読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

子連れ海外旅行にグアムがオススメな3つの理由と旅を楽しむテクニック

旅行・お出かけ 旅行・お出かけ-海外旅行

年度末でバタバタしてましたが気が付くとGWの予定を立てないといけない時期ですね。ちょっと前にイヤイヤ期を迎えた子供と初海外旅行に行ってきました。その教訓を同じような境遇のパパたちに共有できればと思い筆を執った次第であります。

 

いきなり結論なのですが、イヤイヤ期までの幼少期の子供と海外行くならグアム一択です。僕みたいな私生活がくそみたいなズボラ父でもなんとかなったのはグアムだったからとしか言いようがありません。

*1

 

ではなぜグアムがオススメなのか、そして旅をより満喫するTIPSを僕の反省を踏まえ書いていきます。

f:id:defender_21:20150323154120j:plain

( Photo by (c)Tomo.Yun ) http://www.yunphoto.net

 

子連れ海外旅行にグアムがオススメな3つの理由

グアムは行ってみてわかる子連れ海外旅行に最適な場所でした。その3つの理由を紹介します。

 

①移動時間3時間半!ハワイの半分の時間でグアムに行ける。

成田-グアム間の移動時間はだいたい3時間半ぐらいでした。ハワイだと8時間ぐらいです。とにかく子連れのパパ・ママが気にするのは「子供が我慢できるか?泣いてしまうんじゃないか?」だと思います。しかも飛行機は狭いし密室なので逃げ場がありません。

この移動時間だけで今回グアムを選びました。海外で子供も楽しめて近い場所はグアムしかないと思います。3時間半ならなんとかなる。そう思って選びましたがなんとかなりました。途中機内食もあるし、おもちゃやお菓子を用意しておけば十分耐えれる時間です。逆にハワイの8時間だと考えるとぞっとします。この3時間半が耐えられる限界の時間だったとも言えます。

 

②グアムの治安はとても良い。

ハワイも治安いいんですけどね。グアムの治安はやっぱり安心できるレベルで良かったです。観光地から外れるとか夜中の外出を控えれば問題ないでしょう。陽気な島民がもてなしてくれます。ボッタクリとかかっぱらいの気配皆無でしたね。チップはありますけどね。

 

③グアムは日本語が通じます。ほとんど。

グアムはある意味海外であることを忘れさせるぐらい日本語が通じます。ハワイよりも全然通じますね。大人だけの旅だったら物足りない刺激も子供連れだとその刺激は不要です。安全でいざという時に言葉が通じる。この安心感は海外随一だと思います。

 

つまり、近い、安全、安心。子供連れの海外ではグアムはかなり適した場所と言えます。

 

ではそのグアムをより楽しむためのTIPSを紹介していきます。

 

子連れのグアム旅行をより楽しむためのテクニック

今回の旅行で分かったグアム旅行を100倍楽しむためのテクニックを紹介します。是非参考にして下さい。

 

① 成田まではスカイライナーを使え

スカイライナーかなりいいです。

京成電鉄の成田空港アクセス | スカイライナー成田空港アクセス | 京成電鉄

日暮里から成田空港36分。グアムまでのフライトが短くても電車で1時間も2時間もかけてしまうと一緒です。少し値は上がりますが、その分「早い」し指定席なので楽ちんです。しかも日暮里-成田空港間止まりません。ひと駅。あまりの便利さに感動しました。

 

② 可能な限り成田空港近くのホテルに前泊しよう

①にも通じるのですが前泊するしないで全然違うと思います。フライトが10時半とかだと8時ぐらいに空港。となると6時台の電車に乗ることになると思います。ということは5時台に起きるということ。大人でもキツイです。電車の分移動時間も3時間半+1-2時間になりますしね。

僕は前泊したので朝も悠々、いつも通りに起きてのんびり空港に行きました。これは当日のフライトでの子供のコンディションにかなり効いていたと思います。

 

③ セルフィー買っとけば良かった

外国の方かなり使っていたけどあれ便利そうですね。やっぱりいちいちシャッターお願いできないから。以前から使っている簡易三脚で対応したけどセルフィー買っとけばよかったと思いました。真面目な話。

 

④ 交通費が高いからホテルは繁華街(タモン周辺)に近い方が良い

今回止まったホテルは繁華街(タモン周辺)から少し離れていたんですがやっぱり不便でした。 となると移動の中心はバスかタクシーになります。しかしシャトルバスは乗り継ぎの面倒さや混んでいて乗れなかったりするので何回かタクシーを使うことになったりました。しかし、円安の影響もあり日本より高くつきました。この出費を考えるとちょっと高くても繁華街の近くのホテルを取ると結果的に安く収まると思います。僕は3日間で2万円ぐらいタクシーに使いました。

また、海水浴もタモン周辺以外の海はやりづらい(砂浜が固かったりします)のでそういう意味でもタモン周辺がオススメです。

 

ちなみにマイクロネシア・モールと呼ばれるショッピングモールやグアムプレミアム・アウトレットは行く必要ないです。免税品やお土産はタモン周辺にありますし、靴や服といったサイズ物はサイズが無いし探すのが困難です。面白くもありません。繁華街以外の場所でショッピングするぐらいなら泳いだり観光に時間を当てましょう。

 

⑤ シャトルバスを考えると旅行会社はJTBが良いと思う。多分

今回僕はJALパックで行ったのですが現地でHISにしとけば良かったなと思いました。グアムは赤いシャトルバスを一般的に使うんですけどこれは旅行会社をまたいで使うんですよね。なので混みます。また、半分は空調が効かないのでかなり暑いです。乗り心地も悪いですね。

 

JTBのシャトルバスは空調も効いているし空いてました。かつコースも良さそう。タクシーは高いのでバスに乗ることが増えます。だったらJTBがオススメです。HISもシャトルバスあるようなのでどっちかかなと思いました。

 

LINK【JTB海外旅行】JTBのグアム旅行はシャトルバスも便利

 

⑥ お土産はどこでも買えます

スーパーも免税店もモールも置いてあるものは一緒です。というかホテルの売店にさえあります。なのでお土産を見る時間は結構短くてもいいと思うんです。

しかし、世の中の女性はお土産+免税店にめっさ時間をかけようとします。懸命なパパならお分かりですね。「そんなの日本で買えるやん」「ホテルの売店で買えよ」類の言葉は滅びの呪文(バルス)ですので決して唱えてはいけません。奥様方が買い物モードになったらおとなしく従いましょう。

 

⑦ 子供連れなら夜市は行かなくていいと思います。

f:id:defender_21:20150323162251j:plain

グアムは毎週水曜日夜市をやっています。チャモロ系の料理が食べれるんですけどようするにバーベキューです。日本人も多いし面白いんですが、2歳ぐらいまでの子供に食べさせる料理は少ないですし、混んでいるので危ないです。衛生面も不安なので無理していかずにちゃんとしたお店で食べることを推奨します。

 

⑧ ハンバーガーならメスクラドスがオススメ

メスクラドスというハンバーガー屋さんがオススメです。

Gourmet Burgers & "Guam Style" BBQ Plates | Meskla DOS

f:id:defender_21:20150323162722j:plain

(出典:http://lynetteandreasen.blogspot.jp/2010/09/food.html)

Kマートの近くにあるんですが見ての通りかなり美味しいのと火が通っていて子供にも安心して食べさせれます。ウェルダンですね。

 

⑨ チャモロ料理の有名店プロアは6時前に行けば入れる

プロアというBBQの有名店があるんですが旅行会社を通して予約を試みたんですが無理でした。なので直接現地に行ったら普通に入れました。18時前でしたかね。BBQがめっちゃうまいのでオススメです。

www.facebook.com

f:id:defender_21:20150323163135j:plain

(出典:http://canappe-guam.blogspot.jp/2012/07/proa2012.html)

店員さんも親切で雰囲気のいい店です。

 

グアム旅行はJTBがオススメ

上にも書きましたがシャトルバスが交通の生命線なのでJTBがオススメです。子供連れのサービスやパックも多いですしね。もしくはHISでしょうか。

 

LINK【JTB海外旅行】グアムならJTB!子供向けサービスも充実

 

格安航空券探すならスカイチケットが便利

格安航空券検索 skyticket 国内・海外航空券をお得に予約
格安航空券検索 skyticket 国内・海外航空券をお得に予約
無料
posted with アプリーチ

海外航空券にも対応しているスカイチケットは格安航空券の最安値を検索できるサービスです。 旅費は安くして現地でお金をつかうのが旅を楽しむ秘訣ですね。おすすめです。

 

まとめ

それでも色々大変だとは思いますが、今思うのは微塵の後悔もないということですね。いってよかったと本気で思えます。可愛いさかりのやんちゃ坊主と海外にいく思い出はプライスレスです。我が家は子ども少し大きくなってきたので次はハワイかな。

 

*1:ズボラ父とは家事において足手まといになってしまう残念なパパのことを指す。さっき僕が作った造語です。

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.