最新マンガアプリランキング2019

アニメ「ダイの大冒険(2020年版)」全話感想まとめ|28年ぶりの再アニメ化はDQファンも納得のクオリティ

あの「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」が再びアニメ化されるという嬉しいニュースが発表され、ついにその放送日がやってきました。

 

ドラゴンクエストの世界観を大胆に少年漫画にアレンジした傑作「ダイの大冒険」。連載終了から約25年たっているにもかかわらず根強い人気を誇る作品であり、少年漫画としてもドラクエ漫画としても名作と言えるでしょう。

おすすめドラクエ漫画まとめ!ドラゴンクエストの世界観を漫画で堪能

 

最近は過去の人気作の再アニメ化が増えてきておりますね。ダイの大冒険は私も再アニメ化してほしいと思っていた作品なので非常に楽しみです。

 

「ドラゴンクエストダイの大冒険」とは

そもそも「ダイの大冒険」とは1989年から1996年まで連載されたジャンプの看板漫画の一つです。タイトルに「ドラゴンクエスト」とあるようにドラゴンクエストの世界観を踏襲しておりますが、ストーリーは全くのオリジナルであり単純なゲームのコミカライズ作品を一線を画しています。

そもそもドラゴンクエストは鳥山明がキャラクターデザインを担当するなどジャンプがかなりバックアップしてきたゲームタイトルです。ドラクエ3の大ヒットの後、ドラクエ4を盛り上げるために誌面でのメディアミックスを企画したのがはじまりです。

コミックスの累計も4700万部とかなり大ヒットしていますし、ゲームにはなかったオリジナルの技や呪文が大きな話題にもなりました。当時の小学生はかならず傘でアバンストラッシュを真似していたものです。

 

TVアニメ「ダイの大冒険」とは

TVアニメ「ダイの大冒険」について公式の情報を中心にまとめます。正確な情報はこちらから確認してください。

TVアニメ「ダイの大冒険」がアニメ化されるのは2回目

「ダイの大冒険」がアニメ化されるのは2度目です。1回目は1991年10月17日から1992年9月24日まで全46話で放送しました。TBS系アニメとしては史上初の『週刊少年ジャンプ』原作のテレビアニメとして話題になりました。

 

本来は46話以上放送される予定でしたが、局の大幅改編に巻き込まれ急きょ打ち切られてしまうことに。普通に毎週楽しみにしていたアニメだったんですが、バラン編を大幅にいじって無理矢理終わらせるという何とも後味の悪い終わり方でした。

 

原作を読んでいる人ならわかると思うんですが、バラン編からが面白いんですよね。特に最終決戦は少年漫画のお手本ともいうような素晴らしい出来でした。そのラストをもう一度見れるかもしれないと思うと本当に今からわくわくします。

 

そして2020年。なんと28年ぶりに再度アニメかれることが決まりました。

 

私普段ゲームは「星ドラ」をしてるんですが、ダイの大冒険コラボ良くできてるんですよね。子供のころにダイの大冒険を見ていた人たちが28年ぶりの再アニメ化に対して奔走してたって素晴らしいですよね。

 

また、ただアニメ化するだけではなくゲーム化、グッズ化、スピンオフ連載などかなり気合が入ってるようです。

アニメ「ダイの大冒険」- 放送情報

放送局放送開始日
テレビ東京2020年10月3日(土)9時30分~
テレビ大阪2020年10月3日(土)9時30分~
テレビ愛知2020年10月3日(土)9時30分~
テレビせとうち2020年10月3日(土)9時30分~
テレビ北海道2020年10月3日(土)9時30分~
TVQ九州放送2020年10月3日(土)9時30分~
AT-X2020年10月9日(金)22時30分~
熊本放送2020年10月16日(金)1時55分~

TBS東京系列で毎週土曜日の朝9時半から放送します。私は宮崎出身なので断定できますが田舎だと放送しないですね…これ。

ホームページを見る限りではTverも怪しいので、放送エリア以外の人は見放題配信サービスを利用するのが賢明ですね。

動画サービスのおすすめはこちら
おすすめ動画配信サービス(VOD)徹底比較 | 利用シーンからピッタリのサービスをご提案

アニメ「ダイの大冒険」-  キャスト(声優情報)

登場人物キャラクター紹介

ダイ

CV : 種﨑 敦美

モンスターしかいない島に住む心優しい少年。勇者に憧れている。窮地に立たされた時にとてつもない力を発揮する。魔法より剣技が得意。

ポップ

CV : 豊永 利行

アバンの弟子である魔法使いの少年。メラ系の呪文が得意。臆病で情けなく、スケベなところがあるが…。

マァム

CV : 小松 未可子

かつてアバンとともに戦った戦士ロカと僧侶レイラの娘。聖母のような優しさと戦士顔負けの腕力を持つ。

アバンにもらった呪文を放つことができる魔弾銃の使い手。

レオナ

CV : 早見 沙織

パプニカの王女。おてんばで物事をはっきり言う性格であるが、カリスマ性が凄く各国の王も一目置くほどの人物。

揺るぎない正義の心を持っており、賢者の資質も持っている。

アバン

CV : 櫻井 孝宏

勇者や魔法使いを育てる家庭教師。剣技、魔法に秀でており知識もすごい。

とても穏やかな性格をしており実力も相当なもの。その正体は…

ゴメちゃん

CV : 降幡 愛

ダイが子供の時からいつも一緒にいる親友。世界に一匹しかいないゴールデンメタルスライムであり、その貴重さから悪党に狙われることもしばしば。

パーティーがピンチになると不思議な地価を発揮することも…

ハドラー

CV : 関 智一

15年前に世界を恐怖に陥れた魔王だが勇者に敗れ命を落とす。

大魔王バーンの力で蘇り、魔軍司令として再び地上征服を狙う。

クロコダイン

CV : 前野 智昭

ハドラーが指揮する6つの軍団の一つ「百獣魔団」の軍団長。獣王・クロコダイン。

ハドラーをしのぐ腕力の持ち主であり、武人としてのプライドをもった強敵。

ヒュンケル

CV : 梶 裕貴

ハドラーが指揮する6つの軍団の一つ「不死騎団」の軍団長。アバンを憎んでおり、人間でありながら魔王軍の軍団長になるまで暗黒の力を持つ。

 

アニメ「ダイの大冒険」全話あらすじと感想

アニメ「ダイの大冒険」の全話あらすじ+感想を毎週更新していきます。

かつて、魔王ハドラーにより苦しめられていた世界は、
「勇者」と呼ばれた一人の剣士とその仲間たちの手により平和を取り戻した――

時は流れ…。
魔王から解放されたモンスターたちが暮らす南海の孤島・デルムリン島。
島唯一の人間であり、勇者に憧れる少年「ダイ」は、モンスターたちと平和に暮らしていた。
だが、その暮らしも、魔王ハドラーの復活により一変する。

師との約束、仲間との出会い、逃れられぬ宿命…
再び危機が訪れた世界を救うため、勇者を目指す少年・ダイの冒険が始まるー!

第1話 小さな勇者、ダイ

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第1話

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第1話

あらすじ

デルムリン島に住む少年・ダイは、勇者に憧れながらも、育ての親の鬼面道士・ブラスのもとで魔法使いとしての修業をする日々を送っていた。ある日、デルムリン島に、勇者とその仲間らしき一行を乗せた船がやってくる。憧れの勇者の登場に大興奮のダイ。

しかし、彼らはじつはニセの勇者パーティーだった。ニセ勇者たちの狙いは、世界に一匹しかいないと言われる幻の珍獣・ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんを奪うこと。

さらわれた大親友のゴメちゃんを取り戻すため、ダイは、ブラスから渡された魔法の筒を手にニセ勇者たちを追う。船上でロモス王を欺きゴメちゃん捕獲を報告するニセ勇者たちに追いついたダイは、魔法の筒に封印されたモンスターたちの力も借りながら、ゴメちゃんの奪還を成功させる。

勇敢に戦うダイの姿に心を打たれたロモス王は、ダイを称え、「覇者の冠」を授けるのだった。 そうして再び魔法の修業に励む日常に戻ったダイ。そんなとき、島に再び船がやってくる。

船から現れたのは、パプニカ王国の司教テムジンと賢者バロン、そしてレオナと名乗る姫だった。

いやー、28年ぶりのダイの大冒険。ちょっと感動しました。とにかく絵がきれいで、よく動く。制作にお金をかけているのがわかります。

第1話は原作では読み切りだった前編・後編の部分を大筋は変えずに1話に収まるように編集したという感じでしたね。ストーリー的には全く違和感ありませんでした。

ただし、1個だけ残念だった部分もあります。この28年でコンプライアンスは一気に厳しくなってるんですよね。ダイの大冒険って健康的なお色気が少しだけあるんですけどそこは全カットでした…無念。

で、早くもレオナ姫と会っての第2話へ。レオナの声優さんは早見さんということでTwitterのタイムラインがざわついておりました。


第2話 ダイとレオナ姫

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第2話

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第2話

あらすじ

レオナがデルムリン島にやってきた目的は、賢者になるための儀式を受けること。

ダイは、儀式の舞台となる地の穴までレオナたちを案内することになる。何でも思った通りに発言するレオナに当初は反感を抱いていたダイだったが、行動を共にするうちに打ち解けていく。レオナは魔法が苦手なダイに、パプニカ王家に伝わるナイフをプレゼントする。

そんなとき、突然、巨大な魔のサソリが現れ、一行に襲い掛かってくる。ダイはなんとかサソリを撃退するものの、攻撃を受けたレオナは毒に侵されてしまっていた。じつは魔のサソリは、テムジンとバロンがけしかけたもの。二人は儀式中の事故に見せかけてレオナを殺害しようとしていたのだ。毒が回り、だんだんと弱っていくレオナ。しかし、解毒呪文(キアリー)ができないダイにはなすすべがない。

ダイが彼女を救いたいと強く願ったそのとき、彼の額に紋章が浮かび上がる。ダイは普段では考えられないほどの魔法力を発揮し、バロンが操る殺人機械・キラーマシーンを見事に撃破。キアリーで無事に回復したレオナは、儀式を終わらせたのち、ダイと再会の約束を交わして島を離れるのだった。

そのころ、どこか別の場所で、ある二人の男が魔王復活の気配を感じ取っていた……。

王道が服を着ているアニメ「ダイの大冒険」。第2話もとても良かったですね。今回はヒロイン・レオナの登場とダイとの絆が芽生える回でした。

あらためて思いましたがレオナの性格がいいですね。めちゃくちゃサバサバしていてハッキリ言う性格。その性格に魔法が使えないことをコンプレックスに感じているダイが救われます。

そして、レオナの命を狙うキラーマシーンとダイの戦闘シーンが見事。凄いカメラアングルでグルングルン動くバトルと呪文の迫力。これから物語が進んでいった後での戦闘シーンも期待できるでしょう。

そして、アバン先生とポップもいよいよ登場。彼らの冒険がついにスタートします。


第3話 勇者の家庭教師

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第3話

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第3話

あらすじ

いつものようにダイがモンスターたちと戯れていると、突然モンスターが凶暴化し出す。何らかの暗黒の力がモンスターたちに影響を及ぼしているようだ。危険を感じ取ったブラスはダイをデルムリン島から逃がそうとするが、ダイはそれを拒否。

ダイとブラスが押し問答を続けていると、そこに勇者育成業を営むアバンと、その弟子の魔法使い・ポップが現れる。アバンは島を破邪呪文(マホカトール)で浄化して、魔王が復活したこと、そしてパプニカ王家からの依頼を受けて、ダイを勇者に育て上げるためにやって来たと告げる。大切な人を脅かす魔王を打ち倒すため、ダイはアバンのもとで修業することを決意する。

さっそく特別(スペシャル)ハードコースの特訓に臨むダイ。相変わらず魔法は苦手だが、剣の腕はアバンの教えを吸収して目覚ましい成長を見せる。アバンはポップも特別ハードコースに誘うが、ポップはその厳しさに尻込みし、参加する気にはなれずにいた。

修業2日目、アバンはダイに自身の必殺技・アバンストラッシュを披露。そして、アバンストラッシュをマスターするためには、大地・海・空すべてを斬るアバン流刀殺法を身に付けねばならないと言う。ダイはその日のうちに、初歩となる大地斬を会得した。

そして修業3日目。この日アバンがダイに与えた課題は「ドラゴンに変身したアバンと戦う」というものだった。

あー、来ましたね。アバン先生とポップとついに出会いました。世界では魔王軍が復活し、勇者の家庭教師を名乗るアバンにダイが弟子入りし特訓するいわゆる「修行編」ですね。

我々が子供のころで傘で遊んでいたアバンストラッシュが25年以上の月日を経て現在に蘇りましたね。欲を言えば、もう少しシッカリ見せてほしかった…。まあ、このままダイの大冒険のアニメが子供に受け入れられるのであれば日本中の小学校でアバンストラッシュが繰り広げられることでしょう。

そして、第1話・第2話はある意味プロローグでしたが、この第3話からダイと魔王軍の戦いが始まると言ってもいいでしょう。作中ではわずか4か月の出来事ですが非常に濃厚な戦いが始まります。


第4話 魔王ハドラーの復活

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第4話

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第4話

あらすじ

火竜変化呪文(ドラゴラム)でドラゴン化したアバンは容赦なくダイを攻撃する。ダイはナイフで応戦するも、鉄よりも固いドラゴンの皮膚には歯が立たない。アバンが吐き出す炎を破るためには、力の技・大地斬ではなく、スピードの技・海波斬が必要だ。そのことに気付いたダイは、ぶっつけ本番で海波斬をマスターするのだった。

ダイが課題をクリアしたそのとき、一同は、強大な力を持った何者かが島に入ってこようとする気配を感じ取る。マホカトールの結界を破ってアバンたちの前に現れたのは、なんと魔王ハドラーだった……!

ハドラーは、アバンがかつて自分を倒した勇者であること、アバンに敗れたあとに大魔王バーンの力によって蘇ったこと、そして現在は魔王軍全軍を束ねる魔軍司令となったことを語る。ハドラーの極大爆烈呪文(イオナズン)に、アバンストラッシュで応じる。しかし、特訓で魔法力を消耗していたアバンは、以前よりも力を増したハドラーに劣勢を強いられる。思わずダイが加勢するが、小さな傷を負わせるだけで軽くあしらわれてしまう。

ダイの攻撃に逆上したハドラーは、ダイとポップに向けて閃熱呪文(べギラマ)を放つ。絶体絶命かと思われたそのとき、アバンは自らの体を投げ出しダイたちをかばう!

かつてアバンが勇者だった時の魔王ハドラーが大魔王バーンの総司令官としてダイとアバンの前に現れました。本作品における名悪役の一人ですね。敵ではありますがその生き様から非常に人気のあるキャラです。

個人的にはデザインに少し違和感が…ハドラーってこんなに緑色だったっけ?もっと薄い水色のイメージだったので、ナメック感あるハドラーになれるまで少し時間がかかりそうです。

物語はある意味いきなりの頂上決戦。元勇者であるアバンと強くなって復活したハドラー。現時点でのダイとポップとは雲泥の差があります。このハドラーをどう退けるのか…結末は知ってますがとても楽しみですね。


第5話 魔王ハドラーの復活

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第5話

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第5話

あらすじ

ハドラーが放ったベギラマは、ダイとポップをかばったアバンに直撃。アバンは今の自分たちの戦力では勝機がないことを悟る。一計を案じ、覚悟を決めたアバンはダイたちにアストロン(鋼鉄変化呪文)をかけ、二人の弟子に卒業の証「アバンのしるし」を与える。

身体が鋼鉄と化したダイとポップは、アバンが死ぬ気であることに気付きながらも、戦いを見守ことしかできなかった。アバンは自らの全生命エネルギーを爆発力に変えて、自己犠牲呪文≪メガンテ≫を放つ……!

しかし、彼の最期の大呪文でもハドラーを倒すことはかなわなかった。ハドラーは遺されたダイとポップにとどめを刺そうとするが、ダイはアストロンを破って応戦。そのとき、ダイの額には再び紋章が浮き上がる。ダイ渾身のアバンストラッシュを受けて大怪我を負ったハドラーは、捨て台詞を残して島を去っていった。

立ち込めていた暗雲が晴れ、以前の静けさを取り戻したデルムリン島。ポップはアバンを失った悲しみに暮れ、ダイはアバンの言葉を思い返してある決断をする。

一方、魔王軍の拠点・鬼岩城に戻ったハドラーは、ダイの額に浮かび上がる紋章が、竜(ドラゴン)の紋章であり、ダイが竜(ドラゴン)の騎士ではないかと考え、必ずダイを叩き潰すという決意を固めるのだった。

第5話めちゃくちゃ良かったですね。ダイたちを守るために命を燃やすアバン。アバンの決死のメガンテのシーンはハドラーの顔芸と相まって最高でした。

ダイ達アバンの使徒とハドラーの因縁が生まれた回でもありました。覚醒したダイとハドラーの戦闘シーンもかなり気合の入った作画で原作ファンからしても大満足でしたね。

 

そして、次回はいよいよわれらがクロコダインの登場です。毎週土曜日の楽しみが尽きない…!


第6話 獣王クロコダイン

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第6話

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第6話

あらすじ

アバンの遺志を継いで大魔王バーンを倒すため、ダイは島を出ることを決意する。ポップもダイと共に船に乗り込んみ、ロモス城を目指す。

道中の魔の森で二人はモンスターに襲われてていたところを、魔弾銃を操る少女・マァムに救われる。 マァムたちと別れたダイたちが再び道に迷っていると、彼らの前に、ハドラーからダイ討伐の命を受けた百獣魔団の軍団長・獣王クロコダインが現れる。

ポップは強大なパワーを持つクロコダインに恐れをなして、その場から逃げだしてしまう。残されたダイは大地斬で応戦するも、クロコダインはびくともしない。攻守に隙のないクロコダインを前に、ダイはじりじりと追い詰められていく……。

ダイが苦戦しているその頃、ポップは、ゴメちゃんを届けるためにダイたちを追いかけていたマァムと合流していた。マァムがアバンのしるしを持っていることに気付いたポップは、彼女と共にダイの元へと戻る。身体がしびれて動けず危機に瀕していたダイに、マァムは魔弾銃を放つ――!

アバンの意志を継いで大魔王との戦いに挑むダイとポップ。第5話までが序章だとするのならば第6話からが本編ですね。いよいよ魔王軍との戦いが始まります。

第6話の見どころは2つ。もう一人のアバンの使徒であり、紅一点のマァムの登場です。原作だとマァムは天然のお色気キャラでしてパ●チラマシーンでしたがさすがに土曜の朝にお子様も見る番組ではそうはいきません。キッチリとスパッツをはいております。その分谷間が強化されているように思えました。

そしてもう一つの見どころ。俺たちの獣王クロコダインの登場です。クロコダインはハドラーの次に出会う強キャラですね。ネットではネタキャラにされることもありますが私は非常に好きなキャラですのでワクワクして待ってました。

動くクロコダイン…たまらんです。


第7話 マァムの想い

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第7話

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第7話

あらすじ

マァムが突然ダイを攻撃したことに驚くポップ。だがじつは、彼女が放った魔弾銃の弾丸にはまひを治す呪文「キアリク」がつまっていた。それによってダイのまひは回復。さらにマァムの攻撃でクロコダインが一瞬ひるんだ隙を突いて、ダイはクロコダインの左目に一撃を食らわせる。負傷したクロコダインはその場から撤退していった。

ピンチを脱し、ネイルの村へとやって来たダイとポップは、マァムとアバンの間につながりを知る。なんと、マァムの両親はかつてアバンと共に戦った仲間であり、魔弾銃はマァムがアバンの修業を受けた際、卒業の日に彼からもらったものだったのだ。「正義なき力が無力であるのと同時に、力なき正義もまた無力」。

そんなアバンの教えを守って村を支えてきたマァムに、ダイとポップはアバンの死を伝えられない。しかし、マァムは偶然そのことを知ってしまう。 村の長老から魔法の修業を受けて成長を感じたダイは、翌朝、ポップと共に村を発つことにする。そしてマァムも、彼らと共にアバンの遺志を継いで戦うことを決心する。ダイとポップは、彼女を新たな仲間として温かく迎えるのだった。三人のアバンの使徒は、ロモス城を目指す――。

そのころ、クロコダインのもとに、妖魔士団の軍団長・妖魔司教ザボエラが助力を名乗り出ていた……。

クロコダインとの最初の戦いが一段落し、マァムが仲間になる重要な回ですね。クロコダインとの決着は9話あたりでしょうかね。マァムがアバンの使徒であり、その優しさから魔弾銃をアバンから預かったことがわかります。マァムはパーティーの中でも優しさ、慈愛を受け持つキャラなんです。

また、マァムの両親はアバンがハドラーを倒した時のパーティーだったということもわかります。アバンは物語をすでに退場してますが、アバンの過去は作中ずっと効いてくる伏線でもあるのでこういう情報はちゃんと頭に入れておくといいです。

そしてクロコダインとの最終バトルがはじまりますね。個人的に好きなエピソードもあるので今から楽しみです。


第8話 百獣送進撃

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第8話

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第8話

あらすじ

夜遅くロモス城下町に到着したダイたちは、宿で一晩を過ごすことにする。ダイはその宿で、かつてデルムリン島にやって来たニセ勇者パーティーと再会する。

そして夜明け。ダイたちは町中に響き渡る獣たちの咆哮で目を覚ます。クロコダインが百獣魔団のモンスターたちを率いて総攻撃を仕掛けてきたのだ。すぐさま宿を飛び出していくダイ。マァムもポップを連れダイを追おうとするが、ポップは怖気づいてしまっていた。失望したマァムはポップを置いて、単身でダイを追いかける。

ロモス城の大広間では、ダイとクロコダインが対峙していた。マァムもそこに駆け付けたるが、クロコダインはザボエラから渡された魔法の筒を取り出す。中から現れたのは、なんとブラスだった! マホカトールで守られたデルムリン島の外では大魔王の魔力に支配されてしまうブラスは、自らを見失い、ダイのこともわからず襲い掛かる。

しかしダイは、たった一人の家族であるブラスに反撃することができない。さらにクロコダインの最強技・獣王痛恨撃を食らい、ダイはついに倒れてしまう。

主人公チームが劣勢になる回ですね。マァムを仲間に加えるものの、クロコダインの襲撃にビビッて逃げるポップ。ブラスを人質を取られボコボコにされるダイ。

ダイの大冒険は一度は追い込まれるものですが、そのあとがスッキリするのでこの回は我慢しましょう。


第9話 ひとかけらの勇気

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第9話

© TVアニメ 「ダイの大冒険」- 第9話

 


あらすじ

クロコダインの獣王痛恨撃により大きなダメージを受けたダイ。ダイを救おうとするマァムもまた妖魔司教ザボエラ が操るあくまのめだまによって縛り付けられてしまった。

その様子をニセ勇者パーティーの魔法使い・まぞっほに見せられたポップだが、それでも恐怖心に打ち勝てず動けないでいた。そんなポップに、まぞっほが語りかける。「胸に勇気のかけらが一粒でも残っているうちに早く行け」と。その言葉に背中を押されたポップは、ついに城に向かって走り出した。

クロコダインがダイにとどめを刺そうとしたそのとき、ポップが大広間に到着した。恐怖に震えながらも、クロコダインに立ち向かっていく。クロコダインの硬い身体でポップのマジカルブースターの宝石部分が砕かれてしまうが、それはポップの作戦だった。

ポップはそのかけらで魔法陣を作り、マホカトールを発動する。彼の狙いは、ブラスを邪悪な意志から解放し、ダイが思いっきり戦えるようにすることだったのだ。  

その思いに応えるようにダイは再び立ち上がる。額には竜(ドラゴン)の紋章が浮かんでいた。ダイとクロコダインはそれぞれの最強技で激突。戦いを制したのはダイだった。敗れたクロコダインは卑怯な策に手を染めたことを悔い、ダイの強さと、ポップの勇敢さを讃えるのだった。

再アニメ化して今回で9話。ここまでのエピソードの中で一番良かったのがこの9話でしょうね。私も原作の中で序盤で一番好きなエピソードです。ダイの大冒険は主人公はもちろんダイですが、裏の主人公は完全にポップです。

臆病で逃げてばかりのポップがひとかけらの勇気と知恵を振り絞って獣王に挑む。かなり泣けるエピソードであり、ここからポップの好感度が爆上がり。等身大だけど勇気を振りしぼって強敵に挑むポップは今の鬼滅でいうところの善逸ですね。


 

原作漫画「ダイの大冒険」の魅力とアニメに期待すること

原作漫画「ダイの大冒険」について紹介します。ちなみに私も全巻持っており定期的に読み返している思い入れのある作品です。

DRAGON QUEST―ダイの大冒険― / 三条陸、稲田浩司、堀井雄二(完結 / 全22巻)

あらすじ

モンスターが平和に暮らすデルムリン島。その島で唯一の人間・ダイは、魔法が苦手だが勇者に憧れている少年。ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、ダイは勇者になる特訓を開始! だが、そこへ復活した魔王が出現し!?

少年漫画のど王道!勇者ダイと大魔導士ポップの活躍に目から汗が…

元勇者アバンに特訓を受けていた少年ダイが魔王の復活により世界を救うための魔王軍と戦う…ていう話。ドラクエの世界観をもとにオリジナルのストーリーで描かれます。

DRAGON QUEST ダイの大冒険

© DRAGON QUEST ダイの大冒険

見どころは何といってもダイの相棒であるポップとライバルであるハドラーの存在でしょう。ポップは作者にとっても「読者と物語をつなぐ存在」として重宝されておりむちゃくちゃ強いやつに情けなくも立ち向かう姿に心打たれる存在です。

作中最弱のキャラから最後は対大魔王戦の切り札にまで成長するポップはほんとうにかっこいいです。最終バトルでは「勝手に動いた」と作者がいうほど神がかったかっこよさを見せつけてくれます。

アニメ化で期待したいのは28年分のドラクエの進化をうまく融合できるかどうか

ダイの大冒険はドラクエ3とドラクエ4の間に開始した作品です。しかし、ドラクエはいまや11まで出ています。モンスターも増えていますし、呪文だってどんどん上位互換が出ています。

もちろんそのまま放送することもできるでしょうが、ドラクエの進化した部分をダイの大冒険の物語にうまく絡めていってほしいですね。

 

アニメ「ダイの大冒険」情報 – まとめ

あの往年の名作が最新の作画でどうなるか…非常に楽しみですね。

またダイの大冒険はアニメだけでなく複数のゲーム化、過去のスピンオフなどメディアミックスも多数でかなり力入っています。2020年にまさかダイの大冒険がここまで盛り上がるとは思っていませんでしたが、めちゃくちゃ期待しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus