読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

1歳、2歳向けの子どもがどっぷりハマるおすすめの絵本を紹介

BOOK

f:id:defender_21:20160212220542j:plain

 

うちの息子は絵本が好きでして僕も下手なりに読んであげたりしてます。何回もせがまれると疲れはするんですけど実際息子が喜んでいるのを見るとしゃあねーなってなるものです。

 

今日は我が家で殿堂入りした絵本を紹介しようと思います。

 

 

だるまさんと / かがくいひろし

だるまさんと (かがくいひろしの大型絵本)

だるまさんと (かがくいひろしの大型絵本)

 

まん丸ころころな体と、びっくりする位豊かなその表情で、赤ちゃんから大人まで、みんなを笑顔にしてくれた だるまさんシリーズ第3弾。 

だるまさんシリーズの第3弾である「と」。第1弾は「が」、第2弾は「の」。第1弾と第2弾はだるまさんの動きとかで笑いをとる絵本なんですが「と」はだるまさんが他のキャラクターと挨拶したり、抱き合ったりするのでコミュニケーションが見えて良いです。本屋で息子に見せたら一発で気に入ったのでこの巻のみ購入しました。

 

きんぎょがにげた / 五味太郎

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

 

「きんぎょがにげた」「どこににげた」金魚鉢から逃げだした金魚は、カーテンのもようの中に隠れたり花の中に隠れたり。子どもたちの大好きな絵さがしの絵本。 

 この赤い金魚が色んなとこに隠れるのを探す絵本。指差しの練習にもなりますし、ついでに金魚以外の物の名前も一緒に覚えれます。実家に帰った時におかんが買ってくれた本。いまだ現役。

 

くだもの / 平山和子

くだもの (福音館の幼児絵本)

くだもの (福音館の幼児絵本)

 

甘い香りが漂ってきそうなほど、細部までていねいに描かれた果物たちに思わず手を伸ばしたくなる。淡い光をあてたようなふんわりとした描き方が、ただリアルなだけではないやさしい雰囲気を作っている。食べることへの興味を存分に引き出してくれる平山和子の食べ物の絵本

絵がすごいリアルなくだものの絵本。皮を剥く前、剥いた後の絵がありよむたびに食べたそうにしている。くだものの名前をリアルな絵で覚えていけるし、 食べ物への興味がわくいい絵本。

 

おべんとう / 小西英子

おべんとう (幼児絵本シリーズ)

おべんとう (幼児絵本シリーズ)

 

ごはんにミートボール、卵焼き…おかずを詰めておいしいお弁当のできあがり。 

これまた食べ物シリーズから。この絵本も非常に絵がうまく食への興味をかきたてます。お弁当ができていく過程もまなべるし、素材だけじゃなくて料理名も覚えれるのでおすすめ。腹がへる。

 

おつきさまこんばんは / 林明子

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

 

暗い夜空に、三角屋根のおうちと2匹のネコの黒いシルエットが浮かんでいる。やがて屋根の上がぼうっと明るくなり、おつきさまがぽっかりと顔 を出す。「おつきさま こんばんは」。おはなししようとやってきた雲に、ちょっとのあいだ隠されてしまうけれど、雲はすぐに去り、おつきさまは、にっこり 笑う。

   

おつきさまの表情の変化につられて、赤ちゃんもにっこりしたり、泣きべそをかいたり。裏表紙の、「あかんべー」をしたおちゃめな表情が、特に人気。「こんばんは」と赤ちゃんと声をそろえれば、お気に入りのあいさつになりそうだ。

おつきさまに挨拶をする本。挨拶の練習にもなるんだけど月の顔がなかなかムカつくので子どももよく笑う。読み手のアドリブが試される本。

 

 

つつつつつー:なぞって たどって ゆびあそぶっく / かしわらあきお

つつつつつー: なぞって たどって ゆびあそぶっく (0・1・2さいのえほん)

つつつつつー: なぞって たどって ゆびあそぶっく (0・1・2さいのえほん)

 

ことばに合わせて、イラストを指でなぞってみましょう。ページにたくさんあるイラストで自由に遊んでみましょう。0・1・2さいのえほん。 

言葉をおぼえながら指を動かすことができる絵本。絵がカラフルで可愛いのが魅力。物の名前だけでなくて擬音を使ってるのがミソ。

 

カフカくん どこ いくの? / かふか製作委員会

カフカくん どこ いくの?

カフカくん どこ いくの?

 

本書は、話題のロッテ新食感キャンディー「カフカ」のキャラクターを絵本化したものです。「カフカ」のプロモーション動画はYou Tubeで410万人が視聴し、ぐずった子どもの96.2%が泣きやんだという、楽しい歌のアニメーションです。
本書は、その泣きやみ動画のDVD付き絵本で、親子の豊かなふれあいを応援します。

伝説の泣き止み動画「ふかふかカフカ」の絵本。この動画はまじすごいんですけど、絵本もなかなか面白いですし子どもも大好きです。しかし、この動画はまじすごいので1歳ぐらいまででぐずった時は是非使ってみてください。

www.youtube.com

 

泣き止み動画以下の記事にもまとめています。

 

www.kokoro-fire.com

 

ごくらくももんちゃん / とよたかずひこ

ごくらくももんちゃん (ももんちゃんあそぼう)

ごくらくももんちゃん (ももんちゃんあそぼう)

 

ももんちゃんがお風呂にはいっていると、きんぎょさんがはいってきて、「あーごくらくごくらく」。しばらくはいっていると、ももんちゃんの顔がほてってピンク色! 体も心もあたたかくなる、子育て応援絵本。 

ももんちゃんはシリーズなんですが我が家にあるのはこの1冊。保育園から誕生日にもらってきた絵本。ももんちゃんが入っている露天風呂に金魚とかさぼてんとかお化けとか入ってくるんですけど、入ってくる時の効果音が面白い。子どももよくマネをします。ほんわか系絵本。

 

ペンギンのゆうえんち / さかざきちはる

ペンギンのゆうえんち

ペンギンのゆうえんち

 

ペンギン5兄弟がゆうえんちで迷子になった!?ジェットコースターや観覧者など、楽しい乗り物がたくさん登場します!  

某元国鉄のキャラクターの絵本。嫁がスイッピにハマり買っていたが子どもに読んであげる絵本としても十分面白い。ウォーリーをさがせ!のペンギン版だけど後半はちゃんとオチまであるので親もニヤッとします。

 

うどんのうーやん / 岡田よしたか

うどんのうーやん

うどんのうーやん

 

人手がたりないうどん屋さん。うどんのうーやんは、自分で出前にでかけます。道を走っていると、からからのメザシやふにゃふにゃの絹ごしどうふと出会いま す。やさしくてふとっぱらなうーやんは、どんどん自分のどんぶりに乗っけて、川をわたり山をこえ...... さて、無事に出前を届けることはできるので しょうか!?

狂気の絵本。まとめサイトで「マジキチ」と言われるぐらい。

blog.livedoor.jp

 

しかし、意外と反応がいいうーやん。ただちょっと長いので何回も読むのはしんどい。読むたびにどこを省略するかが腕の見せ所になります。

 

ピヨピヨスーパーマーケット / 工藤ノリコ

ピヨピヨスーパーマーケット

ピヨピヨスーパーマーケット

 

今日はママとスーパーへお買い物。プリンにチョコレート、みんなの頭の中はお菓子でいっぱい。なのに…。愛らしい5匹のヒヨコが繰り広げる、楽しさいっぱいの創作絵本。 

これは我が家で一番のあたり。というか読んで攻撃がしつこすぎてちょっと隠したぐらい笑。スーパーという普段の生活に近い場所が舞台なので子どももイメージしやすいのかも。物の名前、指差しの練習にもなる。またひよこが可愛いので読んでいる方も楽しい。シリーズ化してるんだけどスーパーマーケットが一番刺さっているようだ。

 

まとめ

絵本は当たり外れが多いので絵本選びの参考になれば幸いです。逆にこれ面白いよーって絵本あれば教えて下さい。

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.