読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

大人になってから聴いたらもっと好きになるおすすめJ-POP

音楽 音楽-おすすめJPOP

f:id:defender_21:20160120004553j:plain

子どものとき、若いときよりも大人になってからぶっ刺さる曲ってありませんか?

 

それって人生経験により共感できる幅が広がったのかなと最近思うようになりました。今日は個人的に大人になって好きになった曲を選曲します。

 

WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~ / H Jungle with t

浜田バミュバミュはともかくアーティスト浜田は本当かっこいいし名曲が多い。その中でもこの曲はとりわけ素晴らしいんだけど。といっても若い時はこの曲の良さの本当のいいところは分かっていなかった気がする。歌詞がたまらない。

 

たまにはこうして肩を並べて飲んで

ほんの少しでもたちどまってみたいよ

(中略)

温泉でも行こうなんて いつも話してる

落ち着いたら仲間で行こうなんて でも

全然暇にならずに時代が追いかけてくる

これだけで泣けてくる。若い子達に言いたいのは今一緒に馬鹿みたいに笑い合ってる友人となにげに飲むその一瞬一瞬が黄金の時間だということ。大切にしてほしいね。この曲をHEY!HEY!HEY!のスペシャルかなんかで浜田と松本が肩を組んで歌っている(松本は照れてる)のを見てめっちゃ泣いたことある。長年の親友のそういう姿を見るのは心が洗われる気がする。

 

www.youtube.com

これは2014年のHEY!HEY!HEY!のラスト。あまりにも豪華な参加者全員で歌っている貴重なVです。消されるかもしれないけど笑。サムネイルがSMAPなのも皮肉な話ですが、SMAPにも浜田・松本みたいに数年後に肩を組んで歌ってほしいと思っています。この曲は大勢で歌うのが正しい形なきがする。

 

流れる景色を必ず毎晩見ている

家に帰ったらひたすら眠るだけだから

ほんのひと時でも自分がどれだけやったか

窓に映ってる素顔を褒めろ

社会に出てがむしゃらにやってきてふと我に返るときがある。帰りの電車で座れずにボケーっと外を見ているとき俺の目は死んでるかもしれないけどこの曲を思い出すとそれでもいいかなと思う。

 

WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~ (2013 SUMMER)

WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~ (2013 SUMMER)

  • H Jungle With t
  • エレクトロニック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

アンマー / かりゆし58

高校を卒業し一人暮らしをはじめた時に自分が勝手に大きくなったのはないことを知りました。子どもが出来て母親に甘える姿を見てほっこりするたびに母を思い出しました。

 

僕は反抗期はそこまでひどくなかったけど、この曲を聞くたびに泣きそうになる。結婚式で母と歩く時に流した曲。思い出の曲。

 

アンマー

アンマー

  • かりゆし58
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

日暮し / ガガガSP

「卒業」が有名なガガガSPですが、「卒業」が収録されているアルバムの2曲目に収録されている「日暮し」こそ名曲だと思っています。

金がなくて、フラフラしてても、ずっとそこに居れれば
それでいいんじゃないのか

洒を飲みながら、うんちくたれて、それで一生
終えていくのもいいんじゃないか
多分、その方が人にも、本当に優しくなれるのかなと最近思う

 なんというか優しくなれる気がしませんか?こういう歌詞をコザック前田が感情込めまくりで歌うのでグッサグッサくるわけです。J-POPかとうツッコミは無しで。

日暮し

日暮し

  • ガガガSP
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

夜空ノムコウ / SMAP

解散騒動はどう落ち着くか分かりませんが、いつかこの曲を彼等がまた歌うのを聞けたらいいなと思っているのは僕だけじゃないはず。

あのころの未来に ぼくらは立っているのかなぁ…
全てが思うほど うまくはいかないみたいだ
このままどこまでも 日々は続いていくのかなぁ…
雲のない星空が マドのむこうにつづいてる

今歌詞を見ると色んな意味で染みるけど、これは彼等だけじゃなく僕らもあてはまることなわけで。しかしスガシカオのコーラスとか豪華だなあ。

 

夜空ノムコウ(SMAP)

夜空ノムコウ(SMAP)

  • ミュージック・ボックス・エンジェルス
  • J-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

i-Tunesオルゴールしかねえのかよ…これだからジャニーズは

 

バンザイ / ウルフルズ

この曲は100%全力の男のラブソングは飾らないカッコよさがあるよね。冬にね、彼女を家までおくって「さみーさみー」言いながら自分の家に帰るときの頭の中のテーマ曲がこれでした。

イエーイ 君を好きでよかった

このままずっとずっと死ぬまでハッピー

バンザイ 君に会えてよかった

このままずっとずっとラララふたりで

最高でしょ。もちろん自分の結婚式でも流しました。

バンザイ~好きでよかった~

バンザイ~好きでよかった~

  • ウルフルズ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

悲しみの果て / エレファントカシマシ

若い時は聞いていなかったエレファントカシマシ。この曲を聞いていっぱつで好きになりました。 「悲しみの果て」という名曲感すごい。

悲しみの果てに
何があるかなんて…oh yeah
悲しみの果ては
素晴らしい日々を
送っていこうぜ oh Baby!
Ah…

宮本さんの真っ直ぐななかに狂気が混じってる感じがすごい好き。大人になってただの二枚目よりもこういうカッコよさに憧れるようになりました。この曲は震災で暗くなっている時に聞いていた自分のなかの復興ソング。

 

悲しみの果て

悲しみの果て

  • エレファントカシマシ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

バラ色の日々 / THE YELLOW MONKEY

そういえば再結成するみたいですねイエモン。

追いかけても 追いかけても 逃げて行く月のように
指と指の間をすり抜ける バラ色の日々よ

バラ色の日々を表現する歌詞としてこれ以上に適切な表現ってあるんだろうか。いい時もあれば悪い時もあるのが人生。そう言えるほど経験豊富じゃないですが、明日は明日の風が吹くと信じて生きていきたいね。

 

バラ色の日々

バラ色の日々

  • THE YELLOW MONKEY
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

まとめ

しみるわーって思ったらおっさんです。

 

音楽は聴き放題の時代へ - おすすめ音楽アプリ

CDが売れなくなるのはさみしいんですが、今や音楽はストーリーミングで聞き放題の時代といっても過言ではないでしょう。私自身音楽の聴き方がアプリの聴き放題+ほしい曲はiTunesへ…というように変化してきました。次々と新しい音楽に出会える聴き放題は音楽の聴き方を変えますよ。ということでおすすめの音楽アプリを紹介します。

 

① Spotify

Spotify - 世界最大の音楽ストリーミングサービス
Spotify - 世界最大の音楽ストリーミングサービス
開発元:Spotify Ltd.
無料
posted with アプリーチ

まずおすすめなのはとにかくこのSpotify。洋楽・音楽好きなら必須のアプリです。全米No.1の人気MUSICアプリで4000万曲聴き放題。 DLしないのであれば無料版で十分。プレイリスト最高。

 

② AWA

AWA - 無料でも聴ける音楽ストリーミングサービス
AWA - 無料でも聴ける音楽ストリーミングサービス
開発元:AWA Co. Ltd.
無料
posted with アプリーチ

登録不要ですぐはじめれるAWAもなかなか良い!3000万曲聴き放題であり国内の楽曲にも強い。登録30日は月額960円のスタンダードプランを無料で試せる(30日後には自動でフリープランへ移行するので料金不要)。これもフリープランで全然問題ない。 

 

③ LINE MUSIC 

LINE MUSIC(ラインミュージック)
LINE MUSIC(ラインミュージック)
無料
posted with アプリーチ

昔の着うたのように楽しめるのがLINE MUSIC。友達や好きな人からのLINEの呼び出し音を好きな音楽にしたり、プロフィールにBGMつけたりととにかくコミュニケーションを盛り上げるアプリ。これも30日間無料で利用できる。 

 

④ Amazon MUSIC 

Amazon Music
Amazon Music
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

アマゾンプライム会員なら必須アプリ。上のアプリほど充実はしていないけどUSEN感覚で聞くには十分すぎるほど。往年の洋楽や流行の曲は結構抑えてるのが嬉しい。

 

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.