読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

定額見放題の動画配信サービス(VOD)比較 | おすすめVOD詳細と選び方を解説

比較

f:id:defender_21:20161228012928j:plain

 

スマホの普及、視聴率の低下とともに一気に利用者を増やしているのがインターネット回線などを通じて、映画やドラマ、バラエティー番組といったさまざまな動画コンテンツを配信するサービスです。ビデオ・オン・デマンド(VOD)とも呼ばれています。

 

映画、ドラマ、アニメなどが定額料金で見放題ということで非常に便利なVODですが、サービスごとに特徴があるので自分にあったサービスを選ぶ必要があります。

ということでどのサービスを選べばよいかわたし「坂本龍馬」と

「牛若丸」が皆さんに変わって比較させていただきます。

 

動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)とは?

ビデオ・オン・デマンドとはユーザーが観たいタイミングで様々な動画・映像コンテンツを視聴できるサービスです。略称はVODで電子レンタルビデオとも呼ばれることがあります。TVなどは単方向通信ですが、VODは利用者の要求に応じた双方向通信であるというのが大きな特徴です。

ソフト・オン・デマンドの略称はSODだよ

公開済みの映画やTV放送済みのコンテンツだけでなく、VODサービス自体がオリジナルのコンテンツを製作し配信することもあります。 

ちなみに市場規模も急拡大中で2016年は約1500億円の市場だったのが2020年には約2000億円になるといわれているよ(GEM Standard調べ)

(補足) VODはインターネットなどのネットワークを通して配信するサービスです。一方BS・CSは人工衛星からの映像をデジタル化して放送するサービスです。

 

動画配信サービスの視聴方法

VODはインターネットを使って配信されるサービスですので、ネット接続されているPCやスマートフォン(専用アプリを利用するケースがほとんど)であれば視聴可能です。

TVでVODを利用する方法

自宅のTVでVODを利用するには

  1. TVとPCをHDMI接続する
  2. PS4などのゲーム機を利用する
  3. スマートTVを利用する
  4. 専用機器を購入する
  5. スマートTVデバイスを利用する

などいくつか方法がありますが、コスト&利便性を考えるとスマートTVデバイスの利用を推奨します。

まじでTVのチャンネルを変える感覚で利用できるから。ゲーム機とかだといちいち接続するのめんどくさいしね。

スマートTVデバイスは「amazon fire tv stick」か「Google Chromecast」がおすすめ。

Amazon fire TV stick

Amazonが提供しているスマートTVデバイスが「Amazon Fire TV」と「Amazon Fire TV Stick」。容量が違いますが正直「Amazon Fire TV Stick」で十分です。プライムビデオだけでなくNetflix、Hulu、YouTubeなど、豊富なコンテンツを一台で楽しめます。

Google Chromecast

GoogleのスマートTVデバイスのCromeCastもおすすめ。特にGoogleフォトとの連携もあるので写真を大画面で楽しむことができます(amazonよりGoogleフォトを利用している人多いはず)。

 

動画配信サービスを選ぶポイントは?

今回はVODサービスごとに以下内容で比較していきます。

① 料金

当然ですがまず金です。定額見放題とはいえ、支出はできるだけ抑えたいところ。サービスによっては新作映画などはPPV(ペイ・パー・ビュー)と呼ばれる追加課金が発生することもあるので注意。

VODも討幕もお金が大事

 

② 無料トライアルの有無とその内容

VODはサービスごとに強いジャンルや利用方法が異なるのでまず試してみて自分に合ったものを選びましょう。

どうせ無料で試すなら長期休暇に試したほうがいいよね。暇だし。

 

③ コンテンツの数 

見たいコンテンツが多いにこしたことはないですよね。数は正義です。

数・数言って平家のように驕っているとぶっ飛ばすぞ 

 

④ 画質 

HD画質や4K対応のサービスもあります。特に家の大型TVで見たい…というような人は画質の良いサービスを選ぶといいでしょう。

 

⑤ 複数端末で同時視聴できるかどうか

どのVODサービスも基本的にはTV、PC、スマホと複数端末で利用可能ですが同時に別の場所で視聴できるサービスは限られています。

家族で利用する場合、同時視聴できるとチャンネル争いで負けたときに便利だったりする。特に父上はチャンネル争いで負けることが多いから…

コンテンツ数が多いと見たい番組も異なってくるしね

 

⑥ スマホ・タブレットにDL可能か 

VODは基本的にストリーミング再生なのでネットに接続していることが条件です。スマホやタブレットで視聴するときwi-fi環境以外で視聴すると通信容量も大きいため即パケ死します。ですのでスマホで視聴したい、通勤・通学中に動画を見たい人はDL可能なVODサービスを利用するといいでしょう。

 

⑦ アダルトの有無 

これはアダルトが見たいとかではなく、子供のいる家庭だとそのVODでアダルトが見れるかどうかは重要ですよね。いえ、アダルトが見たいとかではなく。

アダルトは江戸時代からこっそり楽しむもの

平安はエロ小説が文学扱いされてるからなんも言えない

 

おすすめ動画配信サービス(VOD) 

これらの条件をもとに代表的なVODサービスを比較していきます。

 

① Hulu

f:id:defender_21:20161225223952j:plain

特徴

動画配信サービスとして日本で最も知名度が高いのはHuluではないでしょうか?2011年より日本でサービスを展開しており、日テレと業務提携しているので日本のコンテンツも強いのが特徴です。
コンテンツ数は約3万本と他のVODサービスと比較すると少なく見えますが無駄がなく優良なコンテンツが多いため少ないと感じません。また933円/月以外の追加課金はなくすべてのコンテンツが料金内で楽しめます。

海外ドラマ、映画、日本ドラマ、アニメなどバランスがよいのが特徴。HD画質もうれしいところ

おすすめの配信作品は…ガキの使い / ウォーキング・デッド / コナン / ゲーム・オブ・スローンズ / デスノート / プリズンブレイク など 

おすすめポイント
★933円/月で追加料金なし。料金プランがわかりやすい!
★海外ドラマ、国内ドラマ、映画、アニメの品ぞろえが良い。変なコンテンツ(カラオケなど)入っていないのでノイズが少ない
★画質が綺麗で大きい画面で見るのに適している

イマイチなポイント
▲DL機能が現時点でないため移動中の動画視聴は微妙
▲PPVがないため新作映画などは対応が遅い

スペックまとめ 
料金 933円/月(税抜き)
PPV なし
無料トライアル 14日間無料
コンテンツ数 約30,000本
画質 SD/HD
同時視聴 ×
ダウンロード ×
アダルト なし

 

② dTV

f:id:defender_21:20161225224232j:plain

特徴

国内500万人以上の会員を有する最大規模のVODサービスがdTV。2015年にキャリアフリー化してるのでau、ソフトバンク、格安SIMユーザーも利用できます。12万以上の動画を月500円という破格で利用できるというコスパ最強のVODです(一部PPVあり)。

コンテンツがドラマ、映画、アニメなど豊富。韓流なんかも強いぞ。エイベックスと共同運営のためMVなんかも用意されている。

新作は追加料金を払えばレンタルできる。しかもDL可能なので移動中にも利用できるのがかなり使い勝手がいい 

おすすめポイント
★12万コンテンツ500円/月と圧倒的にコスパが良い
★動画DL対応のためオフライン視聴できる
★韓流やハリウッドなどの「ドラマ」につよい

イマイチなポイント
▲複数端末での同時視聴ができない
▲新作は追加課金発生(100円〜)
▲画質が悪く感じる人もあり(アップスケーリングされていない)

スペックまとめ  
料金 500円/月(税抜き)
PPV あり
無料トライアル 31日間無料
コンテンツ数 約120,000本
画質 SD/HD/4k
同時視聴 ×
ダウンロード
アダルト なし

 

③ U-NEXT

f:id:defender_21:20161225223846j:plain

特徴

月額1990円とやや高い金額ながら12万コンテンツとdTVに匹敵するのがU-NEXT。月額1990円は高いと感じるものの1000円分のポイントがもらえるためそれはPPV大賞作品に利用できる(つまり、他動画配信サービスにないような作品や新作を見ることができる)。他のサービスで見るもの少ないなあって感じた人におすすめ。

同時視聴も最大4アカウントまで対応できるしダウンロードも可能。家族で見たい人におすすめなVOD。

アダルトも見れる。しかも、「ペアレンタルロック」もあるので子供に見せないようにもできる。まさに大人も子供も楽しめるVOD!

おすすめポイント
★コンテンツ数が多く、PPVで新作もカバー(1000円分ポイント)あり
★ダウンロード、同時視聴など家族で楽しめる動画配信サービス
★アダルト、雑誌なども楽しめるVOD。ペアレンタルロックもあるので安心

イマイチなポイント
▲1990円と値段は高いのでまずは31日間無料を試して見極めを
▲Huluなどと比べるとHD画質が少ない

スペックまとめ
料金 1,990円/月(税抜き)
PPV あり
無料トライアル 31日間無料
コンテンツ数 約120,000本
画質 SD/HD/4K
同時視聴


※最大4アカウントまで

ダウンロード
アダルト あり

 

④ Netflix

f:id:defender_21:20161226002851j:plain

特徴

アメリカではテレビ並みの影響力を持つ動画配信サービスNETFLIX。アメリカでは新型TVはNETFLIX対応必須だとか(世界有数の家電イベントにNETFLIXの社長がゲストとして登壇したりする)。特にオリジナルのコンテンツ作成の定評がある。日本ではサービス開始して日が浅いので国内のコンテンツはやや見劣りするものの海外ドラマや映画は十分強いし2016年11月よりDL可能になったで移動中でも楽しめるようになった

料金プランが3つあって画質、同時視聴できる数から選べる。ひとりで楽しむのか、家族で楽しむのか…でサービスを選べるのが嬉しい。

オリジナルの海外ドラマは…デアデビル/ストレンジャーシングス/フラーハウス/ゲットダウン など 

おすすめポイント
★とにかくオリジナルの海外ドラマを楽しむならNETFLIX
★DLできるのでオフライン視聴も可能
★画質最強の4Kコンテンツが豊富

イマイチなポイント
▲国内コンテンツはまだまだ少ない
▲4K/4ストリーミング対応のプレミアムプランはやや値段が高い

スペックまとめ
料金

・ベーシック : 650円/月
・スタンダード : 950円/月
・プレミアム : 1450円/月

PPV なし
無料トライアル 30日間無料
コンテンツ数 非公開
画質 SD/HD/4K
同時視聴
※スタンダードプラン以上で可
ダウンロード
アダルト なし

 

⑤ Amazon Prime Video

f:id:defender_21:20161226003234j:plain

特徴

みんな大好きAmazonのプライム会員向けビデオサービス「プライムビデオ」。プライム会員3900円/年の1サービスなので他サービス(音楽・当日配送・フォト…)を考えると圧倒的にコスパが良いサービス。コンテンツ数は他VODサービスと比較すると多くはありませんがプライム会員にとっては無料使っているようなサービスなので日々増えるコンテンツに(え?これも見れるの?)というような謎のお得感があるサービスです。

DLも可能!金額的にもはじめてVOD試す人には最強のサービス

最近は「クレヨンしんちゃん」や「松本人志のドキュメンタル」など日本のオリジナルのコンテンツも充実し始めたよ

おすすめポイント
★プライム会員向けのサービスなのでとにかく安い(3900円/年)
★DL可能/同時視聴可能なので家族でも楽しめる
★話題の「ドキュメンタル」が見れる唯一のVOD

イマイチなポイント
▲コンテンツ数は他VODと比較して多くはない(が、日々増加中)
▲Apple TV / cromecastは公式では非対応(AirPlay / キャスト機能で閲覧可)

スペックまとめ
料金 プライム会員 3900円/年
PPV あり
無料トライアル 30日間無料
コンテンツ数 非公開
画質 SD/HD/4K
同時視聴
ダウンロード
アダルト なし

 

結局どれを使えばいいの?

ここまででなんとなく5つのサービスの違いが見えてきたと思います。

とはいえどれ入ればいいのよ?どれもいいサービスじゃん

目的とか利用シーンを考えると使うべきサービスが見えてくるよ

最低限入っておくべきなのはAmazonプライムビデオ

Amazonプライムはそもそもサービスが利益度外視というようなサービスです。またプライムビデオも他のサービスと比較すると数は多くありませんが新旧の名作は入っていますし初めてのVODとしては申し分ないでしょう。

AmazonプライムビデオでまずはVODの良さを知って、コンテンツに物足りなさを感じるなら追加でもう一つ入るのがおすすめ

プライムビデオをベースに長期休暇などの時だけ追加で入るのもアリ。終わったら退会すればいいし無料期間をうまく活用しよう。

 

移動中に見るならオフライン視聴可能なdTVU-NEXTNETFLIX

電車の中で動画を見たい人も多いはず。そんな人はdTV、U-NEXT、NETFLIXを選びましょう。

 

国内外の良質なコンテンツをたくさん見たいならHuludTVU-NEXT

ドラマ、映画、アニメの名作を見るならコンテンツ数の豊富なHulu、dTV、U-NEXTを選びましょう。もし新作などをいち早く見たいのであればPPVが可能なdTVかU-NEXTにしましょう。

 

画質にこだわるならHuluNETFLIX

基本的にどのVODもHD画質対応していますが、HuluとNETFLIXが画質は良いように感じます。アップスケーリングなる処理がされてるからともいわれてますが。ただ良く感じる程度なのでそこまでこだわらなくてもよいと思います。

 

家族で楽しむならU-NEXTNETFLIX

家族で楽しみたい人は同時視聴が可能なU-NEXTかNETFLIXを利用しましょう。特にU-NEXTはアダルト+ペアレンタルロックという鉄壁の陣容です。

 

海外ドラマ、オリジナルコンテンツを見るならHuluNETFLIX

HuluとNETFLIXは海外のサービスなだけあって海外ドラマが強いです。またNETFLIXは海外でも評価の高いオリジナルコンテンツを有していますし、Huluも日テレがオリジナルドラマなど作っています。

 

最後に

毎月固定で費用のかかるサービスはなんとなく嫌…という人もいると思います。必要な時にレンタルビデオ借りればいいじゃんと。

はっきり言ってVODを使うようになるとレンタルビデオの借りて、返しに行くという工程の不毛さを痛感するようになるよ。時間の無駄だし、借りれなかったときのガッカリとか何しにここに来たんだと。

500円程度から利用できるサービスもあるし、必要な時だけ無料期間を使うという手もある。とにかくひとつはいってるだけでもTVの選択肢がめちゃくちゃ増える。

見たい時にいつでも数万の中から動画を選べるっていうのは体験すると想像以上に良いものです。なにより最近テレビがおもしろくないしね。

めちゃくちゃ高いというものでもないので試す価値はあると思いますよ!

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.