読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

寮生活のススメ

エッセイ

前の記事で田舎者が上京する時に寮生活がオススメと書いたんんですが自分の寮生活をいくつか思い出し懐かしい気持ちになったので具体的なエピソードを紹介したいと思います。

 

寮に住むということをギリギリまで知らなかった

受験の年に親父がリストラされたので当たり前といえば当たり前なんだけど我が家は裕福ではなく受験も私立の滑り止めなしの国公立一点突破しかなかった状態なので寮に住むのは仕方ないことだったんですよね。けど当時18歳の僕は夢の一人暮らしでちゃんねーと遊びたいという邪な気持ちしかない童貞だったので寮というものに脊髄反射で不満を両親にぶつけました。今考えればそういう家庭環境の中再就職して4年間大学に通わせてくれた両親には感謝しかないわけだけど、周りの同級生が家具を揃えて一人暮らしの準備を進めていることに嫉妬していたんですよね。それでも現実的に金はないので寮に入ることが決まったわけです。寮に入れるのは遠方であり世帯収入が少ないこと。つまり貧乏な田舎者が集まるのが僕が入居した寮だったんです。

大学徒歩5分の立地にそびえる大学寮

引越しの日。大雑把な地図を持ち大学の寮を目指しました。道なりに行くと綺麗な建物が並んでいるので期待値はどんどん上がりました。ええやん、寮ええやん。冷静に考えれば月5000円の費用でこんな綺麗な建物に住めるわけなく、そのおしゃれなマンションの隣のクソボロい建物が寮だと気づくのに5分とかかりませんでした。だって徒歩5分ですから。
 
ガッカリしながらも部屋はリフォームされているに違いないという淡い期待を元に部屋に入ったわけですが、、、「牢屋…?」。無理はないです。一応個室ではあるものの、教室のような床、ベッド、ボロい机が無造作に置かれた部屋。そこが僕の住む寮だったのです。
 

留学生も住む寮で受けた異文化の洗礼

その寮は日本人より留学生が多い国際寮だったんですがまず僕の部屋の隣りはアメリカ系中国人でした。僕は人一倍人見知りなんですけど隣人にぐらい挨拶に行こうと思っていたんですがドアに「福」と書かれた赤い札が貼ってあるのを見て心挫けました。
 

ワケありだけど馬鹿な奴ら

先に書いたようにその寮は世帯収入が少ないことが条件。当然のように苦学生の集まりであり、片親やうちのようにリストラされた、自己破産したなど家庭に問題がある奴らの集まりだったんですが、誰にそのような境遇を嘆かずあっけらかんとした奴らで親がリストラされたことに負い目を感じている自分が恥ずかしくなるほどでした。ここで一気に自分の幅が広がった気がします。
 

当時は日韓W杯。

ちょうどW杯の時期で、国際寮では否が応でも国と国の軋轢を感じました。この年は初戦でフランスが敗れるという大番狂わせがあったのですが怒り狂ったフランス人が僕の部屋にシュートを打って去って行ったのはいい思い出です。
 
また、日韓の軋轢があるということを始めて実感した時でもあります。というか日本は嫌われているんだなと同じ寮に住む韓国人が日本が負けた時に大喜びしているのを見て痛感しました。右だ左だの話ではなく「ああ、そうなんだな」と教科書や先生が教えてくれない国際交流のリアルがそこにあったんですよね。
 

異文化コミュニケーションって難しい

いろんな国の人が同じ寮にいるので色んな異文化を経験しました。フランス人は「巨乳以外の下品な日本語を教えてくれ」と言ってきたので「美乳=ビューティフルバスト」と教えて上げました。別の友人はインド人にフライパンを借りて牛肉を焼いてしまいこっぴどく怒られていました。親切なタイ人には国のお菓子をお裾分けしてもらったのですがとても日本人の口に合うものではなくみんな心の中で泣きながら食べていました。いっしょに遊ぶということはほとんどなかったけど友好的な関係はあったと思います。
 

貧乏人通しの助け合い

寮には風呂はなくシャワーだけでした。シャワーは10分100円であり途中で時間を止めることができる仕組みだったんですね。そうするとたまに3分とか残ってるんですよね。そこに100円入れると13分。7分で入れば6分残る。それを貧乏な友人達に提供するんです。100円に必死だったんですよね。
 

セクシーなビデオがぐるぐる回る

ある日友人の部屋にビニール袋に大量に入った飯島愛のセクシービデオがかけられている事件がありました。未だに誰がやったかはわかりません。しかも僕らからしても飯島愛は世代がかなり違ったのです。それでも僕らは歴史を学ぶために飯島愛を手にとったのでした。
 

気を抜くと閉じ込められる

基本的に貴重品は誰も持っていないのでドアに鍵がかかることはありませんでした。ただ問題があってよくドアノブが取れるのです。部屋に戻ると漫画を返しに来た友人が閉じ込められているということが良くあったものです。
 
今日から俺はの今井がマンションに閉じ込められるイメージです。
 
f:id:defender_21:20150117153409j:plain
 

一人暮らしはいつでもできるけど同世代と一緒に暮らすのはなかなか出来ない

もっといろいろエピソードあるけど一旦この辺で。
単純に得難い経験だったなと寮を出て10年経って思います。

 

一人暮らししてお姉さんと遊びたかったけどw

 

  

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.