読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

AmazonアソシエイトでKindleコミックまとめ買いを紹介してるそこのお前。お前のリンクはすでに死んでいる。なにい・・・ヒデブゥッツ!!!

ブログ ブログ-アフィリエイト

f:id:defender_21:20160624094224j:plain

先日朝日課のごとくtwitterをひらくと らくからちゃ (id:lacucaracha)先輩からお手紙届いてました。

 

 こいつは穏やかじゃねーな。

 

氏が指摘してくれた記事はこのブログにおいてだんとつPV1位の記事だし、お金もそこそこ稼いでくれてる超大事な記事。ゆえに頻繁にメンテナンスもしてるんですが氏がいうように死んでる。それも1つや2つじゃなくてかなりの数のURLが死んでいる。死屍累々。

 

らくちゃそ教えてくれてありがとう。助かった。何より久しぶりのブログを書く気がするようなネタになったよ。ありがとうありがとう。

 

ということで色々調べてみました。

 

Amazon アソシエイトのリンク連続殺人事件発生

キュイー(コナンの扉の広く音)。テデンテンテンテンテンテン(コナンのオープニングの出囃子)

 

おかしいぞ…このおすすめ漫画紹介記事のリンクが大量に死んでいる。

 

www.kokoro-fire.com

(すいません、もう修正してますけど…)

 

1つずつリンクを調べてみると以下の様なことがわかりました。

  • リンクが死んでるのはKindleのみでアマゾンリンク(ヨメレバでいう書籍へのリンク)は死んでいない
  • Kindleリンクでも死んでいるのはコミックのみで小説は死んでいない
  • コミックの中でも単巻を紹介してるリンクは生きてて「まとめ買い」を紹介してるリンクは死んでいる
  • 「まとめ買い」の中でも生きてるリンクと死んでるリンクが有る

 

垢バンされてるわけではなく「Kindleコミックのまとめ買い」で何かあった模様。

 

Kindleまとめ買い 現場検証

ということで原因を調査する…というわけではなくてせっせと再度ヨメレバで新しいコードを発行して張り替えていく中でいくつか気づいたことがありますのでそれを。

 

①巻数が多い作品のまとめ買いが死んでいる

これは100%の確信をもちました。どういうことかというと、これまでは25巻までだったまとめ買いが50巻まで拡大されることでアマゾンの商品コードが更新されています。これね、ワンピースで気づいたんですけど50巻まとめ買いになってるんですね。

 

4月に書いた記事は死んでました。5月に書いた記事は一部死んでたので直近1ヶ月以内の出来事だと思います。つまり5月以前にまとめ買いの紹介をした人はリンク見直し必須です。

 

②直近で最新刊を出した作品のまとめ買いが死んでいる

これは8割ぐらいの確信です。「ゴールデンカムイ」「ドリフターズ」が死んでて「ヒストリエ」は生きてたので「もしや??」という仮説です。おそらくアマゾンのまとめ買いのコードのルールが変更して新作が追加されたものはリンクが更新されたんじゃないかなと思っています。

 

ただ今後新刊が出るたびにコードが更新されるのか?今回の1回きりなのかは不明。これは次回のゴールデンカムイが出た時に検証するしか無いかも…ドリフターズは1年後だし笑。

 

ここまでのおさらい

ざっとここまでの流れをまとめますね

  • AmazonアソシエイトでKindleコミック(まとめ買い)の紹介リンクの一部が死んでいる
  • 25巻以上のまとめ買いが可能になり長編作品のまとめ買いリンクが更新されている
  • 新刊が出た作品も紹介リンクが更新されている。ただし今回きりなのか、新刊が出るたびに更新されるかは不明

うーん、困った。まとめ買いのほうが売上貢献するけどさすがに頻繁にリンクを更新する手間はかけたくねーな-。

 

AmazonアソシエイトでKindleコミックまとめ買いを紹介しつづけるための対策

可能な限り「まとめ買い」を紹介しつつ運用の手間を省く方法を私なりに考えました。

  1. 「完結」作品は今後商品リンクが更新される可能性は低いので引き続き「まとめ買い」の商品リンクを掲載
  2. 「連載中」の作品は新刊が出るたびに「まとめ買い」の商品リンクが更新されるのであれば「まとめ買い」の紹介リンクは停止し1巻の商品リンクへ変更。ただし、「作品名 まとめ買い」で検索して出てくるページのリンクを作成し「まとめ買いはこちら」みたいなリンクを貼っておく

f:id:defender_21:20160624093905j:plain

↑ この左上の赤いとこからこのページへ誘導する商品リンクを作成できる。これはあくまで検索したページヘのリンクになるので直接商品ページ飛ばすより手順が1個多くなるけど新刊が出るたびにリンクを更新する手間は省けるかなーと。

 

Kindleコミックのまとめ買いを紹介してる人は一度リンク先を見直しましょうという記事でした。僕も土日に修正します汗汗。らくちゃそありがとー

 

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.