読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

2015年上半期にamazon経由で売れたものを分析してみた

ブログ ブログ-アフィリエイト

早いもので2015年も上半期が終わってしまいました。これから暫く2015年上半期の振り返りをいろんな切り口でやっていこうと思います。

 

今日はアマゾン。僕は毎朝アマゾンアソシエイトで昨日何が売れたかを見ながらニヤニヤしているわけです。こんな雑多ブログでも半年以上続けると色々なものが売れるわけで、それを分析してみようと思った次第です。

 

データを落としてエクセルでセコセコ加工していたらヒトデが似たような記事書いてて笑いました。アマゾンのデータ見てニヤニヤするのはブロガーあるあるらしいですな。

 

それではこのブログでどんなものが売れたかを半年分総決算。アマゾンアソシエイトの導入を検討している方は参考になるかもしれません。

 

2015年上半期 このブログ経由の売上と報酬について

f:id:defender_21:20150704145807p:plain

 

このブログ経由では半年間で約70万円分の物が売れ、私は3.5万円ほど収入を得ております。ブログのPVと報酬をグラフで書くとこんな感じです。

f:id:defender_21:20150704135851p:plain

PVとはもちろん相関関係にあるんですが、アマゾンの場合はまとめて購入することがあったり、1回の購入でも購入金額が多かったりするのでこの2月のようにPVが少なくても収益が大きく出たりします。

 

2月のようなブースト(内容は後述します)はありませんが4月以降PV増加に伴い着実に収益が上がっていることがわかります。

 

カテゴリ別分析

次にカテゴリ別の傾向です。

f:id:defender_21:20150704140239p:plain

僕のブログ記事を見ると分かりますが、記事の多くは「小説」「漫画」「音楽」がしめておりやはり販売数は「Kindle」「本」が圧倒的に多いです。

 

シューズ&バッグの収益が異常に高いのはスニーカーの記事がバズったからです。思えばはじめてはてぶ100を超えたのもこの記事でした。

 

 

特に売れたのがこのスニーカーです。

17000円もするスニーカーが10足以上売れました。単価も高いので1足1000円近く貰えるのでかなりの収益性です。

 

こういう記事でバズると検索経由ではないとはいえかなり売れるということがわかりました。ちなみにこの3ヶ月はさっぱり売れません。

 

Kindleのほうが本より売れやすい

上記のグラフの通り、Kindleのほうが本より売れやすい傾向にあります。特に5月6月は大きなセールがありましたし、最近はまとめ買いもできるようになっています。

 

僕は特にセールに応じて記事を書くわけではないですが、普段の記事からの購入がセールの時に大きく伸びます。これはかなり嬉しいですね。なので何個はおすすめ漫画っぽい記事を書いておくとセールの時に稼ぎやすくなりますよ。

 

ちなみに僕のブログは小説と漫画の記事が多いのでどんなものが売れたか見てみましょう。

 

当ブログでの売れ筋漫画ランキング BEST 3

まずは漫画です。記事としては歴史、バスケ、短編を紹介していますね。結構バラけています。おすすめ100とか書けばもっと偏るかもしれませんが。

第3位 I'LL 9冊
[まとめ買い] I’ll ?アイル?
 

お洒落バスケットボールマンガのI'LL。これがまとめ買いされて9冊売れました。ちなみに「おすすめバスケ漫画」で検索すると1位に僕の記事が出ます。ただこれは一人に買われたってことなのでめちゃくちゃ売れてるって感じがしません。

そんな検索流入はありませんが笑

 

第3位 プラテネス 9冊
プラネテス(1)

プラネテス(1)

 

僕も死ぬほどすきな漫画です。 これも9冊なので同率3位。これは10巻以内完結の漫画で紹介しています。Kindleも本も両方売れてますな。

 

記事投入が最近なのでそこまで売れてるわけではないですね。

 

第2位 ADAMAS 11冊
[まとめ買い] ADAMAS

[まとめ買い] ADAMAS

 

僕は皆川亮二さんの作品大好きなんですけど、これは全部読んでいません。こういうのがあるのがアマゾンですな。これもまとめて買われました。

 

この記事で一応紹介しているんですけど押してはないです。まあ、新作の部類なので売れたんでしょう。ちなみに「皆川亮二」で検索するとwikipediaの次に出てきます笑。

 

第1位 蒼天航路 29冊
[まとめ買い] 蒼天航路 (1-25)

[まとめ買い] 蒼天航路 (1-25)

 
[まとめ買い] 蒼天航路 (26-36)

[まとめ買い] 蒼天航路 (26-36)

 

歴史漫画といえば今はキングダムなんでしょうけど、蒼天航路を僕はオススメします。というか三国志でしょ、中国史の入門は。まとめ買いとバラで買う人ガ両方います。

 

歴史漫画は競合が強く1階層目にいるのがやっという状況ですが一回の購入数が段違いだったようです。

 

当ブログでの売れ筋小説ランキング BEST3

小説は記事数はあまり多くないですがいずれも上位に表示されておりアクセスは結構あります。最近「旅のラゴス」で5位まで来た。ずっと2階層目だったので嬉しい。

 

 

意外と著者名とかでも流入があります。

 

第3位 夜は短し歩けよ乙女 9冊
夜は短し歩けよ乙女 角川文庫

夜は短し歩けよ乙女 角川文庫

 

おすすめ小説だけじゃなくて「森見登美彦」の記事でも取り上げてるので本ブログでの露出も多いようです。個人的にはもっと売れてもいいと思っていますが。

 

森見登美彦さんは 人気作家なので書評も多くなかなか第1階層に入れません。苦戦中。

 

第3位 夜のピクニック 9冊
夜のピクニック(新潮文庫)

夜のピクニック(新潮文庫)

 

これはお勧め小説の記事の一番上に置いてるからかも知れません。別に1位ってわけじゃないんですけど笑。

 

じつはこれ以降は連作の物が多いので買った人という点では一番多いのはこの2作品ですね。

 

第2位 新世界より 11冊
新世界より(上) (講談社文庫)

新世界より(上) (講談社文庫)

 

上中下の三部作のSFサスペンス。全巻すごい面白いわかる。これもおすすめ小説でとりあげています。

 

第1位 ガダラの豚 12冊
ガダラの豚 I (集英社文庫)

ガダラの豚 I (集英社文庫)

 

1位はこれ。ガダラの豚。これも3冊一気に売れたりします。中島らも。これしか読んでないわ笑。

 

**

しかし、小説は漫画のようにまとめ買いが少ない分分散していますね。最近旅のラゴスも売れ始めてるのでまた半年後に集計したらぜんぜん違う結果になるかもしれませんね。

 

アマゾンアソシエイト大反省会

もっと深ぼっても良かったのですが一旦ここまで。キリがないので。ただ、まとめてわかったことは

  • 単価高いものが売れた時のインパクトはスゴイ
  • Kindleのセールとまとめ買いはかなり影響あり
  • 本気でおすすめした物は売れている
  • 逆に使っていないものを紹介しても売れない

この4つ目の黒ポチ結構真理で。紹介していないものが売れることはあるんですけど、使っていないものを紹介しても売れません。まあ、これはライティングの問題のほうが大きいでしょうけど。逆に言うとライティングのスキルがなくても使っているものをちゃんとおすすめしたら売れると思います。

 

関連記事

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.