読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に火を、指先にペンを

愛と平和のラビリンス

2014年にKindleで読んで良かった本

BOOK BOOK-おすすめ小説

今週のお題「今年買ってよかったもの」〈2014年をふりかえる 2〉

 

昨日はマンガを書いたので今日は本。ビジネス書はKindleで買わないことが多いので小説中心かな。

 

 

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

 

伊坂幸太郎はこの2冊。

時々伊坂幸太郎作品は読みたくなる。マリアビートルはグラスホッパーの続編?みたいでエンタメ感満載で面白かった。
 

銀翼のイカロス ; ロスジェネの逆襲 / 池井戸潤 

銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

 

 

ロスジェネの逆襲

ロスジェネの逆襲

 

半澤直樹の続編も文庫本待ちきれずKindleで購入。ロスジェネは半澤が少し説教くさくちょっと苦手だったがイカロスは初期の半澤の雰囲気に戻った印象。スカッとするのはこの作者の特徴。

 

ガタラの豚 / 中島らも 

ガダラの豚 I (集英社文庫)

ガダラの豚 I (集英社文庫)

 

ガタラの豚三部作。もう盛りだくさん。どんどんトンデモ本になるけど一気に読める。 

 

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

ホリエモンの本は結構好きで良く読む。

働くっていいなあって思える本。

夜は短し歩けよ乙女 / 森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女 角川文庫

夜は短し歩けよ乙女 角川文庫

 

半額セールで昔読んでいたけどもう一度購入。冴えない大学生と黒髪の乙女の2つの視点で物語が進む。文体にクセがあるけどテンポよく一気に読める。大好きな一冊。  

史上最強の内閣 / 室積光

史上最強の内閣

史上最強の内閣

 

こんな内閣あったらいいなの設定本。設定だけで十分面白い。中身は仕方ないけど人物紹介に結構引っ張られる。ラストはグッとくる。 

光圀伝 / 沖方丁

光圀伝 電子特別版 (上) (角川書店単行本)

光圀伝 電子特別版 (上) (角川書店単行本)

 

同筆者の天地明察が好きすぎて期待値が高すぎたのかやや物足りない感じ。義とは何かを考えさせられる本。

  
あと買って読んでない本たくさんあるので年末に片付けるつもりです。
 

↓ 漫画はこっち

2014年Kindleで読んで面白かったマンガ - 心に火を、指先にペンを

 ↓ 2015年に読んだ小説はこちら

ズッコケ三人組は中年になっても続いている/ズッコケ中年三人組 - 心に火を、指先にペンを

 

Copyright© 心に火を、指先にペンを All Rights Reserved.