心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

「マガジンポケット(マガポケ)」はかなりお得なマンガアプリ!特徴、掲載作品、ポイントの仕組み、イマイチな点まで徹底解説

この記事をシェアする

2年ほど前から集英社の「ジャンプ+」、小学館の「マンガワン」と各社がアプリに力を入れる中やや遅れて2015年の9月にリリースされた「マガジンポケット」。

 

当初の印象は「悪くはないけど他2社に劣るかな…」だったんですが、この1年で大きくパワーアップしており非常に素晴らしいマンガアプリへと進化しております。

 

はじめて知った人も、もう使っていない人にもあらためておすすめできるマンガアプリです。

週刊少年マガジンの人気連載が毎日無料で読める「マガジンポケット」とは?

マガジンポケット - 人気漫画が毎日更新!マンガアプリ「マガポケ」
マガジンポケット - 人気漫画が毎日更新!マンガアプリ「マガポケ」
開発元:Kodansha Ltd.
無料
posted with アプリーチ

マガジンポケットは講談社の出したマンガアプリで「週刊少年マガジン」をベースにしています。「ジャンプ+」がコンセプトとしては近い。

・マンガワン→「裏サンデー」をベースに過去の名作を全巻イッキ読み
・ジャンプ+→ジャンプの定期購読と過去の名作をベースにオリジナル作品を追加

マガジンポケットの特徴・使い方

「マガジンポケット」の特徴は以下。

 

① 「週刊少年マガジン」がアプリで読める!しかもバックナンバーは無料

マガジンポケットの特徴・使い方

「ジャンプ+」同様、マガジンポケットは定期購読すれば毎週アプリで「週刊少年マガ」が読めます。しかも、バックナンバーは定期購読していない人でも3週分は無料で読めます。さらに、「別冊少年マガジン」は定期購読こそないもののバックナンバーは読めるという…めちゃくちゃ良いサービスです。立ち読みしたいと思ってコンビニいったらビニールついてて読めなかった→アプリで読もう。

バックナンバーは

  • 週刊少年マガジン…5週前〜3週前に発売された号が対象
  • 別冊少年マガジン…2か月前に発売された号が対象
毎週最新作を読みたいなら定期購読がお得

「週刊少年マガジン」の料金は1冊270円ですが、定期購読の場合は840円/月と1か月あたり240円お得になります。また初回申し込み時にかぎり直近7週分が読めるという太っ腹ぶり。マガジンポケット…おそろしい子。 

ただし「はじめの一歩」は読めません…これは作者の意図だと思います。大御所は電子で読むことを拒否してる人も多いのでこればかりはしょうがありません。また、グラビアなども一部記事は配信していないのでそこは注意。

 

② マガジンならではの掲載作品が豊富 

掲載作品は以下が大きな特徴です。

「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」で連載中の作品が無料で読める

大きな特徴として現在「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」で連載中のほぼすべての作品が無料で読めます。例えば「マンガワン」ではサンデーの連載作品は読めませんし、「ジャンプ+」も購読者以外は連載中の作品は読むことができません(一部企画をのぞく)。しかも、ポイントを使えば1話からさかのぼって読むことも可能です。

新旧の名作が1話から復刻連載している 

例えば「ジャンプ+」だとドラゴンボールなどの伝説級の名作を復刻連載していますが、マガポケの場合は連載中の作品も過去の名作も復刻連載しているというのが大きな特徴です。 もちろん連載で読み逃した回はポイントで読めます。

2017年1月時点の主な復刻連載は以下。常時10作品程度が復刻しています。
エア・ギア
BLOODY MONDAY
エデンの檻
アゲイン!!
名作の全巻イッキ読みも開始 

イッキ読み要素が薄かったマガポケも名作イッキ読みを開始。これは良い取り組みです。(トップ→メニュー→キャンペーンで対象作品をチェック)

マガジンポケット:全巻イッキ読み 

イッキ読み…といえばマンガワン。マンガワンとマガポケの違いを説明しておくと

  • マンガワン…期間限定で全話解放。ユーザーは貯めていたチケットや一部課金して全話読破
  • マガポケ…期間限定で毎日数話無料で読める。続きを一気に読みたい場合のポイントは半額。

つまり、マンガワンはチケット+課金が必要なのに対してマガポケは毎日ログインすれば全話無料で読めるというのが特徴です。ただし、読み逃しができない。 お財布にやさしいのはマガポケといっていいでしょう。

スピンオフ作品が読める

マガジンの人気作品のスピンオフがアプリ限定で連載中。ファンはうれしいかもしれないですね。

  • DAYS→DAYS外伝
  • ダイヤのA→ダイヤのB
  • 七つの大罪→七つの大罪 キングの漫画道
オリジナル作品を読むことができる 

広告で見たことあるかもしれませんが「インフェクション」「もののて」がアプリオリジナルで読める作品です(随時追加予定)。特にインフェクションがなかなかエロいサバイバルパニック作品なので一時期マガジンで話題になりましたがエロすぎたのかアプリに移籍になりました。

友人達によって、学校の倉庫に閉じ込められてしまった高校生・天宮晴輝と、そこに居合わせた少女・磯波きらら。ただのいたずらのはずが……、なぜか開かない扉。二人は三日に及ぶ苦闘の末、どうにか倉庫を脱出した。ところが、外の世界は一変。人を襲う“保菌者”によって、町は埋め尽くされていた!! 

この作者さん「新世界より」のコミカライズも担当しておりエロに定評があります。

③ ポイントで作品を読む。ポイントは賢く使おう。 

マガポケはポイントで作品を読むことになりますので賢く使う、賢く貯めるのが大事になってきます。

1作品1話読むのに大体80P必要になります。キャンペーンが走ってる作品や冒頭数話が40Pという作品もあります。
ポイント不要で読める条件 

以下条件の場合はポイント不要ですのでうまく使いましょう。

  • マガジンのバックナンバー回
  • 対象作品の第1話

またイッキ読みの場合は毎日5話無料だったりしますし、作品によっては冒頭数話無料もあります。

無料作品を読んでポイントを貯める

ポイントはインストール時に100P付与されますが、それ以外は毎日対象の作品を読むことでポイントをもらうことができます。

f:id:defender_21:20170123233553p:image

毎日大体3作品程度対象の作品がありますのでポイントを購入したくない人は作品を読んでコツコツ貯めましょう。 

サービスに登録して大量にポイントをゲット! 

f:id:defender_21:20170123233602p:image

このようにサービスに加入することによってポイントをゲットすることができます。ものによっては数千ポイントもらえるので入りたいサービスがあるなら利用してみてもよいかもしれません。

ポイントを購入するなら「まとめ買い」がちょっとお得 

 f:id:defender_21:20170123233654p:image

1P=1円で購入できるポイントですが3000Pと5000P購入時には少しおまけがつきます。まあ、おまけ程度ですが…

④ おまけ(ラウンジ)が充実

f:id:defender_21:20170124230154p:plain

ラウンジとやばれるおまけが充実しているのも特徴です。例えばギャラリーではオリジナルのイラストが見れますし、紙面の目次コメントも見ることができます。 紙面の目次コメントは僕は結構好きなので地味にうれしいコンテンツです。

 

マガジンポケットにもうちょっと頑張ってほしいこと

ここまでいろいろと機能を説明してきましたが「もう一声!」と頑張ってほしいイマイチポイントを書いておきます。

① ポイントがちょっとケチ

例えばマンガワンやマンガBANGなどは1日に合計8話分の無料チケットが配布され、どの作品にも使うことができます。それに対してマガポケは1話分のポイントをゲットするのに3日程度ログインして対象作品を読まないといけないのでポイントの使い勝手は悪いと言わざるを得ません。

しかし、そもそもマガジンのバックナンバーを3週間分無料公開しているのでそういう点ではかなり良心的です。また、定期購読者に関しては購入週のリプレイ連載、オリジナル作品すべて読めますのでポイントをほぼ利用せずに読むことができます。つまり、マガポケを一番有意義に使えるのは定期購読者、次いでアクティブユーザー(ログイン日々している人)ということになりますね。逆に言うとアクティブナユーザーはめちゃくちゃお得に使うことができます。

② リワード案件が少ない

これもポイントがらみになりますが、サービスに登録してポイントをゲットするシステム(リワード)の対象案件があまり多くありません。特に利用者の負担の少ないアプリインストール案件がマンガワンと比べても絶望的に少ないのでこれは増やしてほしいです。

③ 全巻イッキ読みが乗り遅れるとツライ

マンガワンとばかり比べて申し訳ないんですけど、マンガワンの場合は全巻イッキ読み作品に対して自身が持ってるチケットを使って期間内であればどこからでも利用できます。

対してマガポケは毎日5話無料、それ以外はポイントを使えというシステムなので1日ログインし忘れたりすると5話分ポイントを利用しないといけません。逆に言えば毎日ログインすれば一切費用を使うことなく全話読めるんですけどね…。マンガワンは絶対課金しないと全巻読み切れないのである意味良心的ともいえます。

ちなみにイッキ読みだけならマンガBANGもおすすめです。マガポケに載ってる作品もあるので両方使うとより便利。

関連記事: 「マンガBANG!」は暇つぶしに最適なマンガアプリ!特徴と全巻無料で読める作品を徹底解説

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料読み放題-
マンガBANG!-人気漫画が全巻無料読み放題-
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

④ UIが少し使いづらい

これは慣れの問題でもありますが、マガポケは基本的に雑誌形式なんですよね。 なので毎週決まった号を読む感じになります。コンビニで雑誌を立ち読みしてる感覚です。

対してマンガワンとかは単行本形式というか基本的には作品単位で1話から読んでいく形になります。ブックオフで単行本を立ち読みしてる感覚です。

これは完全に好みです。毎日多くの作品をつまみ読みしたい人はハマりますが、一つの作品に没頭したいタイプの人は使いづらいと感じるかもしれません。 

有名マンガアプリを「雑誌型」「単行本型」に分類するとこんなイメージ
  • 雑誌型:ジャンプ+、マガジンポケット、LINEコミック、マンガボックス等
  • 単行本型:マンガワン、マンガBANG、マンガZERO、comico等

 

まとめ 

出た当初は「いいアプリだけど…」という感じが強かったマガポケですが多くのアップデートを経てかなりいいアプリになってると思います。使えば使うほどお得…というべきアプリです。落としておいて損はないですね。

 

マガジンポケット - 人気漫画が毎日更新!マンガアプリ「マガポケ」
マガジンポケット - 人気漫画が毎日更新!マンガアプリ「マガポケ」
開発元:Kodansha Ltd.
無料
posted with アプリーチ

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.