最新マンガアプリランキング2019

木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』の第1話からの見逃し動画の視聴方法と全話感想・視聴率まとめ

キムタク最近すげえテレビで見るなあって思ってたら番宣でした。木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』が10/20夜9時からはじまります。

 

白ハシ
数々の職業の役に挑戦してきたキムタクの次の役は天才料理人
黒ハシ
何の違和感もねえなあって思ってたらビストロスマップで見慣れてたからだね
白ハシ
SMAP解散のあとにキムタクの料理をしてる姿を見るのは感慨深い!

 

『グランメゾン東京』の見逃し動画の視聴方法や各エピソードのあらすじ、視聴率などをまとめていきます。第1回がラグビー日本戦と同日なので見逃した人は是非後追いでもいいので見てみてくださいね。

無料で『グランメゾン東京』を見る

 

『グランメゾン東京』の見逃し配信をしているVODサービスは?

日曜劇場『グランメゾン東京』を見逃した人はTBSが運営するVODサービス「Paravi」、直近1週間だけであれば「Tver」か「TBS FREE」で見ることができます。

日曜劇場『グランメゾン東京』向けVOD比較表
 ParaviTverTBS FREE
料金925円/月無料無料
無料期間登録月(最大1か月)
全話放送後1週間可能放送後1週間可能
最新話放送後1週間可能放送後1週間可能
広告なしありあり

無料で『グランメゾン東京』を見る

『グランメゾン東京』見放題配信をParaviで見る

Paraviを無料試す

 Paraviの特徴

  • TBSの名作ドラマや傑作バラエティが見放題
  • 登録月が無料(最大1ヶ月)
  • TBSだけでなくwowow、テレビ東京などのコンテンツも視聴可能
  • 最新作もレンタルで視聴可能

日曜劇場『グランメゾン東京』は放送元であるTBSが運営している「Paravi」で独占&見逃し配信します。TBS系のコンテンツが最も見れる動画サービスです。人気ドラマやバラエティなど見放題です。

また木村拓哉が過去に主演をした『ビューティフルライフ』や『グッドラック』なども独占配信してますので無料期間内に過去の名作ドラマを楽しむのもいいのではないでしょうか?

Paravi:基本情報

料金925円 / 月(税別)
無料期間登録月(最大1か月)
デバイス登録数5台
ダウンロードデバイス2台
同時視聴1台
補足wowowを視聴する別プランあり

Paraviを無料試す


動画配信サービスってなに?という人はこちらの「おすすめ定額見放題の動画配信サービス(VOD)徹底比較」という記事をチェックしてみてください。使わなのがもったいないサービスです。

おすすめ動画配信サービス(VOD)徹底比較 | 利用シーンからピッタリのサービスをご提案

最新1話の見逃し配信ならネットで見れる「Tver」がおすすめ

すっかり見逃し配信が定着してきましたが、1週間以内であれば「Tver」の利用がおすすめです…

TVer(ティーバー)

TVer(ティーバー)
開発元:PRESENTCAST INC.
無料
posted withアプリーチ

「Tver」は民法が共同で運用する見逃し配信サービスです。民放すべてに対応してますのでかなりおすすめ。ドラマだけでなくバラエティなども見ることができます。

TBS FREE|TBSテレビ
注目番組を放送終了後1週間無料で配信!

TBS FREEはTBSが運営する見逃し配信用のサービスです。基本的にはTverと同様のサービスですがTBSに限定されるのでTverの方が使いやすいでしょう。

 

『グランメゾン東京』公式情報まとめ (公式アカウント・放送日・出演者など)

『グランメゾン東京』の公式情報をまとめていきます。

『グランメゾン東京』- 公式サイト・公式SNS

『グランめぞん東京』の公式一覧です。

白ハシ
noteを使ってる番組宣伝はじめて見たよ
黒ハシ
結構長文を書いていてスタッフさんの本気が見えてよいね
公式HP 公式note 公式Twitter 公式LINE

 

放送局&放送日

放送局放送開始日 / 放送時間
TBS10月20日(日)より / 毎週日曜 21:00~

初回は20分拡大スペシャルです。直前に日本シリーズを放送しているので試合次第では開始時間が遅れることも…

白ハシ
録画する人は注意して

 

『グランメゾン東京』-  キャスト

『グランメゾン東京』は主役たちのレストラン(グランメゾン東京)とライバルレストラン(レストランgaku)を中心に物語が動いていくようです。主な人物のみ紹介しますね。

 グランメゾン東京

  • 尾花夏樹(木村拓哉)…本編の主人公。元二つ星シェフで料理のためならあらゆる犠牲もいとわない破天荒。
  • 早見倫子(鈴木京香)…星を目指す料理人で本作のヒロイン。絶対的な味覚を持つ。尾花の料理に憧れていた。

 レストランgaku

  • 京野陸太郎(沢村一樹)…尾花がかつて務めていたレストランの経営者。尾花の腕を認めているが今はライバル店で働いている。
  • 丹後学(尾上菊之助)…レストラン「gaku」のシェフ。尾花を敵対視してる。

 その他

  • 相沢瓶人(及川光博)…人気WEB料理研究家。尾花とともにレストランを立ち上げた友人。
白ハシ
他にも玉森裕太や中村アンなどが出演するよ

 

『グランメゾン東京』 – 全話あらすじ・感想・視聴率

『グランメゾン東京』の全話のあらすじと感想をまとめていきます。

第1話(視聴率:12.4%)

あらすじ

舞台はパリ。フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。そんな中、ある一人の男と出会う。

その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに、突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。
その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。

その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。
そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。
その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。

はい、始まりました。木村拓哉主演の『グランメゾン東京』。キムタクがシェフの格好をしてるだけでも特にSMAPファンでもない私でも感慨深いものがあります。いわんや、ファンをや。

ということで『グランメゾン東京』ですが、率直におもしろいですね。テンポがいい。

1話の中で天才シェフである尾花(キムタク)がなぜ落ちぶれたのか、落ちぶれた尾花と早見のパリでの出会い、日本にいるかつての仲間たち、尾花と京野の確執、ライバル店…などなどポンポンポンとストーリーがどんどん進みましたね。

料理も隠さずに真っ向勝負で魅せてきてるし、演技も悪くないので次も楽しみな第1話でした。

 

第2話(視聴率:13.2%)

あらすじ

オープンに向けて準備を進める「グランメゾン東京」。だが早速大きな壁にぶちあたっていた。開店に必要な資金5000万を用意しなくてはいけなかったのだ。倫子(鈴木京香)と京野(沢村一樹)は銀行にかけあうが、断られ続ける。

一方で、尾花(木村拓哉)はそんなことお構いなしにメニュー開発に没頭していた。そんな彼らの動向を掴んだ「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)は冷笑するが、過去の尾花を知る丹後(尾上菊之助)だけは警戒を強めていた。

尾花たちは、次の作戦として、名声のある相沢(及川光博)に手を借りにいくが、シングルファザーで娘を育てていることもあり、オファーを断られてしまう。窮地の中、京野はある秘策を思いつく。それは、「gaku」の時に懇意にしていた城西信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談すること。

そこで、無担保で5000万円の融資を5年で完済することを条件に事業計画を説明する倫子だが、汐瀬から原価率の高さを理由に計画書の改善を求められてしまう―。

それを聞いた尾花は汐瀬に最高の一品を作るから食べてくれと直談判する。
はたして汐瀬が納得する一皿はできるのか?

テンポよく進んだ第1話。京野さんを仲間にするまで進むとは思わなかったですねー第1話。第2話は店オープンのために奮闘するグランメゾン東京チームの姿がえがかれており、大変わかりやすい回でした。

2話目まで見ての感想ですが、『グランメゾン東京』は結構硬派なドラマのようです。今のところ、、、余計な恋愛描写など無さそう。さすが日曜9時枠。

この回は『グランメゾン東京』の目玉となるような料理を作って融資を得ようとする話です。その過程でかつての仲間たちとの和解の第一歩も描かれていました。全体的にツンデレばっかりです。

 

第3話(視聴率:11.8%)

あらすじ

尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、「グランメゾン東京」のメインディッシュになる肉料理に挑んでいた。しかし、納得できる食材でメニューを作り出せずに悩んでいた。

そんな折、京野(沢村一樹)は、パリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任されたというフードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、農水省と世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決める。

最初は乗り気ではない尾花だったが、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」が参加することを聞き、やる気になる。ついに直接対決か?と思われたが、「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)が、メイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを市場から買い占めてしまい、尾花たちは絶体絶命のピンチに陥る。

そんな中、相沢(及川光博)から、伝説のジビエ猟師・峰岸(石丸幹二)の存在を聞かされた尾花と倫子。上質な肉を求め、早速彼のもとへと向かうが、頑固な職人の峰岸に門前払いされてしまう。

第3話はジビエ&gakuとの初対決回。日曜9時の定番というか、ライバル店の妨害にあいつつも奮闘するグランメゾン東京チームが描かれています。ライバルである丹後自身は意外と悪くなさそうだったり、かつての仲間たちと少しずつチームになってきていたり見どころありました。

前回の銀行マンに続きジビエの猟師を支援者にしたりと着実に前に進んでいます。

気になるのは最後に出てきた冨永愛。キムタクの元恋人役ということで、ここから余計な恋愛描写などにもっていかないか大変不安です。

 

第4話(視聴率:%)

あらすじ

いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。だがそこに急遽、「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がくることに。彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があった。やる気を燃やす尾花(木村拓哉)に対し、緊張と不安が高まる倫子(鈴木京香)。そんな中、尾花は突然、デザートを作り直すと言い出す。

コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには完璧なものを目指さなくてはいけない。さっそく尾花と京野(沢村一樹)は、祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かう。

そこで尾花がスカウトしたのは、萌絵(吉谷彩子)だった。
萌絵はさっそく試作品を作るが、尾花と倫子は却下する。萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することに。その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う…。

刻々と近づくプレオープン。尾花たちはリンダが認めるデザートを完成させることができるのか?

そしてグランメゾン東京は無事オープンを迎えることができるのか!?

 

 

 

まとめ

木村拓哉、令和最初の主演ドラマ。慣れ親しんだ日曜9時の枠で躍進するかどうか…楽しみですね。

可能な限り毎週感想を上げていきますのでまたチェックしてみてください。

無料で『グランメゾン東京』を見る

TVドラマ見逃し配信情報

木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』の第1話からの見逃し動画の視聴方法と全話感想・視聴率まとめ日曜劇場『下町ロケット(2018)』最新話までの見逃し動画の視聴方法と全話感想・視聴率まとめフジ月9『SUITS/スーツ』最新話までの見逃し動画の視聴方法と全話感想・視聴率まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus