読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

ヘアースタイル別おすすめのワックスまとめとスタイリング方法を紹介

ファッション 買ってよかったもの

世の中のイケメンの8割は髪型で作られていると確信しています。世に言う雰囲気イケメンである。世の中の男子どもよ、情事の次の日にすっぴんの女子に絶望してるかもしれないが髪の毛ぺったんこになってるお前も似たようなものぞ!

 

ちなみに私も例に漏れず髪型でごまかすタイプです。今日はこれまで私が雰囲気を作り続けるために愛用してきたワックス&ムースを紹介したいと思います。ワックスとか眺めるのも好きでしてこれまでに30個ぐらいは取っ替え引っ替えしてなんとか雰囲気イケメンになれないかと無駄な努力をしてきたものです。

 

なお、私は美容師ではないため個人の感想としてお楽しみくださいな。

 

ちなみに私のスペックは軟毛の天パです。クセは強すぎることもないですが、ややありって感じです。なので直毛、剛毛の方には今日の記事は合わないかもしれません。

 

短髪ショートにおすすめワックスとスタイリングのコツ

www.beauty-box.jp

 

軟毛の私にとってトゲトゲヘアーは憧れそのもの。しかし、軟毛のためそういう髪型はあきらめてましたが、当時の美容師さんにスタイリングのやり方聞いて、ツンツンしやすくなるように切ってもらってそれを実現しました。

 

ということでまずは短髪におすすめのワックスを紹介

 

ナカノ スタイリングワックス4 ハードタイプ

はい、ド定番。ナカノの4番と言われるワックスです。ナカノのワックスの中ではこれか5番を使う人が多かったですね。あまり売ってなかったので使ってるだけでオシャンティ感出てましたが。今じゃその辺のドラッグストアにも置いてるけど。なので当時は美容室で買ったり、何故か置いてあったドンキで買ったりしてましたね。

 

久しぶりにサイトを見たら7番まであったよ。これいつからなんだろ。僕の場合は十分4番でキープできていたけどよりハードに固めたい場合は上げてもいいかもしれないですね。

LINK中野製薬 | 製品 | ナカノ スタイリング タントシリーズ

 

アリミノ スパイスシスターズ フリーズワックス

これもど定番ですね。薬局で万引き対策で空箱しか置いていないあのワックスです。パッケージが可愛いよね。ナカノかアリミノ派が多かったですが、実際に使っているのが多いのはアリミノでした。薬局で買えたしね。匂いもいいし、やっぱりキープ力あります。誰でも使いやすいワックスなのでショートで迷ったらこれでいいですね。ナカノの4番よりちょい固めです。

 

サムライ ワックス フィベロック

ごめんなさい、これはちょっと僕が当時使っていたやつと違うんですが今のシリーズで一番近そう奴を持ってきました。いつのまにかシリーズものになってたもは。当時はサムライの匂いのするワックス爆誕って感じで結構話題になったワックスです。速攻買いました笑。実際にスタイングもナカノほどではないけどやりやすく結構重宝していましたね。まあ、香水の代わりにはなりませんでしたが笑

 

 

ギャッツビー ムービングラバー スパイキーエッジ

ギャッツビームービングラバーシリーズのピンク。どこにでも売ってるのでワックス切らした時に応急的に買ったり、小さいサイズは持ち運びに便利なのでカバンに入れたりしていました。 やすさも魅力だけどちょっとべたつくかなってとこですね。

 

短髪ショートヘアーのスタイリングのコツ

あくまで僕のやり方ですので自分に合うスタイリングを美容師さんと模索してくださいな。

  1. まずはカットが命。長さ(5センチくらい)で立ち上げやすいようにすいてもらってください。毛束感が大事
  2. カットがちゃんとできてたらあとは楽チン。スタイリングの前に軽くシャワーを浴びてタオルドライをしましょう。
  3. 半乾きの状態でワックスをなじませ髪を立たせます。強調したいとこはねじったりしましょう。
  4. 乾いたら完成
 
単発ショートヘアーはスタイリングが最強に楽でいいですね。僕は学生時代は明るめのカラーを入れていました。黒髪のベリーショートは子供っぽく見えますがうまくスタイリングできていたら女子ウケいいです。
 
デメリットはすぐ伸びるので頻繁にカットが必要だということと、伸びてくるとキープできなくなるので別のスタイリングが必要になるということですかね。
 
 

ミディアムヘアにおすすめワックスとスタイリングのコツ

www.beauty-box.jp

 

僕の場合1年のうち10ヶ月はミディアムヘアですね。梅雨から夏にかけてがショート。もともとのクセを使った似非パーマスタイルが多いです。ボブっぽかったり、マッシュ?だったり、外ハネだったり、ウルフだったり。今は社会人ですので黒髪ですが。このぐらいの長さになると濡らしてワックスつけておしまいではなくスタイリングに一工夫必要になります。

 

アリミノ スパイスハードワックス

こちらも定番のアリミノスパイスハードワックスです。当然青のフリーズワックスよりも柔らかくショートレンジからミディアムまで使いやすいですが、ショートで立ち上げたい時には僕の髪質では不十分でした。

 

ギャッツビー ムービングラバールーズシャッフル

ギャッツビーの中で一番使うことが多かったのがこのオレンジ。軽くてクセをつけるのに適していました。僕の場合は天パを活かしたパーマ風にすることがおおいのでガッチガチよりもフワフワを好みます。軟毛でクセありには使いやすそう。

 

ヒトヨニ ピュアワックス6

実は今使っているのがこのワックス。最近はワックスの情報に疎くなってきているので美容室でオススメしてもらってその場で勝ってます。スタイリングが強いわけじゃないですがふわっとクセ付けができるし、匂いがよくべたつかないので重宝しています。ぐしゃぐしゃヘアとか無造作っぽい感じを出すのに適していて気に入ってます。

 

その他おすすめワックス

ナカノの3番。合わなかったら先に紹介した4でもいいかも

 

実はウェーボは使ったこと無いんですが評判いいです。欲しい時に売っているとこを見たこと無いな、これ。今度使ってみたい。

 

ミディアムヘアのスタイリングのコツ

もともと寝癖ではない外ハネヘアがやりたくて当時の美容師さんに教えてもらってできるようになりました。そこから年月立ちまくってるのでちょっと我流入ってる可能性も高いですが。

 

  1. 当然カットで動きが出やすいようにしてもらってください。どういうシルエットを作りたいかでトップ、サイド、襟足の長さが変わってきます。僕はひし形をイメージすることが多いですがこれはおこのみで。ショートと違い、長めの髪はスタイリングしづらいです。
  2. カットができていること前提で、スタイリングの前に軽くシャワーを浴びてタオルドライをしましょう。これはスタイリングの基本です。
  3. ドライヤーでベースを作ります。クセをつけたいところにドライヤーで風をあてます。外ハネさせたい場合は片手で外にクセづけながら風をあてます。フンワリさせたい場合は内側から風を当てます。ポイントは髪にクセがつくのは「あたためてる」時ではなく「冷えた」時。ドライヤーで風をあてたあとクセづけてる手をそのままに数秒待ちましょう。
  4. ワックスをつけてキープさせる。よりクセつけたかったり、束を作りたいとこはねじったりします。
  5. 最後にまたドライヤーで調整します。

 

ワックスをドライヤーの前につける人もいます。最初は失敗も多いと思いますが、その時はもう1回髪を濡らしてリセットです。ドライヤーは本当に最初知った時は目からウロコでした。個人的に自分が嫌いだったクセを矯正できたりするので重宝しましたね。

 

ロン毛におすすめのムースとスタイリングのコツ

僕はストレートなロングヘアは苦手(というか髪質的にできない)なのでロン毛はほぼやったことないんですが、ロード・オブ・ザ・リングのフロドやアラゴルンに憧れて中世っぽいパーマメントロンゲにしたことがあります。その時に使っていたスタイリング剤を紹介します。

 

ウーノ ヒートファイバームース

www.cosme.net

 

もはや売っているのを見かけないヒートファイバームース。パーマが落ちてきていた時にクセづけにも向いているし、ドライヤーの熱で髪型を記憶するというやつでした。クシャクシャヘアーに最適と思っていたけど、、、これ廃盤か?

 

今の公式のラインナップだとこれが近そう。ウーノは個人的にはワックスよりもムースが充実していると思っています。

 

ロン毛のスタイリングのコツ

あまりミディアムと変わらないんですが一応書いときます。

 

  1. ミディアムよりもスタイリングしづらいのでカットだけでなくパーマをあてることをオススメします。
  2. スタイリングの前に軽くシャワーを浴びてタオルドライをしましょう。これはスタイリングの基本です。
  3. ムースを少量髪になじませます
  4. ドライヤーでクセをつけます。ただし、パーマでベースがあるのでそれを活かすイメージです。くしゃくしゃって握りながら風を当てると結構いい感じの髪型になります。
  5. 最後に微調整。

 

ロングヘアの場合は個人的には「髪の伸ばし方」が大事だなと思います。「伸びている」ではなく「伸ばす」。ミディアムヘアもそうなんですがただ伸びるのを待つのはその間がキツイので途中で調整カットをいれてスタイリングしやすくしておいたほうがいいです。長さはほぼ変えずに動きつけやすくするっていうのは美容師さんなら全然できることなので。

 

あと、髪は夜中に伸びやすいらしいのでロングヘアにするときは毎日2時ぐらいまで起きていました(学生だからできた……)。ちなみに女子ウケは悪いので自己責任でお願いします。

 

雰囲気で勝負しよう

髪型が決まれば多少ブサイクでも様になります。ただ、ヘアカタログの髪型はモデルもクソイケメンなので出来上がりとのギャップに落ち込まないようにしましょう。雰囲気できたならいいじゃないか。

 

また、いい髪型はスタイリングよりも美容師さんの腕によるところが大きいです。なので自分に合う美容師さんを探しましょう。今度美容師の見分け方のコツを紹介します。

 

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.