最新マンガアプリランキング

和風オープンワールドの傑作『Ghost of Tsushima』をクリアした感想・本音レビュー!

PS5を買ったので最初に遊ぶ記念すべきソフトとして『Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)』を購入し、先日無事クリアしました。

PS4最高の一本とも名高い本作は、PS5でグラフィックやロード時間がより洗練されたらしくはっきり言ってめちゃくちゃ面白かったです。かれこれ80時間ぐらい遊んで、マルチ要素と2週目以外は無事トロコン。

とにかくこの素晴らしい作品である『Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)』について語りたい。語らせてくれ。

『ゴースト オブ ツシマ』とは?あらすじ、基本情報

『Ghost of Tsushima』ストーリートレーラー
『ゴースト オブ ツシマ』のあらすじ

文永(十三世紀後半)、コトゥン・ハーン率いるモンゴル帝国(大元)の大軍勢が、日本侵攻の足掛かりとして対馬に上陸した。島を防衛する対馬の武士団は、初めて見る元軍の兵略によって初戦で壊滅したが――、境井 仁(さかい じん)という名の一人の武士が、かろうじて生き延びていた。
仁は、冥府から蘇った者「冥人(くろうど)」として、侍の道に反した戦い方に手を染めることになっても対馬の民を守ろうと決意し、元軍に戦いを挑むのだった。

タイトル『Ghost of Tsushima』(ゴースト・オブ・ツシマ)
開発元Sucker Punch Production
発売元ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ジャンルアクションアドベンチャー / オープンワールド
*オンライン協力型マルチプレイモードあり
発売日PlayStation 4:2020年7月17日
DIRECTOR’S CUT:2021年8月20日
対応機種PlayStation 4
PlayStation 5
DLCあり
CERO(年齢制限)Z(18才以上のみ対象)
人数本編:1人
冥人奇譚:1人 ~ 4人
売上本数世界:973万本
日本:70万本
GOTYアートディレクション(2020)
Player’s Voice
ゴースト オブ ツシマ:基本情報

何よりも驚きなのは開発したのがSucker Punch Productionという海外のプロダクション。遊べば遊ぶほど「このゲームを海外の会社が作るってどれだけ調べたんだよ…」と思えるぐらい日本人が持つ侍のイメージ、言葉、文化を体現した作品でした。

しかも、ゲームとしての完成度が高く世界で970万本を超えるという大ヒット。GAME OF THE YEARこそ逃しましたがこれ受賞してもおかしくなかったやろ。めっちゃ面白かったし。

あ、CEROはZなので残虐な表現多数。そこら中で人が死にまくってますのでその点は注意してください。

『ゴースト オブ ツシマ』のストーリーを評価・感想!良かった点、悪かった点

『Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)』のストーリーの良かった点、悪かった点を評価。まず、言えるのはストーリーは最高だということ。

まず「元寇」を舞台にした目の着眼点がエグイ。日本の侍を使ったオープンワールドという作品で「元寇」以上にハマるせっていはないでしょう。おそらく侍の時代で唯一夷敵に本格的に攻め込まれた出来事。さらに対馬という島のちょうど良い大きさよ。

本編は蒙古に攻め込まれ、ほぼ全滅した対馬の武士の生き残りである鏡井仁(さかいじん)が対馬の民を蒙古から救うため武士としての誉を捨て、冥人(くろうど)として戦っていくというストーリー。

誉を重んじる鎌倉武士の主人公が冥人として覚醒し蒙古から恐れられていく展開がめちゃくちゃ熱いです。

また、豊富なサブクエスト(浮世草)が『Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)』の世界を彩ります。基本的に悲惨な話が多いですが、時に笑える話もありずっと遊んでいたくなるメインストーリー・サブストーリーでした。

『ゴースト オブ ツシマ』のキャラクターを評価・感想!良かった点、悪かった点

『Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)』のストーリーが最高だったと前述しましたが、それは魅力的なキャラクターがいたからといってよいでしょう。とても良かった。

まず主人公の仁。決して美男子として描かれているわけではないでしょうが、武士と冥人の狭間で揺れ動く仁に多くの人が感情移入しまくったはずです。蒙古には恐怖の対象になった仁もすべては民を救うため。民を救うために、自分のこれまでの価値観を捨て、手を汚し、「お侍さんの戦い方じゃない」と民に恐れられても戦い続ける仁はめちゃくちゃかっこいいです。

そして、仲間になる相棒のゆな、弓の達人である石川先生、女傑である雅子て、仲間になる相棒のゆな、弓の達人である石川先生、女傑である政子殿。ゆなは全然かわいくない野盗崩れなのになぜか後半はかわいく見えてくるし、石川先生は老害丸出しの畜生だし、政子殿はバーサーカーだし。彼らと進めるサイドストーリーはメインストーリーに匹敵するぐらい面白いです。

そして、最大の敵であるハーンと父親同然の叔父である志村。ハーンは残虐なだけでなく知的で日本の武士について徹底的に調べてきた智将です。強くて頭が良いハーンは敵として天晴なぐらい悪役しています。そして、叔父である志村もある冥人になった仁とは衝突していく形になります。

これらの一癖も二癖もあるキャラクターがいれば美男美女なんて必要ない!逆にかっこいいぜ。

『ゴースト オブ ツシマ』のゲームシステム(戦闘、探索など)を評価・感想!良かった点、悪かった点

『Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)』の戦闘は武士として正々堂々と戦うもよし、冥人として闇討ち、暗器、毒殺など「お侍じゃない」戦い方をするもよし。私は冥人として戦うのが好きだったので闇討ちと暗器使いまくりでした。決まると超気持ちいです。

また、探索要素が素晴らしかった。ナビゲーションが何といっても秀逸。風が目的地へ向かって吹いていくので迷わず行けるだけでなく、没入感を損ねることもないです。この風を使ったナビゲーションは他のゲームにも取り入れてほしい。

探索先にはHPが増える温泉や護符がもらえる神社や祠、装飾品がもらえる和歌を詠む場所などあります。まさか、ゲームで和歌を詠むことになるとは…。サッカーパンチえぐい。

『ゴースト オブ ツシマ』の映像・音楽を評価・感想!良かった点、悪かった点

『Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)』はグラフィックが超美麗でフォトモードも充実しています。僕はスクショそんなにするタイプではないので写真はほぼとっていないですが、綺麗なフィールドを探索するのは本当に楽しかったです。

またこれだけの映像美なのにもかかわらずロードは爆速です。PS5だと早すぎて読み込みの時に出てくるTIPSが消滅します。

唯一、音楽に関しては無難でしょうか。違和感とか全くなかったですが、クリアしてみて思うことは音楽の印象がほぼないということです。ここだけ少し残念ですね。

『ゴースト オブ ツシマ』の総合評価まとめ

とにかく最高の一本。グロ表現だけ注意ですね。

総合評価
総合評価
 (5)
ストーリー
 (5)
キャラクター
 (5)
ゲーム性
 (5)
映像・音楽
 (4.5)

『ゴースト オブ ツシマ』の媒体・ユーザー評価一覧

媒体評価
Metacritic83/100
デストラクトイド9.5/10
ゲーム・インフォーマー9.5/10
Game Revolution
GameSpot7/10
GamesRadar+
IGN9/10

海外の評価はこんな感じ。メタスコア以上にプレイ後のユーザー評価がどんどん上がっていった作品です。


『ゴースト オブ ツシマ』のおすすめ実況動画を紹介

私は結構自分が遊んでいるゲームの実況動画を見るのですが以下がおすすめ。

牛沢

武士道か、信念か【Ghost of Tsushima】#1

自分の進行状況に合わせてとにかく一番見た動画が牛沢。牛沢の実況大好きなのですが、牛沢の対馬の実況は傑作です。とくに石川先生に対する牛沢の態度には腹抱えて笑いました。


『ゴースト オブ ツシマ』をクリアした感想まとめ

ということで『Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)』。骨の髄まで堪能しました。続編あればやりたいけど、設定的に厳しいかな。

DLCもう1回追加してほしい・・・。

ゲームのおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus