心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

少年ジャンプ歴25年の僕が選ぶおすすめジャンプ漫画!!連載中の作品から黄金期の名作まで厳選紹介

*2017/05/16更新 「連載中の作品」「黄金期」カテゴリーを追加

ジャンプを読み始めて25年以上。いい加減卒業しろという声も聞こえてきそうですが僕とジャンプの関係はそんなもんじゃないんです。

 
僕と少年ジャンプの25年
僕と少年ジャンプの25年


この記事にも書いてるようにジャンプとともに25年以上生きてきました。黄金期と呼ばれるような時代もあれば、看板が続々と終わり暗黒期と呼ばれる時代もありました。

この記事では25年以上ジャンプキャリアから厳選したおすすめ漫画を「2017年連載中の作品」「黄金期の名作」「完結作品」「打ち切りだけどおもしろい作品」など様々な切り口で紹介します。

2017年連載中のおすすめ漫画

まずは気になる今のジャンプの連載状況。2016年に立て続けに看板作品(こち亀まで…!)が終了し、ジャンプは終わったともいわれました。しかし、新作が踏ん張りなかなか粒ぞろいと言ってもよいのではないでしょうか?

 

① ONE PIECE / 尾田栄一郎 (連載中)

ドラゴンボールというジャンプの大看板が終了後、暗黒時代を経て連載が始まった今のジャンプの大看板。始まった瞬間に誰もが看板漫画の誕生を実感した。正統冒険物に多くの伏線を絡めて物語が進む。

 

大海賊時代に海賊王を目指すルフィガ仲間を集め、多くの強敵たちと戦う冒険漫画。頂上決戦を経て物語はようやく中盤を超えた。一つのストーリーがどんどん長くなっているのが気になるがこの面白さを続けれているのは凄い。ワンピースの正体、Dなど気になる伏線が残りまくりで最後まで目が離せない。終わる頃自分は何歳なのか笑

「全話無料連載 ワンピースアプリ」はフルカラーで毎日連載の神漫画アプリだった件(各編あらすじ&感想付き)
「全話無料連載 ワンピースアプリ」はフルカラーで毎日連載の神漫画アプリだった件(各編あらすじ&感想付き) 

 

② ハイキュー!! / 古舘春一 (連載中)

王道のバレーボール漫画。何故か今バレーボール漫画が増えまくっていて激戦区なんだけど頭ひとつ抜けている。ジャンプでバレーボール漫画があたったのも初かな?キャラが立ってるし、ストーリーも面白いし、試合展開も熱い。これは流行るわ。

 
バレーボール漫画『ハイキュー!!』を一気読みしたんだけど超面白いね。スポ根好きにおすすめ
バレーボール漫画『ハイキュー!!』を一気読みしたんだけど超面白いね。スポ根好きにおすすめ

主人公コンビだけでなくて、脇を固めるキャラがそれぞれ大きな葛藤があり乗り越え成長していく様が激熱。 

 

③ 食戟のソーマ / 附田祐斗,佐伯俊,森崎友紀(連載中)

ジャンプでここまでヒットした料理漫画は初。元アダルト系コミック出身の作家さんということで少し過激な表現もありつつ少年漫画の範疇で魅せてくれます。

食戟のソーマ

とはいえ、お色気は本当にスパイス程度で少年漫画の王道料理バトルという感じで非常に面白い。今後も楽しみな作品。

 

④ 僕のヒーローアカデミア / 堀越耕平 (連載中)

アニメ化もされた「僕のヒーローアカデミア」。次のジャンプの看板とまで言われている作品です。このアメコミっぽい絵柄とヒーロー対敵<ヴィラン>というわかりやすい超人バトルに学園要素を盛り込んだ作品。

 

僕のヒーローアカデミア

もともと無能力者だった少年が奮起していく過程が面白い。

 

⑤ 銀魂 / 空知英秋 (連載中)

銀魂こんなに巻数出てるのか。ギャグもありつつ、人情話も盛り込んで来る現代版シティハンター。無茶苦茶な世界観で漫画が破綻しなかったのはキャラが立っていたからか。いつか全巻ぶっ通しで読みたいが文字数も意外と多いし結構大変そう…

 
漫画「銀魂」を無料で読むなら「全巻無料アプリ」で読めばいいじゃない
漫画「銀魂」を無料で読むなら「全巻無料アプリ」で読めばいいじゃない

ちなみに銀魂も無料アプリあるのでこっちで読むのもおすすめ。  

 

⑥ 火ノ丸相撲 / 川田 (連載中)

こんなまっすぐな相撲漫画がジャンプで読める日が来るとは…とにかく燃える。挫折挫折挫折を経ても立ち向かう火ノ丸、そして仲間たち。ライバルも魅力的。 

 

⑦ ワールドトリガー / 葦原大介 (休載中)

リリエンタールの葦原大介がついに報われた作品『ワールドトリガー』。異世界からの侵略に「トリガー」という兵器(能力?)で戦うって話です。能力バトルに「チーム戦」という要素を加えているので戦略性とかが読んでいて非常に面白いですね。

f:id:defender_21:20160519092644j:plain

主人公のセリフもいちいち核心をついていて平和ボケしている日本にとっては考えさせられる場面もちらほら。 

 

⑧ BORUTO / 岸本斉史、 池本幹雄 (連載中)

ナルトの続編として息子たちの世代の活躍を描く。私は観ていませんが映画をまずはなぞっているようです。ちなみに原作は岸本さんですが、漫画を描いているのは天才だったにもかかわらず岸本さんのアシスタントとして表に出てこなかった池本幹夫氏。氏にはオリジナルを書いてほしかったという思いもありますが…

 
ジャンプ読み切り史上最高傑作「COSMOS」/ 池本幹雄
ジャンプ読み切り史上最高傑作「COSMOS」/ 池本幹雄

作画池本幹夫氏&伝説の名作についてはこの記事をCHECK!

 

⑨ HUNTER×HUNTER / 冨樫義博 (休載中…)

とりあえず連載しろと言いたい。読者の予想を常に超え続ける快作。ハンターを目指す少年ゴンがハンター試験や未知の冒険に挑むという話。

HUNTER×HUNTER

蟻編の緊迫感はこの作者に書けないだろう。毎週2chが祭りだった。とても倒せそうにない敵とどう戦うか。能力バトルとしても見応えが抜群。

 

黄金期に連載していたジャンプの名作

じつは「黄金期」はいつかという話になると結構意見が割れるところではあるが、「北斗の拳」の連載が始まった1983年からドラゴンボールが終わった1995年ぐらいというのが黄金期ということが多い。ちなみに1994年には653万部と発行部数は世界一である。

 

① DRAGON BALL / 鳥山明 (完結 / 全42巻)

いきなり説明不要の超名作。けどこれをオススメに入れないことの方が不自然。日本バトル漫画の基礎を作った作品。序盤の冒険から後半のバトルまでずっと面白い。なにより未だに再放送で子供が見ていることからも世代を超えた名作と断言できる作品です。

f:id:defender_21:20160221225521j:plain

ベジータのプライドの高さは歳をとってより共感できるようになりました。ラストのベジータが悟空を認めるシーンは名シーン。

 
みんな大好き鳥山明作品まとめ!「ドラゴンボール」「Dr.スランプ」など
みんな大好き鳥山明作品まとめ!「ドラゴンボール」「Dr.スランプ」など

最近はTVアニメで続編が始まったりとあらためて人気を博しているドラゴンボール。最近は少年ジャンプ+でヤムチャを主人公にした外伝も話題になっている。

 

② SLAM DUNK / 井上雄彦 (完結 / 全31巻)

中高バスケ部だった僕からしたら聖書みたいなもんです、スラムダンク。当時は暗記するぐらい読み込んでました。バスケの練習のやる気がでない時は28巻を読んでやる気を高めていたものです。

 

序盤のギャグな展開や、後付で色々エピソード追加とかしているのがわかるけど、書きながらキャラクターが出来上がっていったんだなあとも思える。山王戦は漫画史に残るベストバウト。きっと続編はないけど、皆ずっと待っているであろう作品。スポーツマンガの最高峰はやっぱりこれ。

 
元バスケ部の僕がスラムダンクの全試合を語り尽くし「嗚呼、スラムダンク最高…」と懐古してみる記事
元バスケ部の僕がスラムダンクの全試合を語り尽くし「嗚呼、スラムダンク最高…」と懐古してみる記事

この記事で湘北の全試合を振り返っています。超長いけどもう一度スラムダンクを読みたくなるはず… 

 

③ 幽遊白書 / 冨樫義博 (完結 / 全19巻)

ジャンプ厨二読者の期待を一身に受け止めた作品。あらためて通してみると作中でどんどんテイストが変わっていく。日常探偵漫画からバトル漫画になり能力バトルへ。

幽遊白書

バトル物のチームだと遊助、桑原、蔵馬、飛影を超えるチームを見たことがない。最終話はジャンプのなかでも屈指の出来。心をぐっと掴まれる。

 

④ るろうに剣心 / 和月伸宏 (完結 / 全28巻)

映画化もされて、リメイクもされた珍しい作品。ジャンプの時代劇の中では最も売れた作品か。幕末に伝説の人斬りと恐れられた「人斬り抜刀斎」こと緋村剣心が明治の世で不殺の流浪人として人々を守る…という作品。人を殺さない系主人公の走りかもしれない。京都編から失速したようにも見えるが追憶編はアニメでは時代劇最高峰との評判とマンガとは別の顔を持つ。

 
「るろうに剣心 追憶編」とかいう最高傑作のアニメ
「るろうに剣心 追憶編」とかいう最高傑作のアニメ

アニメになるが追憶編は別格の出来。漫画であまり好きじゃない人も騙されたと思って見て欲しい。

 

セルフリメイクはこちら

 

⑤ こちら葛飾区亀有公園前派出所 / 秋本治 (完結 / 全200巻)

ジャンプで最長の連載期間になった「こち亀」。2016年に40年の歴史に幕を下しました。正直あまりの出来ごとに大きなニュースとして列島を駆け巡りましたね。こち亀は40年の歴史の中で様々な変化をしています。100巻以降面白くないという声もありますが、私は後半は本当に見ていて安心する作品大好きでしたね。安定感がヤバイ。 

 
やっぱり出た!こち亀40周年&最終回と同時に「こち亀 無料連載公式アプリ」登場。これであと5年以上は毎日両さん笑
やっぱり出た!こち亀40周年&最終回と同時に「こち亀 無料連載公式アプリ」登場。これであと5年以上は毎日両さん笑

終わって寂しいとはいえ両さんも公式アプリになって毎日無料で読めます。これ毎日読んでも読み切るのに5年かかりますけど笑。

 

⑥ ろくでなしBLUES / 森田まさのり (完結 / 全42巻)

ジャンプの不良漫画ならろくぶる。というか少ない笑。笑いも恋も喧嘩も青春が全部詰まってる。キャラも立ってる。四天王が揃って喧嘩に行くシーンは震える。

 

⑦ DRAGON QUEST ダイの大冒険 / 三上陸・稲田浩司 (完結 / 全22巻)

ドラゴンボールの設定を元にした王道の少年漫画。ダイの成長もそうですが相棒のポップの成長、ライバルのハドラーの成長が涙なしには読めない。子供の頃はポップ好きじゃなかったけど大人になって読んだら「ウオェエエ…ポップゥ…」ってなる。呼ぶよ、大魔導師って。

DRAGON QUEST ダイの大冒険

(©「DRAGON QUEST―ダイの大冒険―」)

また大魔王バーンがまさにラスボスという存在感でありこの作品の際立たせている。名セリフ「今のはメラだ」「大魔王からは逃げられない」は絶望感をたたきつけられた。

 

⑧ 北斗の拳 / 武論尊,原哲夫 (完結 / 全27巻)

完結から20年以上経っているのにも関わらず根強い人気(とくにパチンコ)の『北斗の拳』。核の炎により文明が失われた世紀末で北斗神拳をあやつるケンシロウが南斗神拳の使い手や兄弟弟子のラオウなどと戦って戦って戦うバトル漫画の傑作。

多くの漫画家があの設定を心底羨んだという逸話もあるぐらい多くのクリエイターに影響を与えた作品でもある。原哲夫の圧倒的に濃い画風だけど一読の価値あり。ヒャッハー、ヒデブ等敵キャラのやられ方にも定評がある。

f:id:defender_21:20170616095929j:plain

(©「北斗の拳」)

最近リリースされたマンガアプリ『マンガほっと』でも期間限定で全話配信されてるので要チェック。 

マンガほっと - 人気・名作マンガが毎日読める漫画アプリ
マンガほっと - 人気・名作マンガが毎日読める漫画アプリ
無料
posted with アプリーチ

 「マンガほっと」の詳細はこの記事をチェック

 
『北斗の拳』が全話無料で読めるマンガアプリ『マンガほっと』を使ってみた感想 | おすすめ作品・ライフ&チケットの貯め方・使い方
『北斗の拳』が全話無料で読めるマンガアプリ『マンガほっと』を使ってみた感想 | おすすめ作品・ライフ&チケットの貯め方・使い方

 

⑨ ジョジョの奇妙な冒険 / 荒木飛呂彦 (UJに移籍して連載中)

ジョジョは部毎に簡単に紹介を書きます。しかしKindleのまとめ買いが「部毎」になってるのに少し感動している。

ジョジョの奇妙な冒険 第1部『ファントムブラッド』

伝説の始まりである第1章。ジョジョとディオの因縁はここから始まった。よく目にする名言もオンパレードでまさにジョジョ。「震えるほどハート」な名作だが初期ならではの読みづらさもアリ。 

ジョジョの奇妙な冒険 第2部『戦闘潮流』

第1部から50年後の世界。あらたな石化面にジョナサンの孫がジョセフが立ち向かう。しかし、主人公ジョセフは本当にカッコイイ。なんというか負ける気がしないというか。そして、相棒のシーザーがたまらない。ライバルである超生物ワムウとの一騎打ちは手に汗握る名バトル。

ジョジョの奇妙な冒険 第3部『スターダストクルセイダース』

ジョジョをスターダムに押し上げたのは間違いなく第3部。第2部から50年後、第1部から100年後。ジョースター系とDIOの再びの因縁を巡る戦い。ちなみに僕もここからジャンプで読み始めました。スタンドという能力バトルの土台を作り、その後漫画界への影響も計り知れない。しかし承太郎の安心感は半端ない。日本からエジプトへのロードムービーとして読んでも面白い。定期的に読み返したくなるのが第3部。

ジョジョの奇妙な冒険 第4部『ダイヤモンドは砕けない』

杜王町という仙台の一つの街で起こる奇妙な出来事をジョセフの隠し子である仗助たちが解決していく。基本的に旅をすることの多いジョジョにおいて一つの街ですべての物語が進むある意味「日常」物としても楽しめる第。個人的にラストバトル が一番おもしろいのは4部かなあ。主人公仗助の「誰よりも優しい」スタンドっていうのがカッコイイ。

 
全話感想|TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険第4部
全話感想|TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険第4部

ジョジョはアニメも面白い。

ジョジョの奇妙な冒険 第5部『黄金の風』

舞台はイタリア。DIOの息子であるジョルノ・ジョバァーナがギャングスターを志し、マフィアの世界でのし上がっていく。物語全体の雰囲気としては一番好きなのは5部。しかし、ラストバトルは少し残念かも。主人公はブチャラティ説もあり。

ジョジョの奇妙な冒険

後半のジョルノの万能感やばい。

ジョジョの奇妙な冒険 第6部『ストーンオーシャン』

無実の罪で投獄された承太郎の娘である空条徐倫がスタンド使いひしめく監獄の中で巨大な悪と対峙していくというストーリー。ジョジョ唯一の女性主人公であり、作品の中では一番評価が低い。確かに序盤はややつまらないが後半の巻き返しはすごいし、ジョジョ全体における6部の位置づけはめちゃくちゃ重要。第7部、第8部はこの6部があるから成り立つといっても過言ではない。

ジョジョの奇妙な冒険 第7部『スティール・ボール・ラン』

第7部からジョジョはパラレルワールドに。第6部で1週した世界で物語が始まる。アメリカで開催された世紀の大レース『SBR(スティール・ボール・ラン)』に挑むジョニィ・ジョースターとジャイロ・ツェッペリの2人が主人公。ジャイロとジョニーの関係が1部でスタンドを教えあうジョナサンとツェッペリを思いだす。スタンドバトルなんだけど波紋っぽい「回転」という技術が物語のキーになる。

ジョジョの奇妙な冒険 第8部『ジョジョリオン』

新刊発売をワクワクしながら待っている現在連載中の第8部。大好きな4部の雰囲気を持ちつつ物語が進む。3.11のあとの杜王町に突如現れた「壁の目」と呼ばれる隆起物付近で記憶喪失の少年が発見される。過去のジョジョシリーズの中でもっとも伏線をちりばめまくってる作品で続きが常に気になってしょうがない。

 

⑩ キャプテン翼 / 高橋陽一

個人的にはオンタイムで読んでいたワールドユース編が好きです。まあ、ネタにされることも多い作品ですけど世界中にサッカー選手に愛された作品でもあります。無印キャプテン翼の西ドイツ戦とかすごい好きだけどなあ。シュナイダー。ちなみに今もなお連載中。最後にチラ見した時はサッカーボールをセグウェイのようにして歩いていたけど…

 
おすすめサッカー漫画を連載中/完結済みそれぞれ紹介してみる
おすすめサッカー漫画を連載中/完結済みそれぞれ紹介してみる

 

⑪ Dr.スランプ

鳥山明初の連載作品でもある「Dr.スランプ」。最初は博士を主人公と考えていたみたい。実際に千兵衛も作中で何度も「主人公だぞ…」みたいなことを言っています。僕なんかはDr.スランプとかはリアルタイムではないんですよね。生まれる前だし。なのでドラゴンボール→Dr.スランプっていう入り方をしています。

 

基本的にはギャグマンガですけど、鳥嶋を悪役にしたてたDr.マシリトとかでてくるとバトル漫画になるって感じです。ちなみにDr.スランプ作中最強はアンドロイドのアラレちゃんでもお坊ちゃまくんでもないですし、ガッチャンでも、ターボくんでもなくつんつくつんです。

 

⑫ セクシーコマンド外伝スゴイよ!!マサルさん /  うすた京介(全7巻)

わかめ高校2年生の花中島マサルが部長を務める謎の格闘技部「セクシーコマンドー」。もう、むちゃくちゃシュールなギャグマンガ。最初は絵の汚さが気になっていましたが読むほどに癖になり悪ふざけぶりにはまっていきます。

 

上記以外の黄金期の作品

黄金期の作品はこれ以上あげてもきりがないので後は作品名のみ紹介しておきます。名前を聞けばわかるような作品ばかりです。

 

ジャンプのおすすめ完結漫画 

黄金期以降に連載された作品ですでに大団円を迎えているおすすめの完結漫画を紹介します。 

 

① NARUTO -ナルト- / 岸本斉史 (完結 / 全72巻)

世界的に大ヒットした忍者バトル漫画「NARUTO」。72巻の長期連載をもって見事に完結。海外での評価が高く世界中にファンがいる。個人的には中忍試験、サスケ奪還編ぐらいまでの第1部が好きだが「暁」には燃えたしなんやかんやずっと楽しめた作品でもある。

最終決戦が少し勿体無い気がするが風呂敷をたたみきったのは素晴らしい。全巻無料というアプリをヒットさせたのもNARUTO。私も2年近く毎日NARUTOを読んでいました。

NARUTO無料連載公式アプリ
NARUTO無料連載公式アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

② BLEACH -ブリーチ- / 久保帯人  (完結 / 全74巻)

例を見れる特異体質だった黒崎一護が死神となり悪霊退治をするというありがちなスタートを切ったBLEACH。ソウルソサエティ編から一気に人気に火がつき、イケメンを大量に出しまくることで商業的に大きく成功した作品とも思っている。キャラが多すぎて主人公があまり出番がないが、それぞれのキャラが立っているのが特徴。卍解などオサレなワードが連発される。NARUTOに次いで長期連載を終了した。全74巻。すごい。

 

③ アイシールド21 / 稲垣理一郎、村田雄介 (完結 / 全35巻)

後にも先にも唯一のアメフト漫画か。これからアメフト漫画を書く人はずっとこの漫画と比較され続けるだろう。俊足の臆病者、頭脳明晰の凡人、キックだけなどいびつなメンバーの寄せ集めが強敵たちと戦う。

アイシールド21

細かいルールはわかんないけど燃える!スポーツマンガ全てでも上位に入る作品。

 

④ ヒカルの碁 / ほったゆみ、小畑健 (完結 / 全23巻)

蔵で古い碁盤を見つけた進藤ヒカルが平安時代の天才棋士・藤原佐為に憑りつかれ以後の世界へといざなわれていく。この作品の凄いところは囲碁がわからなくてもおもしろいというその漫画としての面白さ、そして画力。

ヒカルの碁

それにしても主人公の成長を見る漫画ってなんでこんなに面白いんだろうか。スラムダンク同様続きが待たれる漫画であるが続きは出ないだろう。スラムダンクもそうだが主人公が成長する過程が見所であるこの手の漫画は主人公が強くなった後の展開が難しい。それでも僕は続きが見たい。

 
僕は今もあの漫画の続編を待ち焦がれている
僕は今もあの漫画の続編を待ち焦がれている

ちなみにこの作品はシナリオと作画が分かれたマンガでヒットしたことでも有名。この漫画がなければデスノートもなかっただろう。

 

⑤ DEATH NOTE / 大場つぐみ、小畑健 (完結 / 全12巻)

ジャンプ史上最高の頭脳戦が楽しめる作品がこの「DEATH NOTE」。社会現象にもなった作品。ノートに名前を書かれた人間は死ぬ…という荒唐無稽な設定からの、その設定に縛られない二人の天才の「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる。月とLの戦いの決着は衝撃が走った。終わり方は賛否両論あるが、バクマンで描いたようにこれ以上引っ張らずに終わらせたかったんだろう。間違いなく問題作で傑作。

 

⑥ バクマン / 大場つぐみ・小畑健 (完結 / 全20巻)

漫画家を題材にした漫画は過去何作かあれどバクマンほどヒットした漫画はないと思う。高い画力を持つ真城最高と、文才に長ける高木秋人がコンビを組み新たな漫画家を目指す話。

 

主人公の二人が天才ではなく狙って上にあがろうとしているのに感情を移入しやすい。連載始まるまでのワクワク感が素晴らしい。

 

⑦ 封神演義 / 藤崎竜 (完結 / 全23巻)

最近久しぶりにKindleで全巻読んだ。紀元前11世紀の中国・殷の時代末期。まだ仙人や妖怪、道士が人間界に存在したころの…という設定。太公望と呼ばれる道士が悪い妖怪や仙人を封印する「封神計画」を実行する。ジャンプでこういう策士系主人公の漫画は当時は珍しいと思う。壮大の歴史の物語に多くの伏線をばら撒きオリジナルな作品に仕上げた作者の力量に感服。

封神演義

ぶんちゅうという敵の圧倒的絶望感は注目。物語としてもとても綺麗まとまっている。

 

⑧ BLACK CAT / 矢吹健太朗 (完結 / 全20巻)

数多の要人を暗殺し「不吉」の象徴として闇の世界に君臨した伝説の抹殺者・黒猫こと、トレイン=ハートネットが「掃除人」として世界を旅するという話。

といいつつも結局は人を殺さなくなった伝説の抹殺者が過去の因縁に蹴りをつけるという話に落ち着くんだが。こう書くとるろうに剣心と設定は似ている。主人公が元いた組織、因縁の仇の新興勢力、主人公と三つ巴が見どころ。この作者がこのあとエロ漫画を書くなんて誰も想像できなかっただろう。

 

⑨ 魔人探偵脳噛ネウロ / 松井優征 (完結 / 全23巻)

なんて形容していいかわかんないが、異色の推理、サスペンス、魔界物。魔界の謎を解きつくしたネウロが人間界に現れ、父親を殺された弥子とともに人間界の謎を解きつくす。このネウロとヤコのコンビの掛け合いが最高に気持ちいい。

魔人探偵脳噛ネウロ

ここまでアクの強いネウロに人間として負けなかったヤコは凄い。電人HALで一気に作品の評価が上がった。最後まで無駄なく終わった良作!

 

⑩ 暗殺教室 / 松井優征 (完結 / 全21巻)

地球を滅ぼすパワーを持つ超生物が何故か教師になり生徒たちに暗殺を教えるというハートフルスクールアクションコメディ(書いてて意味わからなくなったw)。これもネウロ同様引き伸ばしなくきれいに終了。生徒との交流や成長は見ていて気持ちがいいね。ネウロより一般ウケする内容だったため映画化された。

 

⑪ PSYREN / 岩代俊明 (完結 / 全16巻)

こんな惜しい漫画は中々ないんじゃないかな。久しぶりに読んだら面白すぎて一気買いした。ただもったいない感もすごくあった。主人公の容赦の無さが魅力です。

「PSYREN」と呼ばれる謎のデスゲームに巻き込まれた主人公・夜科アゲハが世界を崩壊させた謎の組織と戦う…というストーリー。

 
『PSYREN』とかいう看板になりそこねた打ち切り漫画を一気読みした
『PSYREN』とかいう看板になりそこねた打ち切り漫画を一気読みした

ここでガッツリ書いてますが、ジャンプ漫画史上屈指の容赦のない主人公です。

 

⑫ 黒子のバスケ / 藤巻忠俊 (完結 / 全30巻)

バヌケ漫画として捉えていたのであまり好意的に読んでなかったんですけど、青峰と黄瀬の「キセキの世代」対決あたりから面白くなりましたね。もちろんスラムダンクの影響(まんま沢北やんけみたいなシーンもあった)でかいんだろうけどちゃんと完結させたのは素晴らしい。展開が早いのもGood!なによりも30巻というスラムダンクより巻数少ないのがいいね。多分狙ったはず。

 

世界戦もお祭りとしてはいい出来でした。

 

⑬ 遊戯王 / 高橋和希 (完結 / 全22巻)

カードゲームとしても世界的に大ヒットした遊戯王。ゲームというものにここまでスポットを当てた漫画は初かもしれない。ゲームを舞台にした王道の少年漫画に夢中になった子供たちも多数。漫画の垣根を超えた記録的な作品。

 

⑭ LEVEL E / 冨樫義博 (完結 / 全2巻)

山形を舞台にオカルト的な要素の強い、宇宙人を題材としたSF作品。短編だけど作者のやりたいことを余すことなく突っ込んだ問題作。一話目のテイストで行くと思ったがバラバラで笑える。

f:id:defender_21:20160221234620j:plain

カラーレンジャーは超面白かったのでもう少し書いて欲しかった。これがハンターハンターのグリードアイランドにつながったんだと思う。

 

⑮ 背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ / 横田卓馬

ジャンプからまさか出てきた競技ダンス漫画。作者は某オ◯ニーマスター黒沢というウェブ漫画を書いていた人です。主人公二人は部の中でも突出してるわけじゃないんですがひたむきさがいいです。登場人物に誰も嫌なやつがいない優しい世界。これからどうなるか楽しみな作品。

 
「背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜」のtwitterアカウントに見る漫画家と読者の新しい関係性
「背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜」のtwitterアカウントに見る漫画家と読者の新しい関係性

Twitterで感想を書くと時々反応してくれます笑

 

打ち切り?だけどおもしろい名作ジャンプ漫画 

打ち切り等で関数は多くありませんが名作として語り継がれている作品です。 

 

① 武装錬金 / 和月伸宏 (完結 / 全10巻)

最後は打ち切りだが根強い人気がある作品。人を食べる怪物・ホムンクルスに殺された武藤カズキが謎の少女に「核鉄」と呼ばれる錬金術の産物を与えられ生き返る。

武装錬金

ホムンクルスと人との間で葛藤する主人公武藤カズキとあくまで人間武藤カズキとの決着にこだわるライバル蝶野公爵との関係が見どころ。ライバルがいいと作品が締まる。

 

② ダブルアーツ / 古味直志 (完結 / 全3巻)

致死率100%の奇病「トロイ」が蔓延する世界で、エルーと呼ばれる少女がトロイを発病し死にかけたところをキリという少年に助けられる。キリはこの世界で唯一トロイの発作を止めれるという体質で…という感じのストーリー。しかし、これを打ち切るなんて、、、ああ、もったいない。連載当時は主人公の髪型変やなぐらいにしか思ってなかったけど、設定は秀逸だしキャラも良かった。絵はまだまだだけど…

コミックスで一気読みすると気にならないけど週刊連載だと間延びしてるように感じられ打ち切られたみたいです。未読の方は一読の価値あるかと。嫌いだった人も今読んでみると以外に面白かったりしますよ(俺もそうだった)。

 
ダブルアーツとかいう打ち切りだけど最高にワクワクする漫画
ダブルアーツとかいう打ち切りだけど最高にワクワクする漫画

こちらの記事に詳しく書いております。

 

③ シャーマンキング / 武井宏之 (完結 / 全32巻)

この世とあの世を結ぶシャーマン同士のバトル漫画。シャーマンキングのあとからいわゆる「ゆるい」主人公が急増した気がする。霊とともに戦うシャーマン通しの戦いが子供たちを熱狂させたが、ラストが信じられない打ち切り?で世間を愕然とさせた。

 

なんと子供世代の続編が始まっている。

 

④ 翠山ポリスギャング / 甲斐谷忍

翠山ポリスギャング 1 死神の辰 (ジャンプコミックス)

翠山ポリスギャング 1 死神の辰 (ジャンプコミックス)

 

ライアーゲームやワンナウツで有名な甲斐谷忍が唯一少年誌で掲載した作品。完全に掲載誌を間違えてます。

 

ストーリーは幼い頃に生き別れしてしまった金之助、銀之助の双子。弟は兄が死んでしまったと思い兄の勇敢さを目指し警察へ。緑山警察署というヤクザ顔負けの警察署で働く。一方兄は生きておりヤクザに育ててもらう。育ての親を殺された金之助は復讐のために緑山に訪れるって話。

f:id:defender_21:20161119234427j:plain

ヤクザと警察に性格が真逆な同じ顔がいるっていう分かりやすいドタバタコメディとアクション要素ありって感じの作品で、青年誌だったらもっと連載されてたと思います。この後青年誌でソムリエ、ワンナウツ、ライアーゲームとヒット連発。

 
1時間で読める!3巻以内で完結するオススメ漫画
1時間で読める!3巻以内で完結するオススメ漫画

 

ジャンプ作品を無料で楽しむ方法 

ジャンプ漫画は面白いですが巻数が多く購入すると結構な金額になってしまいます。古本屋に行っても人気があるためあんまり値崩れしていませんし、KindleでもあまりSALEをしません。

けど、この記事で紹介した作品のほとんどは「少年ジャンプ+」で読むことができるって知ってました?

少年ジャンプ+ 話題のマンガが毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
少年ジャンプ+ 話題のマンガが毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

使い方はこちらの記事をチェック。とにかくジャンプ系の作品をできるだけ安く読むならアプリをうまく使うことが最重要です。 

 
「少年ジャンプ+」の使い方は?読むべきおすすめ漫画やコインの貯め方を徹底解説
「少年ジャンプ+」の使い方は?読むべきおすすめ漫画やコインの貯め方を徹底解説

他にもジャンプ関連のマンガアプリは多数あるのでこの記事をチェックしてみてください。うまく使えば、ワンピースもこち亀もドラゴンボールも無料で読めますよ。  

 
おすすめマンガアプリランキング!有名マンガも無料!オリジナル漫画も読める!【2017年版】
おすすめマンガアプリランキング!有名マンガも無料!オリジナル漫画も読める!【2017年版】

 

まとめ 

ジャンプはジャンプ+などのアプリとあわせて最近攻めてて面白いです。長期連載が続々終了してますがきっとどんどん面白い作品が出てくると思いますのでこれはと思う作品があれば追加していきます。 

とにかくいろんな「おすすめ漫画」を読みたい人は以下記事をチェック

 
絶対に面白いおすすめ漫画!今人気の話題作から殿堂入りの名作まで厳選紹介
絶対に面白いおすすめ漫画!今人気の話題作から殿堂入りの名作まで厳選紹介

 

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.