読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

皆川亮二作品を好きすぎるので魅力を全力で紹介する / 代表作「SPRIGGAN」「ARMS」

COMIC COMIC-マンガ家

僕が非常に敬愛している漫画家さんといえば皆川亮二という漫画家さんなんですけど、作品の素晴らしさの割りにはイマイチ知名度が低いんですよね。

 

もちろん漫画が好きな人は当然のように読んでますし、作品名を言えばわかる人も少なからずいるとは思うんですけど物足りなさを感じておりました。ちがうやろと。この人の漫画は漫画喫茶にひっそりと佇んでいい漫画ちゃうやろと。

 

これはもう使命感みたいなものなんですけど僕が伝えていくしかないかなと。エバンジェリストになるしかないなと。リアルに進めれる友達ほとんどいないのでせめてブログの中で吠えてみようと思った次第でございます。

 

このブログを読んで僕の愛の深さに恐れおののいていだければ本望です。

 

皆川亮二代表作

まずは作者の代表作を紹介したいと思います。

 

『SPRIGGAN』

現代のテクノロジーをはるかに凌駕する超危険な古代文明を封印する特殊工作員スプリガンと各国の特殊部隊の戦いの話。主人公はオリハルコンでできたアーマードマッスルスーツを駆使して戦う高校生。獣人やサイボーグ、仙人などまさに超人のバーゲンセールや。!

 

『KYO』

IQ250の超天才少年「恭」と警視庁のお荷物と言われている「鏡」がコンビを組んで超科学的難事件を解決する話。敵は「教授(プロフェッサー)」と言われている超天才少年。何故か小学六年生に掲載されていたという対象年齢を著しく間違えた作品。

 

『ARMS』

ARMSというナノマシンを体の一部に移植された四人の少年少女がARMSを狙う謎の巨大組織エグリゴリと戦う話。伏線がいっぱいありすぎる作品で個人的にはよく畳んだなと感心した。 

 

『D-LIVE』

超巨大人材派遣会社ASEのマルチドライバー斑鳩悟はどんなマシーンでも乗りこなす運転の天才。色んなマシーンを駆使して超難易度の高いミッションをクリアしていく話。 こんな乗り物で話作るのかと関心する。

 

『ADAMAS』

宝石の能力を引き出せるジュエルマスターの宝石バトル。一部からは女スプリガンとも言われている。主人公の竜崎レイカはダイヤモンドのジュエルマスター。ADAMASとはダイヤモンドの語源で何事にも屈しないという意味。

ここまで皆川亮二作品のファンだと言っておきながらADAMASは全巻読み終わってません爆 

 

『PEACE MAKER』

読んでるんだけど鬼スーパー読み込みが浅い爆死。西部劇をイメージした世界でガンマン達が戦う話。レッドブルを飲んでいないのに翼を広げる。お兄ちゃん鬼強

 

天才なのに嫌味がない主人公達

皆川亮二作品の主人公は基本超天才で所謂俺つえー系の主人公とも言えるかもしれません。作品をピックアップして主人公の特徴を見てみます。
 

御神苗 優 / SPRIGGAN

f:id:defender_21:20150114173031j:plain

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00UEDA6KC/ref=series_rw_dp_sw

 

超財閥アーカムが抱えるS級の特殊部隊SPRIGANの実力No.1。普段は高校生。アーマードマッスルスーツというオリハルコンで出来たバトルスーツとオリハルコンで出来たナイフを装備。過去に米軍に拉致されCOSMOSと呼ばれる少年兵育成機関で殺人機械として育てられるもキレて世界最強部隊であるCOSMOSを一人で壊滅させる。こんなどんだけ厨二設定を盛り込んでいながらなぜか嫌味がないという奇跡のバランスを保つ。厨二設定部分を太字にしようと思ったけど全部太くなりそうなのでやめました。

 

高槻涼 / ARMS

右手にARMSを移植された少年。移植されたARMSはジャバウォックというコードネームで呼ばれており世界を滅ぼすほどの力を秘めている。主人公は冷静沈着で両親に子供の頃仕込まれたサバイバルの知識で活躍。軍隊以上のブービートラップの達人。もみあげがすごい。

www.kokoro-fire.com

(この記事でもARMSのこと書いています)

 

斑鳩悟 / D-LIVE

f:id:defender_21:20150114173535g:plain

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B013WI09QG/ref=series_rw_dp_sw

 

どんな乗り物も自在操れる天才マルチドライバー。乗り物に乗っていないと役に立たない。またまた高校生。弱点は乗り物に愛着を持ちすぎるところ。常に生活が困窮している。茶髪。 

 

とんでも中年おじさん大暴れ

皆川亮二作品の大きな特徴としておじさん達がやたら強いことがあげられます。ていうか強すぎてこいつらが最初から全部やれやって思うぐらいです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00WS7FKIU/ref=series_rw_dp_sw

 

個人的に最強の中年はARMSの涼の父親高槻巌。サイレントウルフと言われていて、世界中どこにでも侵入できる単身赴任のサラリーマン。ちなみに嫁もラッフィングパンサーと言われている最強の傭兵。

 

アームズにはなかったんですがSPRIGANとD-LIVEは師匠超えが大きなテーマです。超強い中年師匠と戦います。師弟愛をこじらせてます、完全に。

 

謎の巨大組織!!!

  • SPRIGGAN→アーカム財団
  • ARMS→エグリゴリ
  • D-LIVE→ASE
  • ADAMAS→シャニ、ウィルソングループ

 

上記の組織は国家レベルの権力を持っています。陰謀論大好きなんでしょう。

 

コピーがカッコイイ

  • SPRIGGAN→戦って死ね (映画版だけど)
  • ARMS→力が欲しいか?力が欲しいならくれてやる!
  • D-LIVE→お前に生命を吹き込んでやる! お前に魂があるなら答えろ!
ADAMASとPEACE MAKERは知りません。

 

皆川フェーーーーーード!!!

人の顔を透かして背景をフェードインさせる技法。人の心情と場面転換が一石二鳥でできる妙技。いわれてみると多様しています。

 

皆川フェードのみで1エントリー書いているブログを見つけました。脱帽です。


「皆川フェード」について - 水星さん家

 

力が欲しければくれてやる3連発

ARMSのハイライトに力が欲しいならくれてやる3連発という名シーンがあります。これは震えます。是非漫画で読んで震えてください。
 
 
ちなみに僕は中2でSPRIGGANに出会いました。もはや運命ですよね。
けど、皆川亮二作品は厨二製造マシーンとか言われてますがイマイチしっくり来ないんですよね。個人的には「ハードボイルド厨二」というジャンルで捉えてます。いましたよね?中2でやたら老けたやつ。あんな感じです。大人のお茶漬けみたいな感じです。
 
もうね、皆さん下の毛ボーボーだと思うんですけど、ハードボイルド厨二の皆川亮二作品を是非手に取ってみてください。
 
追伸 ADAMASとPEACE MAKERの描写とコメントが薄く荒いという点に関しては今度ちゃんと読むので許してください。

 

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.