタリアの夢 後編

f:id:defender_21:20151213233102p:plain

天才科学者・浦賀が遺した奇書。ついにその書物を解読したルパンは、何故か眠りについてしまう。夢なのか現実なのか摩訶不思議な世界に迷い込んだルパン。 これが「イタリアの夢」なのか…!?。そして、若き日のレベッカと死んだはずの浦賀と出会うルパンは、浦賀に「イタリアの夢」の真相を聞く事となる。一 方、暴走化した二クスがルパンを追う!そして、二クスとルパンの最終決戦の時が迫り…!!

「イタリアの夢」の全容が明らかに。人格を人に刷り込むというものでMI6が狙うのも頷ける内容。ところでルパンは夢を見ないという設定を初めて知りましたが皆さん知ってました?デューク東郷みたいだな。ニクスとの対決に痛み分けし、MI6に捕まるも銭形の動きによりインターポールに引き渡されるルパン。次回から脱獄編かなー?あとレベッカはここで退場か?なんにせよ楽しみが続く。

 

第13話 ルパン三世の最後

f:id:defender_21:20151220092454p:plain

逮捕され監獄の中に閉じ込められたルパン。あらゆる手を使い脱獄を試みるが、銭形にことごとく動きを読まれて阻止されてしまう。銭形は念には念をというこ とで、更に完璧な牢獄へルパンを移送する。ついに観念したルパンは、銭形が差し出した食事にも手をつけず、やがて体は衰弱していく。そして、ついにルパン 三世の最期の日がやってきた。

今回からオープニングの入りとCMの繋ぎ方が変わってますね。脱獄回としてルパンと銭形警部が対決しました。銭形の葛藤とその上をいくルパンが見応えありましたね。そしてMI6から謎の全裸の男が出てきました。これがラスボスなのかな?

 

第14話 モナリザを動かすな

f:id:defender_21:20160109233625p:plain

お金に困り明日の飯も食べられないルパンは、一稼ぎしようと名画モナリザを盗む計画を思いつく。モナリザといえば世界最高峰の美術品であり、そう簡単には盗めないはず。銭形が指揮する警備網をくぐり抜けようとするルパンだが、あと一歩のところで盗めず逃げていく。ルパンが指一本触れることができなかったモナリザを見ながら銭形はある違和感を感じていた。一方ルパンは何故か本物のモナリザを手にしていたのだった!?

なんか久しぶりに泥棒らしいことしてるなあって思いながら見ていました。なんやかんやとっつあん大活躍というか笑。しかも新キャラがダヴィンチ?気になる…

 

第15話 ハイスクール潜入大作戦

f:id:defender_21:20160116211412p:plain

まるで悪女のように持ち主が転々と変わっていくダイヤ「クレオパトラの心」。ダイヤの行方を求めてルパンが向かった先は、一見何の変哲もない学校だった。 だが、そこに居たのは爆弾を自作して何かを企む怪しげな教師たち。ルパンは教師に変装してダイヤの在処を探そうとするが、ダイヤは爆弾を作っていた教師たちの手元にあり、事態はとんでもない急展開を迎える!!

コント回でしたね笑。先生っぽいことはほぼしませんでしたが、なんやかんや人助けするのはルパン達の性なんでしょう。前後のつながりも特に無い回だったので前回出てきた長髪の男とか進展しなかったのが少し残念。

 

第16話 ルパンの休日

f:id:defender_21:20160116211808p:plain

今日は仕事の話はやめにして、おいしい寿司を食べにいこう!ルパン、次元、五ェ門は車に乗りこみ寿司屋へ向かうが、なぜか車の中には一匹の犬。ルパンは寿 司を食べに行くついでに犬を不二子に届ける約束をしていた。せっかくの休日のはずが、相変わらず銭形に追われたり、犬をめぐる大騒動に巻き込まれてしまう三人。ルパン達の休日は一体どうなってしまうのだろうか?

ブサイクなマダムから逃げ出した犬は女大好きなオス犬でしたという昭和の古典のようなオチがらしいというかなんというか。しかし、こういう物語からちょっとずれたサイドストーリーを楽しめるのもTVシリーズの醍醐味ですね。映画やTVスペシャルだと2時間という限られた時間なので遊びが入れづらいので。

 

第17話 皆殺しのマリオネット

f:id:defender_21:20160204084948p:plain

悪党たちを次々に葬り、救世主と謳われるグレコという男。この男に指名された者は皆、24時間以内に仲間同士で殺し合い死んでしまう。そしてグレコが次に 指名したのはルパン三世だった。グレコの挑発にのったルパン達は、グレコが待つ教会へ向かう。グレコはルパンファミリーの中の一人をマリオネットのように 操り、皆殺しにしようと計画していた。皆が疑心暗鬼になる中、果たしてマリオネットは一体誰なのか?

物騒なタイトルにしては敵がかませだったのが少し残念ですが五エ門と次元のタイマン(演技だけど)が観れたので満足。こういう一味の信頼関係ってすごくいいですな。しかし、アイキャッチの画像かっけえな笑。

 

第18話 始まりの晩餐

f:id:defender_21:20160204085508p:plain

ミラノのファッションショーの会場内に、何者かによってルパンの肖像画が描かれる事件が起こる。ルパンだけでなく、次元、五ェ門の絵まであり、何者かの挑 戦状であると考えたルパン達はミラノへ。会場には銭形や不二子の姿もあり、彼らの肖像画も描かれていた。鑑定の結果、肖像画を描いたのは、レオナルド・ ダ・ヴィンチだという事が判明する。何かに気づいたルパンは、名画「最後の晩餐」がある教会へ急ぐ。するとそこには…!?

かなりワクワクする展開だった。レオナルド・ダ・ヴィンチの存在感が際立ってたし、今後どう絡んでくるかがかなり楽しみ。しかし、始まりの晩餐の演出最高だったな。ここから一気に面白くなっていきそう。

 

第19話 龍は静かに眠る

f:id:defender_21:20160214230156p:plain

二クスは、家族とショッピング中に何者かに狙撃され意識を失う。目が覚めると二クスは縛られており、目の前にはMI6時代の上司パーシバルの姿があった。 パーシバルは二クスに「ドラゴンズテイル」を奪い返してほしいという。「ドラゴンズテイル」が何者かによって盗まれたというのだ。一方ルパン三世もまた 「ドラゴンズテイル」を狙っており…。皆が狙う「ドラゴンズテイル」とは一体?

いきなりニクスが撃たれるというハードな展開。拷問、爆撃、復讐と本編通してずーっとハードボイルド。 ダ・ヴィンチもさっそうと現れ、格の違いをみせつける。思えばニクスがラスボスだと思っていた時代が私にもありました……ますます、ダ・ヴィンチとルパンの衝突が楽しみになってきました。

 

第20話 もう一度、君の歌声

f:id:defender_21:20160214230547p:plain

有名な歌手ノラ・アニタが半世紀近く愛用した車をルパンが盗み出す。銭形ら警察達に追われるルパン。しかし警察達は、あまりにも貴重な車なので、車の破損 を恐れて手出しできない。ルパンが運転する車が向かった先は……!?一方、年老いたノラ・アニタを、夫マーティンが看病していて、マーティンは若き日のノ ラとの想い出を懐かしんでいた。

粋なルパンが堪能できるTVシリーズならではの醍醐味。一味は今回はある意味引き立て役だけどそれがいい。車とともに散歩し、最後の景色へ向かうシーンは心温まる名シーンだった。

 

第21話 日本より愛をこめて

f:id:defender_21:20160306073011p:plain

イタリアにいるルパン三世のもとに、不二子を誘拐したという犯人から連絡が入る。日本・東京のとある屋敷に保管されている平賀源内のカラクリ人形を盗み出 せという脅迫に、ルパンは日本へ向かう。すんなりお宝を盗み出し、不二子の元へ持っていくと案の定、不二子の狂言誘拐だった。そして不二子の裏には、数々の難事件を解決してきた名探偵、明智・ホームズ・耕助がおり、ルパンは逮捕されてしまう!

イタリアを舞台にした今シリーズで急遽日本を舞台にした回。明智という新しいライバル登場かと思ったら不二子のかませに。やっぱりライバルは銭形しかいねーな。不二子が覚醒してからは一方的なな展開だった。

 

第22話 ルパン、頂きに参ります

f:id:defender_21:20160306073320p:plain

町中にばらまかれた予告状。そこには「今宵、ルパン三世、頂きに参ります」の文字。文字の下には女性のキスマークがある。予告状をばらまいたのはレベッカ だった。銀行に侵入して逃走中のルパンを見つけたレベッカは、なんとかしてルパンを捕まえようとするが…。ところでレベッカは、一体何のためにルパンを盗 もうとしているのか?

最近はすっかり影の薄いレベッカの久しぶりの登場回。ルパンという男の魅力と対比させつつやっぱりこのじゃじゃ馬がもっと物語に絡んでくるんだろうなとも思える回でした。執事が有能過ぎる笑。

 

第23話 世界解剖 前編

f:id:defender_21:20160313212411p:plain

レオナルド・ダ・ヴィンチがサンマリノ共和国で新作を発表するという。題名は「世界の調和」。その発表後、イタリア半島中のすべての人々は、なぜか昏睡状 態に陥ってしまう。ルパン達も例外なく…。そして、ルパンは目覚めるとサンマリノ共和国にいた。ルパンの前にダ・ヴィンチが姿を現す。ダ・ヴィンチを追っ ていく中、ルパンは「世界の調和」の正体に気づく!

いよいよダ・ヴィンチが動き出した。ルパンとダ・ヴィンチの直接対決で次回最終回と考えると非常に寂しい限り。イタリアの夢の伏線をここで刈り取りレベッカを救うための戦いが始まるわけか。第1話見た時はこういう展開になるなんて全然思わなかったなあ。ダ・ヴィンチ自体がかなりファンタジックな存在なのでちょっと異色な展開だけど最後どうけりをつけるか非常に楽しみ。

 

第24話 世界解剖 後編

f:id:defender_21:20160313212455p:plain

ダ・ヴィンチに人格を支配されてしまったレベッカ。ルパンはレベッカを救い出すために、レベッカの脳内に入りこむ。脳内ではダ・ヴィンチが作りだした罠の 数々に悪戦苦闘するルパン。なんとか囚われていたレベッカの人格に会うことができたが、生気を失ったレベッカはすべての記憶がダ・ヴィンチにより塗り替え られてしまっていた。そして、ルパンの事も忘れてしまい…。

芸術と泥棒。2クール目はルパン三世と現代に蘇ったレオナルド・ダ・ヴィンチの対決でありそのラストバトルはイタリア全土を巻き込んだものでした。ダ・ヴィンチは最後まで憎めないやつでルパンとの最終決戦のあとも満足そうな顔で逝きましたね。そして、ラストはレベッカに別れを告げ、イタリアから去っていくルパン一味。ハードボイルドの粋を極めた演出でどこまでもクールに最後をしめてくれました。この半年このアニメを見続けてよかったなと思える最終回でしたね。

 

2年ぶりのTVスペシャル『ルパン三世 イタリアンゲーム』

f:id:defender_21:20160109234423p:plain

今回のTVシリーズにあわせて2年ぶりのTVスペシャルが2016年1月8日に放映されました。青ジャケのルパンのTVスペシャルです。

 

特設サイトはこちら

kinro.jointv.jp

ストーリーはこんな感じです。

レベッカ・ロッセリーニが何者かによって誘拐された。ゴシップに事欠かない有名人であるレベッカの熱狂的なファン・ピエトロという男が誘拐犯であり、彼が占拠した列車が暴走をはじめる!
一方、ルパンは「あるお宝」を狙っており、レベッカにどうしても近づく必要があった。そして、レベッカの救出に向かうルパン。実は誘拐犯ピエトロを裏で糸を引いていた謎の人物がいた。その人物は仮面伯爵と名乗り、レベッカ誘拐事件の前にルパン三世に挑戦状を出していた。その内容とは「あるお宝」をどちらが先に手に入れるか勝負しようというもの。
そして、「あるお宝」とは、かの有名な「カリオストロ伯爵の遺産」!

実はまだ観れていません。録画しているのでゆっくり見ます。楽しみだ。

 

まとめ

非常に丁寧にルパンたちを描いたこのテレビシリーズ。いつもの2時間では堪能できないルパンたちの魅力を存分に魅せてくれました。そして、もっと見たいと思わせてくれるのがこの作品の魅力なんでしょうね。過去の作品も全部見返したくなるぐらい最高でしたね。

 

- 優れた芸術と泥棒は似ている。どちらも人の心を盗む術を知っているから。ルパン三世

 

このアニメも優れた芸術と読んでもいいのかもしれません。

 

 ▼ おすすめアニメはこちら

www.kokoro-fire.com

 

LINK『ルパン三世』TVシリーズも『カリオストロの城』も見れるHULU!! 2週間無料トライアル

ルパン三世 イタリアン・ゲーム [Blu-ray]

ルパン三世 イタリアン・ゲーム [Blu-ray]

 

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.