読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

大人カッコイイスニーカーならSPINGLE MOVE (スピングルムーブ)がオススメ

ファッション 買ってよかったもの

もしスニーカーに迷っているならスピングルムーブというスニーカーがコンセプトやデザイン、履き心地が素晴らしすぎるので鬼オススメです。今更すぎるって?そうなんですよね。ファッション好きな人にはもはや定番になりつつあるスグレモノなんです。

 

おすすめスニーカー スピングルムーブ

 

大人気スピングルムーブとは

まだまだ意外と知られていないスピングルムーブ。簡単に概要をまとめます。

① 国産のハンドメイドスニーカー

スピングルムーヴは国産のハンドメイドのスニーカーで広島で生まれました。
バルカナイズ製法と呼ばれるまさにスニーカーのための基本製法で作られており、その手間から日本では現在3社でしかその製法は使われていません。
 
また、スピングルムーヴは普通スニーカーでは使わない素材に挑戦しており、バルカナイズ製法で作られるそれらの靴は手作業ならではの味を出しています。
 
↑ こんな釜で作るみたいです。
 
2004年にはパリコレにも選ばれている。made in Japanのハイスペックハンドメイドスニーカー。それがスピングルムーブなんです。
 

② モノを大事にする日本人のためのスニーカー

日本初のスニーカーということも有り日本人の足の形を研究してスピングルムーブは生まれました。
「流行に左右されず、日本産にこだわり、個性的なデザインで時代のニーズに対応して勝負できないか?」
このこだわりがスピングルムーブの大きな特徴です。また手作りかつ良い素材のために少々値段が高いんですが、長く修理して使うことができるんですね。
 
実際の履き心地も素晴らしいです。見た目は細身なんだけど楽で長く使えそう。多少壊れても修理して使えるって物を大事にする日本人にすごく適したスニーカーだと思います。
 

スピングルムーブ

 

③ オンでもオフでも使えるスニーカー

僕がそもそもスピングルムーブを買ったのはプライベートというより職場で履きたいという気持ちからでした。バリバリの営業から内勤中心の職務になった時に、ビジネスカジュアルな格好をしようと思ったんですよね。スーツと革靴は疲れるので。
 
ただ、一般的なスニーカーはスポーティーすぎて内勤とはいえキツイ。あと、スポーツメーカーのスニーカーは余計な装飾が多かったり太いんですよね。シルエット的に。
 
洗練されたデザインで細身。それがオンで履くスニーカーの条件でした、僕にとって。それにドンピシャで来たのがスピングルムーブです。また、細身のファッションを好む僕にとってはプライベートにも全く問題なし。正直惚れ込みすぎてもう1足買いかねない勢いです。 
 
国産でこれだけクオリティ高いスニーカー。多分、一生このスニーカーを僕は応援し続ける気がしています。現時点で。
 

2015年 秋冬モデル

スピングルムーブは毎年色んなモデルが出ますが人気すぎてすぐ無くなります。お目当ての物を見つけたら速攻購入することをオススメします。

 

SPM-379 UKモデル ミッドカット

 

今年のシーズンを代表する1足。UKのグランドユニオンをかたどった1足。ロックテイストの服に合わせたい。

 

スピングルムーブの定番 5足

むっちゃ種類あるのですが、以下が基本的に定番かなと思います。どれもカッコイイので好みによって選んで下さい。一応僕の好みでランキングしておきます。
 

第5位 SPM-442 サイドゴア トリコロール(メンズメルローズ別注)

本サイトのランキング1位で常に品薄のモデルをメンズメルローズで別注したもの。かなりカッコイイです。

 

第4位 SPM-443 レザーハイカット

ハイカット&レザーの重厚感がカッコイイ。 

 

第3位 SPM-101 NAVY/RED

ネイビーの本体と赤いソールが映える逸品。プライベートで欲しい。

 

第2位 SPM-168 トリコロール

これは僕がショップで最後まで迷った1足。ぶっちゃけ今でも買いたい。トリコロールのオシャレさも際立っている。

 

www.kokoro-fire.com

買っちゃった笑。最高です。

 

>第1位  SPM-110 アイボリー

ド定番。だからこそカッコイイ!アイボリーに惚れ込みました。買いました爆。久しぶりです、買った後にこんなに後悔しない商品。今後修理しつつも何度も買うであろう僕のスタンダード。  

 

まとめ

普通に商業施設の中の靴屋さんで見かけるようになりました。見かけたら是非手にとって見てください。スピングルムーブは修理もできますので大事に長く使いましょう。

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.