読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

書道漫画「とめはねっ!」全14巻を一気読みした感想→最高じゃねーか

COMIC COMIC-おすすめマンガ

f:id:defender_21:20160109222114j:plain

http://miti4.exblog.jp/17515565

 

あけましておめでとうございます(おそい!?)

 

日本の新年の行事の中で個人的にもっとも縁遠いものは「書き初め」だったりする私ですが、年始のお休みにマンガワンというアプリで「とめはね」という書道漫画を一気読みしておりました。(一気読みキャンペーンは終了してます。)

 

www.kokoro-fire.com

 

 

実は途中までは過去読んでいて「そういえば完結したんだっけな」て思っていたのでいいタイミングでした。ちょっとマニアックな漫画や設定が目新しい漫画って連載当初は話題になるんですが知りすぼみになることも多いので心配していました。しかし、この作品はむしろラストこそ至高。最後まで読んでグーーンっと評価が上がった作品です。

 

『とめはねっ!鈴里高校書道部』とは

 

『とめはねっ! 鈴里高校書道部』は、河合克敏による書道を題材とした作品。書道監修は武田双雲。』2007年から2015年まで連載されていた。NHKでテレビドラマ化もされている。いわゆる青春書道漫画です。

 

書道という題材が面白いです。2000年代後半にあった文化系漫画に火付け役ともいわれているらしい。

 

公式HPはこちら

spi-net.jp

 

作者:河合克敏さんについて

上條淳士さんのアシスタントをへてデビューした漫画家さんで小学館の雑誌で主に連載しております。代表作は『帯をギュッとね!』『モンキーターン』とどちらも長期連載された人気作。非常に実力派の漫画家さんです。

 

 

『とめはねっ!』のあらすじと見所

f:id:defender_21:20160109225202p:plain

 

『とめはねっ!』はただの書道漫画ではなく、非常に練られた作品ですのでその辺りを紹介します。

 

あらすじ

脅されて書道部に入部した大江縁と、騙されて書道部に入部した望月結希。一風変わった先輩たちに翻弄されて、これでいいのかと思う日々。でも、ダイナミックでデリケートな書の世界は、かなり魅力的で… そして彼らの「書の甲子園」を目指す日々が始まる!!
文化系青春コメディー、It's 書(SHOW) TIME !!  

 文字読みたくない人は立ち読みをどうぞ

とめはねっ!を無料立ち読みする

 

難しい伏線とか無く非常に楽な気持ちで読めます。テンポも悪くないし、ずーっと読んでいられる。そんな作品です。

 

見所

この作品は書道をテーマにしたボーイ・ミーツ・ガールの恋愛青春マンガだったりするんですが、ラブコメ部分はさておきこの「書道」を漫画として描き切った凄さ、アイディアが素晴らしいと思っています。

 

① 書道について学べる

「書道」って日本人にとって馴染みがあるようでやっていない人には理解し難い芸術だったりするじゃないですか?何書いてあるかわかんないし。ジャンルも非常に多岐にわたるんですけど、それらをわかりやすく説明してくれるんです。主人公たちが初心者ということもあって一緒に勉強している感覚になれます。

 

② 実際の「書」が漫画で使われている

これが一番の見所ですね。過去の著名な書道家の作品が紹介されるだけでなく、主人公たちの書いた作品は現役に高校生や書道経験者から募集してあつめたものが作品として掲載されています。コミックスでは細かく出典や注釈がのっているので当時の書道部の生徒たちには励みになったことと思います。

f:id:defender_21:20160109231135j:plain

[まとめ買い] とめはねっ! 鈴里高校書道部

 

なんとなく漫画を読み終わる頃には「書」の良し悪しがわかるようになっている気がします。おそらく勘違いですが笑。

 

『とめはねっ!』を一気読みした感想

素直に感動しました。正直言うと最終巻は僕のゆるゆるの涙腺に耐えられるような甘い出来じゃなかったです。

 

その感動をこれから読む人にそこなってほしくないので極力ネタバレはないようにしますが無理があるのでちょっとします。

 

この作品の主人公たちの大きな目的は「書の甲子園」です。ここで入賞するというよりもここに向けてそれぞれの力を最大限に発揮するというのが目的という感じなんですが。

 

その書道部での活動のハイライトとでもいうべき作品をつくり上げるために悩む主人公が出会う作品の衝撃。作者も非常に反響があったという回ですが、私もそのページを見た時にゾッとしました。そして主人公が書き上げた書がまた素晴らしくて、書道未経験者の僕もそれを見た瞬間感動して泣きました。

 

「文字」を見て泣いたことありますか?

 

是非自分の目で確かめてください。

 

まとめ

今回は携帯アプリで読んでいたんですが、ラストは少しでも「書」をリアルで感じたく最終巻のみお昼休みを削って漫画喫茶で読みました。これは正解だったなと。

 

いい作品にであえて良かったなと思える作品ですので騙されたと思ってよんでみてください。

 

 

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.