作業用BGMに最適!!!テンション上げて働ける有名映画のテーマ曲

投稿日:2015年4月26日 更新日:

音楽聞きながら作業する人って結構多いですよね。

仕事にかぎらずブログでも作業する時は一人になれる場所に篭ってYoutubeで音楽を聞きながら作業しています。

色々聞いたんですけど最近のマイブームは「有名映画のテーマ曲」を聞きながら仕事をすることです。是非集中したいときに聞いてみてください。

なぜ有名映画のテーマ曲をチョイスしたのか?

基本的に僕は仕事をしながら音楽を聞くことが多いんですけど、仕事のBGMはヒーリング系はちょっと眠くなるし、J-POPは歌詞の意味がわかりすぎて集中力を欠いてしまう。なので僕は一時期洋楽を聞きながら仕事をしていました。なんとなくradioheadが一番集中できていたんですがちょっとテンションが下がる。作業用BGMに向いているのは「集中でき、かつテンションが上がる」ことが大事かなと僕は思っていて。仕事なんて「熱」が無いといい仕事できないですからね。最適解が見つからないまま日々の生活を送っておりました。

ある日何気なくテレビを見ていると、バラエティ番組のアホな企画の裏側で映画のテーマ曲流れてたんですよね。あほな企画ですよ。でも、その映画の曲が良すぎてなんかテンション上がってしまったんですよね。これだと思いましたね。

そこからYoutubeをさまよって今や僕の作業用BGMの1軍をはっている曲を紹介したいと思います。これ聞いてテンションあげあげで働きましょう。一部歌ありです。

① ミッションインポッシブルのテーマ

仕事が無理ゲーな時に聞くテーマ。時に社会は残酷なもの。すでに政治で決まっているコンペに立ち向かう時、過渡な値引きで仕事をもらっても地獄が見えてる時、納品後に大量修正を求められた時に奮い立つ。そんなBGM。ただし、これを聞いてもミッションは結局インポッシブルなのは変わらない。

② ロッキーのテーマ

途方も無いものに挑戦している時に聞くBGM。今の仕事が将来の自分を形作る、そんな時に。キーボードを打つ手が筋肉痛になるぐらい激しく叩けばいい。デスクにおいてあるコーヒーも生卵に見えてくる。エエエエエイドリアーーーーーン!!!

③ MATRIXのテーマ

自分はこの会社の救世主なのかもしれない。そんな風に現実と妄想の区別がつかなくなったらこの曲を聞こう。黒いロングコートにサングラスをかけ、思いっきりイナ・バウアーするといい。「おや、背伸びかな?」と思われること請け合いだ。周りの評価は気にしなくていい。なぜなら奴らは夢を見ているだけなのだから…

※ 僕は責任もちません

④ スピードのテーマ

納期が迫っており決して仕事のスピードを落としちゃいけない時に聞こう。止まるな!止まると爆発するぞ。横には金髪の美女はいないけれど。くたびれたオッサンしかいないけれど。止まるんじゃない、、、

⑤ ターミネーターのテーマ

いいか、お前はサイボークだ。だからどんなに量が多くても不眠不休で働ける。そんな自己暗示が必要な時にオススメだ。敵(クライアント)が強すぎてぶっ倒れても大丈夫だ。予備の電源がお前を動かす。戻ってきたらこう言うんだ「I'll be back」

⑥ トップガンのテーマ

(トップガンの内容はあんまり覚えていないんだが)とりあえず破天荒に仕事をしないといけない時はこの曲を聞くといい。お前は今夜ハイウェイスターだ!雑。

⑦ 007のテーマ

お前は凄腕のエージェントだ。スーツをさっそうと着こなし、ひみつ道具を駆使してこのミッションを乗り切れ。ボンドカー?馬鹿野郎。電車に乗れ。

⑧ パイレーツ・オブ・カビリアンのテーマ

普段おちゃらけても決めるとこは決める。キャプテン・ジャック・スパロウとは俺のことだろ?そんな頼れる男になる時が来た。たとえジャック・スパロウにあこがれてもこのヒゲと髪型はNGだ。ちなみに冒頭に書いたキッカケの曲がこれだ。最高に上がるのでマジでオススメ!

まとめ

なんかブラック企業の洗脳っぽい記事になったが気のせいだ。君はできる。あと20件電話してみようか。

RECOMMEND

-音楽

Copyright© 心に火を、指先にペンを , 2017 All Rights Reserved.